« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/15

カーナビ

今まで使っていた一体型のカーナビがいよいよお釈迦に。。。
で、自動車パーツ屋さんで、物色したところ、お目当てのものは、値引きをしてもらって10万円也。
こりゃ高いとヤフオクで、新品、開封品を7万5千円で落札。
定価が15万ちょいなので、概ね半額。
早速取り付けて、試してみた。
うーん、いい感じ。
随分機能が上がって使いやすくなった。
こりゃ、いいぞ。
DVDカーナビ、最近買ったものの中では、買ってよかったベスト10の上位にランクされる。
世の中便利になった。
最近、購入するデジタル(家電)製品は、パナソニックブランドが多い。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計の磁気抜器

この間、ハワイからやってきていた、甥っ子に永久磁石を機械式時計にピタァと当てられて、磁化させられた結果、精密に動いていた、時計が強烈に進みだしたという悲惨なことに。

時計屋さんに聞くと、OH込みで、結構な値段+1ヶ月かかる。
それならダメもとで、と、磁気抜器を、ヤフオクで落札。
それが届いた。
早速、コンパスで磁化していることを確認の後、磁気抜き作業。
うん!、コンパスが動かなくなった。
2日腕につけて、日差を見てみたら、±0秒の仕上がり。(本当は、日に2秒ほど進む位がよいのだが)
まぁ、よしとしよう。
良い買い物をした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

大雪お見舞い申し上げます

近年にない大雪で、日本海側、それから、北陸から東北で大きな被害が出ている様子。
被害に遭われた皆さんに、謹んで、大雪お見舞い申し上げます。

京都市内も、非常に寒いですが、大雪地方は、寒いだけではないですもんね。
はやく、春がくればよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆえあって

引き篭もり状態。(笑)
午後から、母親から頼まれているインターネット機器のセッティングを家でしていました。
これが結構ややこしい無線によるリピータ設定。
おまけに、パソコンとの接続が切れて切れて、設定が完結しません。(くそーっ!を30回ほど)
ちなみに、メーカーはバッファロー。
家に、ADSLでも引けば簡単なのだが、「母屋」に、ヒカリが入っているので、なんとかこいつを「離れ」にもって来たいのだ。
距離があるもので、無線ルータを2台つかったリピータによる接続を自宅で設定、実験していた。
で、これは結構良いもんだす。
家の中、どこでも無線LANでインターネットアクセスが可能になりました。

これをするのに、引き篭もっているわけではなく、平たく言えば、会社にかかってくる電話の電話番をしています。
電話番(休日オペレータ)を外注するにも金がかかる。
それから、正しいインフォメーション(営業/テクニカル)をOPに教え込むにもヒマと金がかかる。
そこで、繁忙期の土日だけ、自分のケータイに転送して、テンポラリーのオッサンオペレータ。
落ち着いて電話に出ねばならず、その結果、引き篭もっている。
やれやれ、これでは、休みにならんあぁ。
電話かけてくるほうも、オッサンより、おねいちゃんの方がよいはずだ。(ちゃんちゃん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

技術の進歩は素晴らしい−>レーダ探知機

車につけていた、GPS搭載のレーダ探知機がオダブツとなり、新しいのを買ってきました。
買ったのは、これ
今までのは、「誤報」でピイピイうるさかったが、これは、賢い。
いっぺん誤報をだしたらその場所をGPSで覚えて勝手に登録。それ以降、その場所で誤報は出しません。
また、衛星からのデータで現在のスピードを検知しそのスピードに見合った感度設定を行ったり、自宅からの距離を計測して、勝手を知った自宅周辺(半径10Km,20km)にいるのか、ドライブに遠出しているのかも判断、警報を発する内容を変えることもできます。
ちょっと高いですが、なかなかすごいキカイです。
おかげで誤報のピイピイうるさいのが減りました。
パトカーから発信されている電波までキャッチして、「並走」しているのか、「接近」してきているのか、「離れる」方向なのかも教えてくれるスグレモノです。
安全運転が出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年始のご挨拶

お越しの皆さん。
旧年中は、ご愛顧いただきありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年、初受信、2006年はR.Rebeldeでした。
今年は、なんとかQSLをGetしたいです。
誰に送れば、良いのでしょうね?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »