« 大人の科学「スターリングエンジン」 | トップページ | シールドループユニット »

2006/02/19

IC-R9000がやってきました

夢の超ド級マシン。
IC−R9000がひょんな事から我が家にやってきました。
来たばかりで、まだあまり触れていませんが、素晴らしい音質です。
高音、低音が独立のつまみでいじれるということがこんなに良いとは思いませんでした。
AR7030にも付いていますが、ちょっとだけ手間ですものね。
SSBのゼロビート受信が苦にならない音質です。
これは素晴らしい。
画面のスペアナピークポイントと実際の受信のピークポイントが850Hzほどずれているのですが、どちらか、修正(調整)方法ご存知のかたはおられませんか?

|

« 大人の科学「スターリングエンジン」 | トップページ | シールドループユニット »

コメント

いつもお世話になります。

ついにやりましたね!

私のIC-R9000も発生します。同じ現象でしょうか?USBでは下側に、LSBでは上側にピ-クがずれます。AMではほぼ真ん中です。メンテから帰ってきたばかりでこんな状態です。

音質は良いですよね。重さは最悪です。

投稿: ゆうちゃん | 2006/02/20 23:01

ゆうちゃん(ほんとはさんを付けないといけないのでしょうけど、ちょっとおかしくなりますので、ゆうちゃんで、堪忍してください)
いえいえ、USB/LSBで左右にずれるのは「正しい」です。
AMでセンターならなおさらです。
調整箇所ご存知ないですか?
それから、フィルターを装換されているご様子ですが、オススメフィルタがあれば(現在購入可能なもの)ご教授下さい。
AM/SSB/CW/FM/WFM独立で合計15個のフィルタを実装することが出来るのでしょうか?どういうフォーメーションになっていますか?
久しぶりの大型受信機で、「超興奮」状態です。
音は、最高ですね。
いつまでも聞いていたくなる受信機です。(笑)

投稿: NGO | 2006/02/21 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/8745890

この記事へのトラックバック一覧です: IC-R9000がやってきました:

« 大人の科学「スターリングエンジン」 | トップページ | シールドループユニット »