« 2004年9月19日 - 2004年9月25日 | トップページ | 2004年10月3日 - 2004年10月9日 »

2004/09/30

頑固じいさんに座布団2枚

うーん納得。

オバさんの逆襲:
鰻屋の親子=六笠由香子
 友人と夏バテ解消に鰻(うなぎ)屋に入った。そこで見た親子のお話。

 小さな女の子が水のコップを倒したので、店員がふきんを持って来たが、母親は「すみません」の言葉もなく「ママにごめんなさいは?」と子供を叱(しか)る。大声で何十回もだ。子供は頑として謝らず、土足で椅子に立ち、泣き続ける。父親は、女同士の戦いに一切かかわらず、ただ無言無表情なのが異様だ。

 店内を騒がせ、人様に迷惑をかけているのに、母親は自分に「ごめんなさい」を言わせることしか頭にない。我々が鰻のことしか頭にないのと似ているようだが、ちょっと違うんだな。

 あまりの騒ぎに業を煮やした店主が「椅子に靴で乗っちゃいけないよ」と子供を叱る。子供はあっさり「ごめんなさい」。謝らせたのは店主の気迫である。第一、子供にも謝る理由が必要だ。その展開に父親も母親もむっつり。親は手遅れだが子供は矯正の余地ありか。

 隣席で鰻の白焼きを肴(さかな)に酒を飲んでいた頑固そうなお爺(じい)ちゃんがつぶやいた。「ガキの分際で鰻なんか食うんじゃねえ」。その凄(すご)みに我々は共感したが、当の彼らは平気の平左。3人で鰻重に夢中だ。我々の豪華な晩餐(ばんさん)の雰囲気をぶち壊しておいて、うまそうに食べていた。

 子供がいても親になれない人は多い。少子化が話題になっているが、こんな子供なら増えなくていいか、という気にもなる。世の中に迷惑だ。だって、お爺ちゃんの言った「ガキ」って、たぶん親のほうだもの。(フリーライター)=毎週土曜日に掲載

毎日新聞 2004年9月18日 東京朝刊

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/09/28

また、台風接近中

台風21号が日本列島を縦断すべくまたまた接近中。
台湾の方にいくと思っていたのに90度の角度で曲がって、こっちにやってきた。(汗)
前回と同じコースだろうか?
明日の朝には、九州直撃、そのまま進んで夕方には中国、四国、山陰、近畿が暴風雨圏に入ってしまう。
進路に位置するDXer各位注意されよ。

かく言う、拙宅もこの間上げたR8Jが初めての台風の試練を受けることになる。

大丈夫かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうそんな時期ですか

驚いた。
そういえば、去年の今頃注文していたなぁ。
PWRとWRTHそれから、Shortwave Guide。
去年は、アマゾンで買ったっけ。
毎年、日本短波クラブで会員向けの斡旋もある。
どっちが、早いだろう。
少々高くても早く読みたいのが人情。
特に、レーティングは気にかかる。
今年のグランプリは何だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/09/27

STEPPIR

STEPPIRというアンテナを加藤OMからご紹介いただいた。
マグマ大使みたいなアンテナだ。
変形ロボも真っ青。
でも、風の強い日には、安心っぽいし、アンテナのSWR調整なんて無用で良さそうだ。
R8Jを買う前に知っていたら、こっちにしていたかもしれない。
しかし、ちょっと重そうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

気になるもの

この週末にWebをつらつら見ていて、気になるものを2つ見つけた。
ひとつは、青い仏壇ことRX340のファームウェアのバージョンアップ情報。
現有のRXのシリアルナンバーとふたを開けてなかのROMとDSPのバージョンを知らせる事が購入の条件のようだ。(これで、バージョンアップの必要ないですよぉとかも言ってもらえるらしい)

もうひとつは、RXコントロールソフトとしてあまりにも有名なERGO4。
ERGO4は、NRD545、7030、RX340、メインに使っているこの3台をコントロールできる。
1ソフトに登録できる受信機は2台までのようだが。。。
電離層や、プロパゲーションの情報もWebから取ってきて表示するすぐれもの。

ほ、ほしぃ〜。

お使いの方がおられれば、是非使い勝手などを教えていただきたい。
7030は単体でステーションネームと周波数を登録していくのは大変だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/09/26

台風とアンテナ

今年は台風の当たり年だ。
アンテナを上げていると、台風はやはりとても気になる。
数年前、こんなアンテナを上げていた頃はなおの事で、アンテナが大きくなればなるほど、心配も増大する。
寝られなかったこともあるって程だ。

カミさんの助言(っていうか、逆鱗にふれて)で、今は屋根の上にはなにもない。
「あー、撤去してよかった」と、台風襲来の夜に何度おもったことか。

10年も前のことだろうか、確か台風14号か19号。。が近畿を直撃した。
当時、勤めていた京都の伏見区の会社の近くに、セラミックを使った医療品(人工骨とか、人工歯とか)の会社があった。
その社屋の上に上がっていた5mクラスの屋根馬がねじり折れて144MHzの4パラ2段が見るも無残になっていたのを目撃したことがあり、あっちゃーと思った。
この台風は、よほど強力であったらしく、各地でアンテナをなぎ倒し、この特集がCQ誌でも組まれたことを思い出す。

最近、また大型(?)のバーチカルを1本上げた。
ステーはしっかり取っているが、倒壊すればやはりタダゴトでは済まない。
ステーの方向は、自宅側に倒れるように(電線、および隣家には倒れないように)工夫してある。

アンテナは、大きければ大きいに越したことはない。
アンテナが大きくなるに従い、不安も大きくなり。。。しかし、微弱信号をキャッチしたいという欲望も大きいわけで。。
結局、そのバランスということになろうか。
DXer各位は、どう落とし所を見つけておられるのだろう。

設置するアンテナの種類として精神的に安心なのは、ワイヤーアンテナタイプまたは1530のような比較的小型+AMPコンビのアンテナということになるのだろう。

ところで、最近、設置したクッシュクラフトR8で、31mbでは1530より強力に電波を捉えるシーンが時々ある。
他のバンドはまだチェックできていない。
(電離層を反射したときに発生する偏波のずれ(ねじれ)の具合によるものか?)
こういうシーンと、リスクの天秤なんだなぁ。。。
ほんのちょっと受信状態を良くしたいがために、大型アンテナのリスクを背負うことができるかどうか。。。

おっさんになっても、少年のような心いまださめやらず。。。。

大空にきらきら輝くアンテナは男のロマンだぁ〜と言ってみたりして。。。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年9月19日 - 2004年9月25日 | トップページ | 2004年10月3日 - 2004年10月9日 »