« 2004年7月25日 - 2004年7月31日 | トップページ | 2004年8月8日 - 2004年8月14日 »

2004/08/07

オキナワ地上戦とイラク戦争

民兵300人殺害と米軍 ナジャフ戦闘、2日間で

 【バグダッド6日共同】イラク中部ナジャフで、イスラム教シーア派の対米強硬指導者サドル師の民兵組織「マハディ軍」など武装勢力と、米軍など多国籍軍との間で5日に起きた戦闘は6日も続き、AP通信によると、駐留米軍は2日間で「民兵を推定約300人殺害した」と発表した。カタールの衛星テレビ、アルジャジーラによると、イラク中部ナジャフの州知事は民兵400人以上が死亡したと語った。

事実とすれば、昨年5月の大規模戦闘終結後、一度の戦闘による死者数としては最大。6月からの停戦合意は事実上崩壊、サドル師派の反発は必至で、イラク全土で米軍との全面対決は避けられない見通し。

***********

沖縄の戦闘は、先の太平洋戦争で、日本で唯一、民間を巻き添えに、そして、本土防衛の時間稼ぎとして捨石的に行われた悲惨な地上戦と聞く。
TVでは数日前、「さとうきび畑の唄」がやっていた。(5回涙が出た)
ネットで、沖縄地上戦を検索すると、悲惨な記事がでてくるわ、でてくるわ。
あのTVドラマ以上の悲惨さであったことは、簡単に想像できる。

現在イラクで行われている「戦争」とこの沖縄地上戦が重なるのは、僕だけだろうか?
あの時も、アメリカは、「自分達の正義」のもと、(きっと、世界平和のためなどと、)今回と同じようなことを言っていたに違いない。
圧倒的な軍事力と装備の差を埋めるものは、自動車爆弾や自爆攻撃のような、一機一艦撃沈の神風攻撃だ。
いっしょじゃないか?
イラクにもきっとイラクの言い分がある。

戦争も喧嘩も片一方が100%悪いということはない。
アメリカは相変わらず、何をやってるんだ?

アメリカから原子爆弾を2発も投下された地球上で唯一の被爆国、ニッポン。
そして、あの悲惨な戦争を体験したニッポン。
そのニッポンが、いまや、アメリカのお先棒を担いでいる。
お先棒を担いでいる限りは、またアメリカから爆弾を落とされることはないわな。
でも、それで、良いのか?

ヤスクニに祭られる戦没者の中には、民間を巻き添えにする「ばかげた作戦」を立てた、「軍神」や「英霊」がいるにしても、ヤスクニや千鳥ヶ淵へ出向いて戦没者に哀悼の意を表すこと自体、100歩譲ってよしとしよう。
(日本人の宗教観では、いくら悪いことをした人でも死んでしまえばみんなホトケ様だし、本当にこの国を救いたいと思って、その身をささげた人たちが大半なのだから)

しかし、その前に、ニッポンとして、アメリカをいさめる勇気が必要だ。
何やってんだ?ニッポン。
アメリカの仲間として安全圏確保に躍起か?
アメリカはニッポンを本当に仲間だと思っていると思うのか?
アメリカほど、自分の国がよければそれでいいと思っている「自己中」のクニはないぞ。
たかだか200年ほどの歴史しかない、文明はあっても文化のない国だからしかたないけど。

まぁ、いい。
何か言え!!ニッポン。
あの悲惨だった戦争を忘れてはならない。
しっかりしろ、ニッポン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/06

ループアンテナ2

送信用のループアンテナは、今発注しても、月末納品とのことだ。
R8Jとおんなじだ。
となると、お盆休みは自作アンテナ活動になりそうだ。
ラジオも一台作りたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/05

ループアンテナ

うーん、ますます欲しくなってきた。
今日、FRラボさんから親切なメールが届いた。
問題が起こったときのことを考えるとやっぱり、国産だろうか?
エレメントも、アルミより、銅製が良いとのこと。
傾くなぁ。
許容入力も充分で、200W入れてもだいじょうぶだしなぁ。
BCLにも使えますよ!っちゅうのも殺し文句だ。。
うみゅみゅ。。。
とりあえず、今までのアーティクルのCDRと、盆前最終出荷日を尋ねておいた。
上手く行けば、お盆の間に、ループがもう2つ追加できるかもしれない。
コントローラの使い勝手はどうなのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/04

サッカーアジアカップ2004(その2)

相変わらず、物議をかもす、中国重慶地方。
今度は、マスコミか。
曰く、
「日本サッカー連盟が準備したパンフレットの台湾のところが開催国である中国の色になっていないのは何故か?」
という質問が、重慶のマスコミの担当者から、ジーコ監督にあったそうな。
日本サッカー連盟は、サッカーでは、台湾は、香港やマカオと同じように別の地域として区分けされていると答えたというニュース報道。
台湾は、サッカーでは「チャイナ・タイペイ」だ。
マスコミまで、何かの言いがかりと喧嘩のタネを吹っかけているようにしか思えない。
おい、そこの質問したマスコミの担当者! もうちょっと勉強しいや。

