« オトナゲない中国と日本 | トップページ | HCJB 41st anniversary Broadcasting »

2005/05/28

中学の授業参観にいってきた

ゆとり教育だろうか?
少しの内容を随分時間をかけて教えている。
国語は、なかなか面白かった。
古文の授業で、先生が何を教えようとしているか良く伝わった。(私には(笑))
英語は、日本の先生と、後には外国(西洋)の先生(この人は教えているわけではない)
あの教え方では、英語嫌いになってしまうのではないかと懸念する。

ところで、問題は、師弟の関係にある。
授業開始の挨拶、終了の挨拶が全くなっていない。
終了後、「きりぃーつ、れい」の号令もむなしく、挨拶もせずに部屋を出て行く子供がいる。
あれは、先生も悪ければ、家庭の教育がなっていないせいだろうと思う。
それに対して、先生も注意しない。
生徒に迎合しているのか。。。

先生と生徒がわかりあい、仲良くするのは良いことだ。
しかし、親しき仲にも礼儀あり。どこまでいっても、先生の立場と生徒の立場は守られるべきである。

「仰げば尊し、我が師の恩」
あの風情をみると、こんな風にはならんのではないかと思う。
勉強を教える前に、人の道を説くべきだろう。
最近の若い先生、しっかりして欲しい。

|

« オトナゲない中国と日本 | トップページ | HCJB 41st anniversary Broadcasting »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/4310740

この記事へのトラックバック一覧です: 中学の授業参観にいってきた:

« オトナゲない中国と日本 | トップページ | HCJB 41st anniversary Broadcasting »