トップページ | 2004年7月11日 - 2004年7月17日 »

2004/07/10

我を振り返って

昔から、一姫二太郎と言います。
これが、
(1)一人目は女の子、2人目は男の子であるのが良い。
という意味なのか、
(2)3人の子供で、一人が女の子、二人が男の子
という意味なのか
はたまた、(1)と(2)のハイブリッド、即ち
(3)一人目は女の子、それに続く子供は男の子、男の子の計3人
という意味なのか良く分かりませんが、
一番上が女の子が良い。。。といわれるのは、納得のいく話です。
一般論として小さい間は、女の子の方が強い(体力、免疫学的に)ので、比較的育てやすい。
下に男の子がいる場合、女の子は、何かと面倒を見てくれるから、(やさしいね)これも、親の助けになるのかな?と思ったりもします。
(ウチの長男は次男坊の面倒をほとんど見ません。)

で、女の子。。大きくなって結婚します。

例えば、ここに、お饅頭が一つある。このお饅頭を、旦那の里に持っていくか、カミさんの里に持って行くかを若夫婦が話し合います。
普通は、
ヨメ 「お饅頭、あなたのお父様とお母様に食べていただいたら?」
ダンナ 「何ゆうてんねん。ウチはかまへん。お前んとことの、お父さんとお母さんに食べてもらい。」
ヨメ 「そう?、ありがとう。じゃ、次の日曜日、一緒に行こうか?」
ダンナ 「おう!、かまへんで」
となりそうだ。

自分の身を振り返ってもそうだ。

つまり、ボウズは一旦家を出たら、鉄砲玉。ヨメさんとヨメさんの親を気遣うのである。
いきおい、若夫婦は嫁さん方の親元をおとずれる確立が高くなる(と思う)のである。
(ヨメさんの親元では、大切なムスメのダンナさんということで、大事にもしてもらえますものね)

饅頭が無くっても、
ヨメ 「今日暇やな? どっちかの親元いこうか?」
ダンナ 「そやな、ええで。」
ヨメ 「どっちいこう?」
ダンナ 「ウチは、今度でええから、おまえんとこのおやっさんとおふくろさんの顔見にいこか?」
ヨメ 「かまへんの? ありがとう」
となりそうだ。
(こんな、経験ありませんか? 私は良くあるんですぅ)

即ち、女の子は、嫁いで、親元を離れても、何かあれば帰ってくるのに対して、ボウズは一旦親元をはなれたら、あんまり帰っては来ないと思うのです。
(ダンナさんの親と同居の場合はこうも行かんかもしれませんが。。。)
ということを思うと、ムスメの方が、断然良いと思うのは、随分短絡的でしょうか?

歳いったあとも、ムスメなら、気遣ってくれるでしょうしね。
(ボウズは思ってはいるけれど、実際の行動にはなかなか現れにくいと思うのは気のせい?。)

そんなこんなで、やっぱりムスメが欲しい、NGOだす。
ムスメはやっぱり優しいですもん。

と隣の芝生が青く見えている(?)ボーズ2人の父のNGO。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/09

DXer's blog

BCL、DXerの皆さんの中には、ホームページで、BCLの紹介、DX情報、掲示板などを運営されている方が結構多くおられます。
NGOもそういった皆さんに触発されてHP、Enjoy−BCL!! Radio Radio! Radio!!をオープンしました。
しかし、blogをオープンされているDXerといえば、知る限りあまりおられません。
えーと、魚屋宗五郎さんのDEN、鯖七さんのRadioだnet鯖七の部屋、それから、JackさんのAtlanta DX Onlineくらいです。
blogは、blog同士有機的にリンクできるという特長があり、DX情報交換などにも有効に機能するものと思われます。
HPをオープンされているDXerの皆さんも、「別館」(笑)としてblogの立ち上げをされれば、更に盛り上がるのではないかと思います。
オープンは、HPより簡単ですし、特別なソフトウェアもいりません。
面白い情報源になると思いますよ。。。blog。どでしょね、DXerの皆さん。。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ムスメのいないオヤジの代替行為

引き続きです。
で、ムスメのいないNGOの代替行為なのですが、知り合いで、ムスメさんがいるところに行き、「オジサマ」と呼ぶようにお願いします。
「NGOおじさま」。。("NGOところは、ファーストネームがいいなぁ。。。)
そうすれば、そこそこ大きくなった時に、「NGOオジサマ!」とかなんとか言って、腕のひとつも組んでくれるかもしれない。
結婚式の時にも、「NGOオジサマ、アリガトウ」くらい言ってもらえるかな?