決勝は、ニッポンと中国の戦いになった。
両方ともがんばれ!!
国際親善になりますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/03

サッカーアジアカップ2004

私は、仕事やプライベートで知り合った、世界中の人たちと仲良くしている。
アジアはもとより、世界中とだ。
今までに、激しい人種偏見なんかにあったことはない。(しかし、情けないことに、相変わらず偏見があることも知っている)
先の戦争の恨みを聞いたこともないし、感じたこともない。
仕事では、中国とのつながりは深い。
そのなかで、中国の人たちに蔑視されたこともない。酒も食事も一緒で、仲良しだ。
しかしこれはなんだ。
国歌演奏中もブーイングの嵐だったと聞く。(失礼ではないか!)
今日は、バーレーンとの一戦で、からくも決勝進出を果たしたジーコジャパンに喝采を送りたい。
しかし、フィールドは完全にアウェー状態。
日本がシュートを決めればブーイング。選手交代でブーイング。
あの、重慶の連中は何なんだろう?
まだ、50年も前の戦争を根に持っているのか?
日本は、悪いことをしたと思っている。(と思う)
だから、毎年ODA、円借款、技術協力など出来ることをしているではないか。
あそこで応援している中国の人たちの中で先の大戦を経験した人は何人いるのだろう。(若い人が多かったと思うが)
日本はアメリカに原爆を2発落とされても、今ではそのことを恨みに思って、国旗に火をつけたり、「スポーツ大会」でアメリカの国歌が流れている時にブーイングする人なんていないぞ。(日本人はなんて穏やかなんだろう)
一度、知り合いの中国の人たち(40歳代)に聞いてみよう。
きっと、「同胞として情けないと思う。」と答えるはずだ。
いずれにしても、この「ブーイング」をエネルギーにして、優勝してもらいたいもんだ。
スポーツは、勝っても、負けても、全力で戦ったあとには、お互いの健闘を称え合い、爽やかな笑顔を交わすものだ。
アジアや世界のリーダーを目指そうとする国の国民がこれでは、少し情けないぞ。(一部の人なのは分かっているが)

とにかく、がんばれ!!ニッポン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磁気型ループアンテナの謎

少し思うところがあって、磁気型ループアンテナを調べている。
例えば、JACOMさんは、こんなのを扱っていたり、FRラボさんは、こんなのを発売されていたりする。
ものは、直径1Mほどのループで、可変キャパシタをモータでドライブして同調させているアンテナだ。
キャパシタで同調させるのは分かる。しかし直径1M=全長3Mちょいのアンテナでどうして送信輻射効率90%以上を確保できるのだろう?
14MHzでも1/2λで、10メータちょいになるのに、たかだか3Mのループでどうして輻射効率が90%にもなるのかわからない。
それなら、苦労して、大きなDPを上げなくても良いではないか?と思ってしまう。
どうして、こんなに小さなループに電波が効率よく乗るのだろう?
あー不思議だ。なにが起こっているんだろう?
どちらか、ご教授いただけませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ALA1530復活

1530recover_thumb.jpg
ALA1530が無事復活しました。
めでたしめでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クッシュクラフトR8J

京都の懇意にしている、無線屋さんから、回答があった。
納期は、8月末になるとのこと。
(定期船便でやってくるのでしょう)
どこに、どの様に立てるかは、これからじっくりと考えることにしよう。
楽しみだ。
その前に、ループアンテナを作らなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/01

クッシュクラフトR8J

とうとう、発注してしまった。
高いアンテナだが、上手く使えば、BC帯でもいけそうだ。
バーチカルアンテナはアースが決め手。
納期は1ヶ月くらいかかりそうだが、まぁのんびり待つことにしよう。
秋のシーズン前に上げられればそれでよし。
現用の、CV48は引退かな。ヤフオクにでも出品しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ALA1530倒壊事故

短波受信用ループアンテナALA1530をあげているマストがぽっきり折れて、アンテナはガレージの屋根に墜落。
事故にならなくて良かった。
台風10号は、直撃ではなかったけれど、相当強い風が吹いていた。
危ない危ない。
今度は、31mmの鉄管を準備して、立て直したから、暫くは大丈夫だろう。
直撃ではないと、ゆめゆめ、侮ることなかれ。
自然の力は強烈だ。
とにかく、無事復旧。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年7月25日 - 2004年7月31日 | トップページ | 2004年8月8日 - 2004年8月14日 »