« 2005年5月15日 - 2005年5月21日 | トップページ | 2005年5月29日 - 2005年6月4日 »

2005/05/28

ココログのアクセス重すぎ!!

リニューアルしてからだろうか。
最近、niftyココログのスピードが猛烈に重い。
ココログユーザーの方、そんなことないですか?
ここはいっちょうユーザみんなで、niftyに注文つけんといかんですよ。
おーい、しっかりしろ!!ココログ!!
午後から、極端に重くなる。
他のblogに完全に負けてるよ。>スピード

| | コメント (2) | トラックバック (1)

HCJB 41st anniversary Broadcasting

HCJBから、先に放送された41周年記念番組に対するベリカードが届きました。
毎年の記念番組が楽しみです。
尾崎先生ご夫妻もお元気そうでなによりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中学の授業参観にいってきた

ゆとり教育だろうか?
少しの内容を随分時間をかけて教えている。
国語は、なかなか面白かった。
古文の授業で、先生が何を教えようとしているか良く伝わった。(私には(笑))
英語は、日本の先生と、後には外国(西洋)の先生(この人は教えているわけではない)
あの教え方では、英語嫌いになってしまうのではないかと懸念する。

ところで、問題は、師弟の関係にある。
授業開始の挨拶、終了の挨拶が全くなっていない。
終了後、「きりぃーつ、れい」の号令もむなしく、挨拶もせずに部屋を出て行く子供がいる。
あれは、先生も悪ければ、家庭の教育がなっていないせいだろうと思う。
それに対して、先生も注意しない。
生徒に迎合しているのか。。。

先生と生徒がわかりあい、仲良くするのは良いことだ。
しかし、親しき仲にも礼儀あり。どこまでいっても、先生の立場と生徒の立場は守られるべきである。

「仰げば尊し、我が師の恩」
あの風情をみると、こんな風にはならんのではないかと思う。
勉強を教える前に、人の道を説くべきだろう。
最近の若い先生、しっかりして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/26

オトナゲない中国と日本

折角のチャンスを、中国も、日本も潰してしまった。

行われるはずだった小泉首相と中国の呉儀副首相の会談である。

どうなってるんだろう。

<日本の立場で>
日本びいきの日本人としては、いささか不愉快ではある。
最近の中国はどうかしている。大人げない。
ODAを止められたからか?
それほど、アジアのリーダーになりたいのか?
まだまだ、経済的にも社会的にも成熟途上のクニであることは明らかなのに少し経済発展したからといってもう、中華思想を振り回す気か?
急用が出来たから、キャンセルといっておいて、日本の経済界とはしっかりミーティング。
やることが、しみったれてるねぇ。
それじゃぁ、いつまでたってもリーダーになれないよ。
そんなに、常任理事国の権利を守りたいのかねぇ。
唯一の世界的に認められている権威だもんなぁ。


<中国の立場で>
先の大戦について深く反省している、もう二度と戦争はしません。間違ってましたといっておきながら、戦犯を合祀する「ヤスクニ」になぜ、コイズミはいくのだろう。
口では奇麗事をいっているが、日本を率いて戦前のような「シンリャクのヤボウ」を抱いているのではないか?
不愉快だ。


<考えるに。。> 誤解を恐れずに書くのであれば。。。

小泉首相も、ヤスクニ参拝が隣国に不愉快な思いを抱かせることは重々承知のはずである。
色々と思うところはあろう。 個人的な心情もあろう。
私だって、この美しい国、ニッポンの未来を信じ、その尊い命を投げ打って戦いそして死んでいった多くの人への感謝は忘れない。
しかし、一国の首相たるもの、アジアのリーダーを目指し、アジアはじめ、世界に対し、より貢献をしようという国の首相なれば、李下で冠を正さず。
誤解をうけるような行動は慎むべきであろう。
犠牲になった人たちへの感謝や祈りはどこででもできるではないか。
先ずは、戦犯(といわれている人たち)を切り離してはどうかと思う。
もしくは、千鳥が淵にお参りしてはどうか?

しかし、中国も中国だ。
戦後、高度成長をとげたニッポン。
そのニッポンはあなた達を助けなかったか?
自分たちだけがよければそれでよいということをやったか?
そこのところを良く考えて欲しい。
民間同士は仲良くしているのだから。。
戦後、決して裕福ではなかったろうに、あなた達だけでも日本に帰れ、足手まといの子供は私たちが立派に育てるから、安心して。。。落ち着いたら迎えに来れば良い。それまで大切に育てます。
そう言ってくれた、中国の人たちのやさしさを私たちは忘れてはいない。
心豊かな中国の人達はどこにいってしまったのだろう。
あの時代、反対の立場であったら、日本人もそうしていたに違いない。

中国に限ったことではないが、過去は過去だ、アジアの仲間同士、仲良くやっていこうではないか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/05/23

新型受信機はまだかな

米国デイトンのハムコンベンションでは、ICOMの新型受信機は発表されなかったようですね。
あー残念。
真剣に新型受信機の登場を期待していました。
市場ないのかなぁ。
これほど、待っているのに。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/22

シャックの模様替え

TS850Sを隅っこにおいやって、BCL主体のシャックにした。
ラックの足を長いのに変えて、ベースから3階建てにした。
各コントローラ(デルタループ、プリアンプ、ノイズキャンセラー)を使いやすいところに設置。
随分すっきりした。新しいレイアウトはこちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年5月15日 - 2005年5月21日 | トップページ | 2005年5月29日 - 2005年6月4日 »