NGOの妄想(?)は続く。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/08

オヤジになるという事

自分が、新米オヤジになって、かれこれ13年がたった。
上のボーズが13歳、下のボーズが6歳。
二人とも男の子だ。
そりゃ、2人ともかわいいわが子。
上の子は、もうオヤジの背を抜いた。(生意気にも)
下の子は、まだ、小学生1年生だから、かわいらしいもんだ。
で、自分のオヤジが逝ってからもう1年半になる。
早いもんだ。
自分がオヤジになってから、不可解に思っていた、「自分のオヤジ」の行動がわかって来たような気がする。
例えば、
オヤジが帰ってきて、特にほめられるような事をしたわけでもないのに、顔を見ながら、一生懸命頭を撫でられた。
「ソトでいやんなる事があったのかな?」とかね。
今となっては、もう訊くことも出来ないが、色々話を聞きたいことが沢山ある。
オヤジは、ムスコにとって、良くも悪くも、人生の師かもしれない。
自分の事を思うと、随分頼りない師だなぁ。

ところで、私は、女の子のパパになりたかったのである。
男は、人生で4回ヒーローになるタイミングがあると思う。
1回目は、生まれたとき。
2回目は、自分が結婚するとき。
3回目は、自分の娘(ムスコではない)が嫁ぐとき。
4回目は、この世に別れを告げるとき。

男の子のオヤジでは、3が無いのである。

ここからは、男の子しかいない自分の想像(こうあれば、いいや、こうに違いない!!)なのだが。。

「オヤジは、娘をもったその日から、喜びと悲しみのヒーローである。」(キッパリ)

娘が小さい間は、「パパ、パパ」と甘えてくる。(ムスコに、パパとは呼ばせたくないし、呼ばれたくない!!)
で、お風呂なんかも、「パパとはいるぅ」と甘えてくる。(デレデレ)
ところが、ある年齢から、「もう、パパとは入らない」と言い渡される。(知り合いで、この日が来るのを恐れている「パパ」がいるぞ。)
その後、思春期になり、パパは、変なムシが付かないか気が気ではないが、そんな事をムスメには聞けず、母親に、「おい、xx(ムスメの名前)は最近どうしているんだ?」と聞けば、母親には、「自分で聞けば?」と軽くあしらわれてしまいます。(あー、パパは心配だ)
高校生、大学生になれば、もう暫く相手をしてもらえない。(さびしー)

ところが。。。
ここからが良いのである。
ある年頃を越えると、ムスメは、またオヤジを気遣いはじめるのである。
「パパ!?」といって、腕を組んでくれるかもしれない。(超ウレシー)
で、結婚式。

xxチャンのパパ、厳しい人だけど、見てごらん。泣いてはるで。。。(回りも、もらい泣き)
お父さん、(いつもは、パパ)長い間、本当にお世話になりました。。。。(あぁ、ムスメよ、嫁ぐのかぁ、行ってしまうのかぁ)

これです。
人生最大のヒーロー。(自分の結婚式よりも感動的です)

ムスメを持つオヤジの、喜びと悲しみ。
ムスコしかいないとこうは行かない。。。(さびしー)

こんな話を、会社の若いムスメたちにすると、「NGOさん、創造(想像)しすぎー」と言われてしまうのだが。。。
私の中でのムスメを持つお父さん像はこうなのだからしかたがない。。

あー、うらやましい。−−>Jさん、宗五郎親分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低反発マット

トゥルースリーパーという、低反発スポンジのマットを買った。
最近会社の椅子を変えたせいなのか、腰が痛いのだ。(年のせい?)
で、TVショッピングでおなじみの低反発マットを買った。
本当は、テンピュールが良いのかもしれないが、ありゃ高過ぎる。
ダブルサイズで、13000円だったから、まあまあ良い買い物かも知れない。
昨晩初めて使ったが、体に密着して体重を分散。。。までは、文言どおり。
でも、密着してるからか、この熱帯夜のせいなのか、暑い様に思うのだ。
で、こころなしか、腰も痛い。
まぁ、もう少し使い続けてみないとわからない。
去年に、低反発枕を安売りで買ってきているから、これでやっとセットになった。
さてさて、良い買い物になるか、不用品の殿堂入りになるか。。。
楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07

果たして我々は裕福か?

昨日のニッポンのお父さんのお小遣いについて同感のお便りを数人のDXerからいただいた。
日本は、「豊かだ」、「戦争の心配がない」、「水と安全はタダだと思っている人がいる(とわざわざ言うこと自体既におかしな感覚をもっている)、「日本に生まれたこと自体、既に豪華客船に乗り込んでいるようなものだ」
など等、言われているが、本当にそうか?
昔、オランダに出張したことがある。
オランダのエンジニアと話をした。
オランダは、さして工業先進国でもなく、酪農、農業国だ。
人々は、日本の若者のように、最新式のオーディオ装置も持っていなければ、ピカピカの車に最新のカーナビも付けちゃいない。
家のTVはまだ湾曲したブラウン管だ。
それでも、彼らは裕福に見える。
このエンジニアの家に行った。
かれは、自分のことを一般的な収入のサラリーマンだと言っていた。
家は、湖のほとりにあった。
日本のタテウリのように綺麗な外壁の家でもない。
石とコンクリートと木で出来ている。
ペンキは自分で塗ったといっていた。
その家には下に続く階段があった。
階段を下りていくと、家の真下がちょうどガレージのようであり、モーターボードが係留してあった。
このエンジニアが中古で買ったのだ。
週末は、お母さん手作りのサンドイッチとカタパンとハムそれから、温かい紅茶をポットにいれて、家族で、湖の真ん中にある浮島(人工島)にまで、モーターボートでピクニックに出かけるそうだ。
こういうのを、本当の裕福というのではないだろうか?

