« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/22

どうすりゃいいんだぁぁ

ココログの一番上に無料カウンターと、ソーラー情報を載せていました。
ところが、FireFOXでブラウズすると、その部分がグシャとつぶれるという情報をいただき、確認しましたら、ヤッパリグシャといっています。
そこで、とりあえず、退避させましたが、同じココログを見ていますと、ページの耳の部分(左のリンクとうの情報表示部分)に上手にソーラーアイコンを表示されていたりします。
HTMLのタグはいったいどこにUPすればいいのでしょうか?
ご存知のかたがおられましたら教えてください。m(.. .)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/15

今度は大成功のICレコーダーになる。。。。か?

あっはは、簡単に背中を押されてしまって、ヨロメクNGOだす。
買っちまいました。(汗)>影山さん。

昼休みに会社の近所のYAMADAへ。
値段を見ると、影山さんより更に安く(しっつれい!!(笑))、しかも手持ちに少々ポイントが。。。
脊髄反射で、即購入(笑)

以前に買った、Rio SU70は見事、ソリッドミュージックプレイヤーに格下げとなった。

購入ポイントは2つ。
(1)使いやすいサイズ
(2)留守録音が可能なタイマー内蔵、もちろんオートパワーオフ付き

これで、夕方の放送を留守録音、深夜の放送も留守録音なんでも留守録音。。。。(笑)
やったばー!!
良い週はじめになりました。
しかも、今日は早い帰宅だし。。(22:15)

祈願! 非殿堂入り!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/02/12

ANC−4ノイズキャンセラー再び

ANC−4、Timewave社のノイズキャンセラーである。
12月23日に書いた通りである。
付属のロッドアンテナや、ワイヤーアンテナをノイズ収集用アンテナにして色々試してみたが、いまいち効果を感じられない。
どんな感じかといえば、
(1)単に挿入損失があるだけで、Sメータ読みで2つから3つ信号が落ちる。
(2)マニュアル通り操作しても、ノイズのディップ点が見つからない。
(3)ノイズゲイン(ノイズ収集アンテナ側のアンテナゲイン)をあげるとノイズ成分は多くなり、尚ディップ点は見当たらない。

なんじゃ、こりゃ?

でノイズゲインは左にまわっしっきり。(ゲイン0の方向)

−>意味ないじゃん。
−−>高かったのに。。意味無いじゃん。(T_T)

ひょんな拍子で、大阪のDXer K氏より、KENKENさんのblogにMFJのノイズキャンセラーのサウンドファイルがあがっていると教えていただき、それならばと「いそいそ」と拝見しにあがる。
すごいぞMFJ、効果あるじゃないか。。どうしたANC−4効果ないじゃないか。(笑)

効果がないのは、
(1)ANC−4が腐っている。
(2)NGOの脳ミソが腐っている。
の2つしか理由がない。
先ずは、疑わしいのが(2)!!
早速、KEN?Aさんと同様に、休眠中のAN−1をノイズ収集用アンテナとしてセット。
このアンテナ、優秀なアンテナなれど、都市部ではノイズを拾うアンテナとして有名。
ATTを0dBにしたり20dBにしたりで、いろいろ調整。

効果の程は、「うーん、よく判らんなぁ」

KENKENさん、そちらでの効果はどんなもんでしょう?−−>HELP!!

こうなりゃ、MFJも買って、2台で試してみる!という手もあるなぁ。
(手としてはあってもお金がない。。。)
ちゃんちゃん。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2005/02/11

ブルーツゥースのヘッドセット

この間の香港出張で、ノキア純正のヘッドセットを買った。
ブルーツース。。。ブルートゥース。。ブルーツゥース。。えーどうカタカナ表記すればいいんだ??
道路交通法改正で、ケータイ片手での運転はご法度になった。
で、ブルーツゥース。。(笑)
520HKDだから概ね8000円ほど。
ONすれば、直ちにワイヤレスだから便利だ。
うっとうしいケーブルもない。
なかなか快適な装置で、電話帳に登録しておけば、「△○X▽。。。」と叫べば、その登録しておいたところに電話がかかる、ボイスコールとも連動できる。
なかなか、サイバーな感じで嬉しい。(ってか単なる新し物好き。。。)
残念!!
本体のノキア702NKはやっとこさ使い方とか、ちょっとしたウラワザを覚えて、自分で着ウタをインストールできるようになった。
CDからリッピングしてMP3ファイルを作って、あとコチョコチョとすればはい、出来上がり。
ネットから有料ダウンロードしなくてもすむのだ。
こいつも、いい感じ。
今の着ウタは、「あの素晴らしい愛をもう一度」
大好きな歌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表示画面の乱れ

