« アクティブアンテナとパッシブアンテナ | トップページ | 大人の科学<真空管ラジオ>2 »

2006/04/29

デルタループ6改修

我が家の環境ではゲインがありすぎて、固定する方向を間違えると、飽和してしまい低い周波数で、混変調ぎみになってしまうデルタループ6ですが、本来非常に使いやすく、静粛な同調型アクティブループで、コントロールボックスで同調させたときに、静粛な状態から「シュンッ」と放送が浮かび上がる感覚は最高です。
この休みに、影山さんのご指南を受けて、一部我が家向けに変更を加えようと思っています。
現在は、自作するしかないのですが、製品化されると嬉しいですね。
自分で、グランドパターンなどを最適化した基板をエッチングして、PCBを作ってハーフキットにしてもいいかもしれません。
PCBできたら、欲しい方います?(笑)

|

« アクティブアンテナとパッシブアンテナ | トップページ | 大人の科学<真空管ラジオ>2 »

コメント

NGO(んご?)さん、こんばんは。
毎日、拝見しております。

>PCBできたら、欲しい方います?
はい(笑)。うちは、間違っても「自作派」では無いので・・。
ハーフキットでなく、是非とも△ループ“7”の「製品化」を・・・。
ラッキー7でいいじゃないですか・・。

投稿: Area51 | 2006/04/29 19:40

Area51さんこんばんわ。

あー、、新型のご用命ならば、ご本家の影山大明神にお願いされるのが良いですよ。
大明神曰く、当面「7」は無いようです。
更なるスーパーアンテナをお願いしているんですけどね。(笑)

投稿: NGO | 2006/04/30 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/9816398

この記事へのトラックバック一覧です: デルタループ6改修:

« アクティブアンテナとパッシブアンテナ | トップページ | 大人の科学<真空管ラジオ>2 »