中流、中流。君たちは、世界的に見ても裕福なほうだ。
そういう風に出来ているのは、中央政府が有能だからだ。
だから、ちょっとした「イタミ」を伴う改革には付き合えと、政府に刷り込まれ、セッセと税金や厚生年金を払い、残った金で、家のローンを払い、少し余裕があった月には、繰り上げ返済にあて、やっと買った家には、庭も無く、挙句の果てに、がんばっているお父さんの小遣いはスズメの涙。
これのどこが、裕福なのだ?
これは、現実だ。
昼飯代を節約して、食べないで働いているお父さんのどこが裕福なのだ。
そんなお父さんから、税金をむしりとるな。
その税金何に使ってんだよ!
。。。極論かもしれないでも、そんな風に思ってしまう。
政治にはさして大きな関心は無い。
だれがやっても同じだろう?なんて思ったりもする。
でも今度の参議院選挙は考え物だ。
と思ってみても、現政権に変わるパーティーがいないことも情けない。
がんばれ、ニッポン。本当にがんばるなら、税金がんばって払うぞ。
そして、がんばれ、ニッポンのお父さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のお父さんのお小遣い

の特集をTVでやっていた。
平均25Kから30K/月だそうだ。
これで、昼ごはん代が入っているらしい。
お父さんは、月初め、懐の暖かいうちは、吉X家のブタ丼(280円)を食っている。
奥さんは、マクドナルドで380円のセットを食べている。
38%も高いぢゃないか!お父さんかわいそうだろ?
月の終わりには、おとうさんの財布には30円(!)だそうだ。
奥さんは、月の終わりでも、380円食べるだろ!
お父さんは苦しくなってきたら、昼飯抜くともいっていたぞ。
かわいそう過ぎる。
一家のために働いてんだぞ!ニッポンのお父さんおとなしいからといって、不当に扱われすぎ!
昔は、お父さんの夕食のおかずは一品多かったもんだ。
お父さんは特別なんだ。一家の大黒柱なんだから。
そんな小遣いじゃぁ、部下の前で、社会で、会社で、威厳が保てんだろ?!
新しい、受信機も買えないだろ?
どうすんだよ。
お父さん、死んじゃうぞ。(ストレス死だぁ)
もうちょいと、考えてやれよ。日本のお母さん。
その昔は、「あなたとなら、苦労をしても。。」って結婚したのと違うのかぁ〜。
といつになく、興奮。
ニッポンのお父さん、おとなしすぎ。。
私、興奮しすぎ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

送信可能なアンテナが欲しくなってきた

アマチュア無線を開局して、はや幾年。
この間、送信用アンテナが無かった期間もあったが、これほど長くは無かった。
最近は、BCLが忙しいので、送信しているヒマなんてなかなかなかったのだが、またムクムクと変な気持ちが湧き上がってきた。
現在BCLでも使用可能な、バーチカルアンテナを物色中。
クッシュクラフトのR8Jが良さそうだが、9万円もする。
バーチカルなのに、どうしてこんなに高いのだ。
ビームより高いぞ。
ぷんぷん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RX350という受信機

<古いblogより移植/2003年12月4日記>
RX-340hp.jpg
この受信機、4000USDもするんです。
信じられないでしょう?
値段も信じられなければ、これを買った自分も信じられません。
カミさんいわく、ラジオを聴くなら、ダイソーの100円ラジオでも聞けるのに、どうしてそんなに高いラジオがいるの?

わっはっは、アメリカの放送を聞くには、アメリカ製のラジオ、日本の放送を聞くには、日本製。
英国の放送を聞くには、英国製の受信機が一番なのだよ。
と答えたとか、答えなかったとか。。
ぢゃあ、アフリカのxx国の放送は?と聞かれれば、勿論!!戦前は、あそこは、日本の領土だったからね、日本製の受信機で聞くのが一番なのだよと。。。。。
ところで、このRX340ですが、重そうに見えますが、とても軽い受信機です。
こんなに、高いのに、どうしてこれほど軽いの?と言いたくなります。
通常の短波放送受信シーンでの戦闘能力ですが、日本製のNRD545という受信機と実用上変わりありません。
で、このNRD545は大体RX340の半分以下の値段で購入可能です。
NRD545に関しましては、また次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい受信機購入計画

<古いblogより移植/2003年12月4日記>
いったい何台受信機を買えば気が済むのだ。
まるで、受信機収集家状態。
本日親切なOMから、ドレークR8Bの記事をpdfで送ろうか?とのメールを受けた。
嬉しいが、読んだら、買ってしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

リニューアルしました

blog。。。なかなか難しいですね。
コメントウインドウが上手く動かなかったり。。
どうなっているんだろう?
ということで、リニューアルしました。
上手く行くかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年7月11日 - 2004年7月17日 »