ラジオ関係でお世話になっているOMさんからご親切にメールをいただいた。
曰く、FireFOXで閲覧すると、このblogのトップがグチャグチャだとのこと。
一度試そうと思うが、まだインストールできていない。
なんで、ぐちゃぐちゃになるんだろう?
トップといえば、フレアー情報のタグを貼っているだけだ。
IE6では問題ないようだ。
うむぅ。。。不思議だ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/01

おぼろ月夜(づきよ)

作詞:高野辰之
作曲:岡野貞一
(文部省唱歌)

菜の花畠に、入日(いりひ)薄(うす)れ
見わたす山の端(は)かすみ深し
春風(はるかぜ)そよ吹く、空を見れば
夕月(ゆうづき)かかりて、にほひあはし

里わの火影(ほかげ)も、森の色も
田中の小路(こみち)をたどる人も
蛙(かわず)のなくねも、鐘の音も
さながらかすめるおぼろ月夜

この歌は、小学校のころに習っただろうか。
最近、前出の中島美嘉のCDに入っているのを聞いて、いたく気に入った。

聞いていると、日本の原風景がそこにある。
こんな風だ。

目を閉じて聞けば、一面の菜の花畑の花
黄色に咲いた花たちは、春風にやや揺れ動き
その隙間からうす雲がかかった月が見えている。
しかし、真っ暗になるには、もう少しの夕方
月の手前には、夕闇がせまり、既に深緑にいろを変えた山の稜線が続きわずかに残った残光と
オレンジ色の山と空の境界

いよいよ、夜のとばりが近づき小高い丘から眺めれば、きれいに区画されてもいない田んぼのあぜ道を急ぐ人影
耳を澄ませば、蛙の鳴き声と遠くで鳴る寺の鐘
いよいよ夕闇がやってくるが、それでもまだ遠めに風景は見え、随分向こうの集落の家窓には明かりがともる
春の霞のせいだろうか、空気が揺れるせいだろうか、窓の明かりもゆれている
風の匂いは、少し甘い菜の花の匂いtぽそれから、里から漂うマキの匂い。
これらのもの全てをやさしくオレンジ色のベールがかかったような、おぼろ月夜。

あー、いいなぁ。
こんな、里に住みたいなぁ。
いやらしい人間関係も、駆け引きもないんだろうな。(と思いたい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の華

作詞:Satomi
作曲:松本良喜
歌:中島美嘉

のびた人影を舗道に並べ
夕闇のなかをキミとあるいてる
手を繋いでいつまでもずっと
そばにいれたなら泣けちゃうくらい

風が冷たくなって
冬の匂いがした
そろそろこの街に
キミと近付ける季節が来る

今年、最初の雪の華を
2人寄り添って
眺めているこの時間(とき)に
しあわせがあふれだす
甘えとか弱さじゃない
ただ、キミを愛してる
心からそう思った

キミといるとどんなことでも
乗りきれるような気持ちになってる
こんな日々がいつまでもきっと
続いてくことを祈っているよ

風が窓揺らした
夜は揺り起こして
どんな悲しいことも
ボクが笑顔に変えてあげる

舞い落ちてきた雪の華が
窓の外ずっと
降りやむことを知らずに
ボクらの街を染める
誰かのために何かを
したいと思えるのが
愛ということを知った

もし、キミを失ったとしたら
星になってキミを照らすだろう
笑顔も涙に濡れている夜も
いつもいつでもそばにいるよ

今年、最初の雪の華を
2人寄り添って
眺めているこの時間(とき)に
しあわせがあふれだす
甘えとか弱さじゃない
ただキミとずっと
このまま一緒にいたい
素直にそう思える

この街に降り積もってく
真っ白な雪の華
2人の胸にそっと思い出を描くよ


この歌を最初に聞いたのは、づっと前。
そのときは、「ふーん、いい歌」くらいだった。
今年の始め、サンディエゴで会社のみんなと車の中で大音量で聞いた。
どうしてかわからないが、すごく良い歌に思えて、いい年したオッサンが不覚にも涙汲んでしまった。
最近、出勤の途上、車の中で聞いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »