« どうすりゃいいんだぁぁ | トップページ | どう考えても低いアンテナ »

2005/03/06

ローレライ

この金曜日に封切りされた邦画「ローレライ」を見てきました。
戦争を題材にしていますが、人間ドラマです。
役所広司さんとぎばちゃん、それから香椎由宇さんがなかなか良かったです。
久しぶりに出来たての映画を見ました。
とてもよい出来でした。
ローレライシステムとは何か?。。。
伊号潜水艦507もむちゃくちゃカッコ良かったです。
昔っから潜水艦ものの映画、好きだったのを思い出しました。
要所要所で流れる、ローレライの歌声、モーツァルトの子守唄も泣かせます。

|

« どうすりゃいいんだぁぁ | トップページ | どう考えても低いアンテナ »

コメント

ご無沙汰しております。
「ローレライ」については原作を読みましたが結構面白かったですね。
で、ローレライつながりですが、セブンイレブン限定で「アクエリアス」500mlを買うともれなくローレライのフィギュアコレクションが付いてきます。私は「ナーバル」があたりました。他に「伊507潜」や「B-29」等があるようです。
次に潜水艦つながりですが、最近読んだ潜水艦ものの本ですが、池上司氏の「無音潜行」と「雷撃深度一九・五」が面白かったですよ。

投稿: シエスタ | 2005/03/07 21:20

シエスタさん。
ご無沙汰いたしております。
ああ、おなつかしや。
お元気ですか?
コメントをありがとうございます。
あした、朝セブンイレブン行ってきます。
伊号507潜水艦のフィギア欲しいです。(笑)
潜水艦ものの映画って、「眼下の敵」、「レッドスコーピオン」などなど面白いドキドキものが多いですね。
結構好きなんです。
終戦のローレライも、無音潜行も是非読みたいと思っています。
潜水艦といえば、「耳」ですが、最近、拙シャックの耳の悪さにほとほと呆れています。
もうちょっと、なんとかアンテナの高さが稼げればと画策中であります。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: NGO | 2005/03/08 02:06

先日カミさんと映画を見に行って、もう一つの候補だった「アレキサンダー」を見ました。……、長かった(笑)。あれは小説で読んだ方が良いかも。帰り道に「やっぱりローレライにしとけば良かったかな」と話していました。

投稿: 高崎 | 2005/03/10 01:13

高崎さん>コメントありがとうございます。
映画の出来はどうでしたか?->アレキ

ローレライを私が見ている間、カミさんと下のボーズは隣の映画館で(シネコンではなく、物理的に違う映画館が2つ建っています)、ハウルを見ていました。
カミさん曰く、とても面白かったと言っていました。(笑)

シエスタさん>
早速、セブンイレブンで、大量に飲料水(コーラ、ファンタにも付いていました)を仕入れました。
後残りは、一発逆転起死回生と、鋼鉄の魔女の像だけです。(笑)
女の子が椅子に座っているやつがなかなかリアルです。
食玩集めは、ああ青春のオールナイトニッポンBCLラジオ以来です。(笑)

投稿: NGO | 2005/03/10 20:52

NGOさん さすがに早いですねぇ(笑)
私は食玩には今のところ興味がありません。たぶん興味は持たないと思います。興味持つとはまるからです。はまると際限が無くなります。際限がなくなると貧乏になります。貧乏はいやです。今でも懐がさびしいのにこれ以上となると家族にあいそをつかされます。
伊507潜が欲しいなぁ...

投稿: シエスタ | 2005/03/11 22:31

シエスタさん>
ひとつありますよ。魔女の胸像もあります。(これ結構グッときますよ)
わたし、そちら系のマニアではないんですが。。。(笑)

一般郵便でおくれますから、お送りしますよ。
拙HP本館の下のメールボックスから住所送ってください。
よろしくお願いします。

セブンイレブンにはもうおまけ付きはなくなっていました。
間一髪です。

投稿: NGO | 2005/03/13 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/3197603

この記事へのトラックバック一覧です: ローレライ:

» ■読んでから観るか観てから読むか『ローレライ』 [はずれ刑事慎重派パート3]
昔の角川映画じゃありませんが、映画ローレライに読んでから行くか悩みしたが。。。。読むといっても小説ではなくローレライを観たブロガーさん達のBLOGなんですけどね... [続きを読む]

受信: 2005/03/09 21:02

» 「ローレライ」 [青木英美のニライカナイ]
第二次大戦末期の日本と海底を舞台に描いた数日間の物語。 『今、与えられた仕事をしろ。それが先に逝った者への報いだ』 『友や家族が殺されるのを黙って見過ごすことが... [続きを読む]

受信: 2005/03/13 21:07

» 無音潜行を読みました [CRYSTAL XOOPS]
前にも書きましたが潜水艦ものが好きなので、池上司氏の「無音潜行」を読みました。もう一つ、なんで、それまで友好的であった中国の潜水艦に追い回されなければならなくなったのか、物語の始まりが大きな事件だけに理解しにくかったのですが、もともと潜水艦ものに気を�... [続きを読む]

受信: 2005/05/14 22:50

« どうすりゃいいんだぁぁ | トップページ | どう考えても低いアンテナ »