« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/31

携帯端末を変えた

機種変更というやつ。
1年9ヶ月使用で、割引などを含めても16000円ほど払った。
で、新しいケータイはズングリムックリ、フォールディング式(折りたたみ)が主流の中すとれーとタイプ。
海外出張が多い中海外ローミングが出来るこれ
オーガナイザなども入っていてちょっと毛色が違う。
日本メーカの作りとも随分違い、操作にややとまどう。
なれりゃ、どーてことないか。。。
ブルーツゥースコミュニケーションが標準。
なかなか、面白い。
コンテンツも充実でPDFなみ。
しかし高いなぁ。
新規のお客にばかりサービスしないで、長いこと使ってるお客を大事にしろよな。(思いませんか?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/24

Bフレッツ

買ったものということになるかどうかですが、ADSL8MからBフレッツに変更しました。
約10日で工事にきてくれました。
スピードはソフトでチェックすると上がっていますが、体感するほどでもなく、ちょっとがっかりです。
UPのスピードはちがうのかも知れませんが。。。
インタネットフォンもつけましたので、電話し放題(笑)
Kオプティコムでは、今までの電話番号がそのまま使えるので、そっちのほうが良いかもしれないと思いますが、まぁ、気にしない気にしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/23

世界の中心で愛を叫ぶ

香港出張の際に、アパートにおいてあったCDROMで第4話まで見た。
1話(60分)で、胸に刺さるものが10や20はある。
きたきたきた!!
ビューティフルライフ以来の名作だ。
続きが見たくなって、アマゾンでDVDボックスを予約した。
デリバリーは新年が明けてから。
楽しみだ。
もうすっかり、綾瀬はるかさんのファンになっちまいました。
中森明菜さん以来だ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANC4

Timewave社のANC4を買った。
忘年会で、showさんに薦めていただいた「アレ」(笑)だ。
そのつまり、ノイズキャンセラーだ。
ユニバの見積りを催促、督促を4度も送り、2度電話をかけても、プロフォーマインボイスが届かない。
ええい、ちと高くてもいいわいとjcomさんに連絡。
インターネットで送金終了。
送金は24日に行われるので、ブツが届くのは、月曜日になりそうだ。
これで、うっとうしいノイズとおさらばできるかどうかが見ものだ。
あわせて、NAKAさんからフェイズシフタに使用するトロイダルコアの共同購入のご連絡をいただいている。
ありがたいことだ。
こちらも早く作って試してみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/20

こないベリカード

EMIからカードが届かない。
なんでだろう。
といっても、17日から香港に来ているので、郵便物が届いているかどうかわからないのだけれど。
影山さんところには、First ever Japanで届いているからなぁ。。。
届いたといえば、R.Naigeriaだが、QSLは入っていない。
その代わりにCDと受信報告書が入っていた。
これで2回目だ。
CDはいらないからさぁ。ベリ送れ(おくれ)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/08

デジカメFX7

やっぱりというか、とうとうまたポケデジカメを買った。
パナソニックのFX7、手ぶれ防止機能付き。
ここ2週間ほど使っているが確かに室内、フラッシュなし撮影でも手ぶれしない。
「アユはぶれない」のコピー通り。
画質も悪くないが、以前使っていた300万画素(ペンタックスオプティオS)の方が、色の抜けがよく涼しげに写る。
透明感があるというべきか。
FX7は評判どおりだが、やや赤が勝っているようだ。
さてまた4000枚ほど撮るかな。
電池が早くなくなるのは、レンズを動かすのと大型液晶でしかたのないところか。。。
でもオプティオの換え電池がそのまま使えるのがありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/01

アマチュア無線に関する規制緩和?-2

コメントおよび、試案の公開を拝見いたしました。

試案に対して、よく配慮されていると感心しました。
現開局中のアマチュア局の既得権もそこそこ考慮しつつ、上級移行を促進できる案だと思います。
初級局に対しても、海外交信の門戸として21MHzを開放というのも、悪くないと思います。
(初級局ですからHFはダメでも良い。もし海外交信がしたければ監督者のもとで、或いは、3級を取得されよとも思いますが。。。)

Mnさんは、文脈から言いますと、「無条件な規制緩和に反対」なわけですね。
そこは、小生と一致するところであります。

アマチュア無線の本義は、「専ら個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究」とあります。
今、この文言を意識して運用している人や局が少ないように思います。
あまりにも広い意味に取りすぎているきらいがあります。
技術的研究に興味を少しでも持つとか、意識して考えてみる、科学するハートを持つ、とかだと良いのですが。。
こういう観点でみると、試案は良い感じです。

電信技術に関して述べますと、現1級の方には申し訳ないですが、和文は不要ではないかと思います。
有事の際に和文は良いといわれる方もおられますが、暗号ならもっと先進の技術が使えます。
それより、より高速に送信受信が出来たほうが良いのではないかと思います。−>自己訓練
もしくは、従来の電信による通信が過去のものとなるのであれば、デンケンに置き換えてPCによる通信試験に置き換えても良いかもしれません。(国際人としての英語電文によるコミュニケーション能力も問われてよいかもしれません)


アマチュア無線=King Of Hobby

うーん、そんなこと思っている人いまでも本当にいますか?
どうしてKingなんだろう?
だれが、言い出したのかな?(笑)
Mnさんの周りで、そんな人本当にいますか?
ちょっとステレオタイプのようにも思われますが。
確かに電気/電子回路、無線、電波、エレクトロニクスのかかわる趣味は興味深く、奥深く、かつ、インテリジェントなものでありますが、これは、「写真」でも「盆栽」でも、「将棋/囲碁」でもそうだと思います。
趣味と言えるものはそうでなくては趣味ではないでしょうね。
語らせれば、1時間でも2時間でも聞き手に興味を持たせて語れるようでなくては。。
「おもむき」と「あじ」が大事です。
拙blogの主題であるBCLなども、とても「大人の趣味」だと思います。
小生の周りには、アマチュア無線やBCLを趣味として楽しんでおられる方が、少なからずおられますが、尊敬の対象です。
ちょっと「ヘン」な人もおられますが、他人に迷惑をかけない愛すべき「ヘン」であり、小生も含めてその「ヘン」には自覚があると思います。
皆さん、何かお尋ねすれば朗々と語られます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »