« こんなところに住みたい | トップページ | IC-R9000定期健診(?) »

2006/05/06

HCJB日本語放送再開!

いよいよ、待ちに待ったHCJBの日本語放送が再開されます。
すごく楽しみです。

e-La Voz: HCJB『アンデスの声』日本語放送メールマガジン(第40号)によると、

放 送 開 始 日:  6月3日(土曜日)
放 送 時 間:  日本時間 0730 − 0800(2230 − 2300UTC)
送 信 周 波 数:  15525kHz
受信報告書の宛先: 〒169-0073
          東京都新宿区百人町1-17-8
          淀橋教会HCJB係
          (※返信用日本切手を同封して下さい)

とのことです。
土曜日なら、聞けますね!

Radio Australiaとか、DW, RFIなんかも再開しないでしょうか?
日本語放送は、集中しなくても放送内容がわかって、それはそれは楽しいです。

|

« こんなところに住みたい | トップページ | IC-R9000定期健診(?) »

コメント

NGOさん、こんばんは。
HCJB-Quitoは、いかがでしたでしょうか。
当方、板にも書きましたが、ノイズやかぶりがひどくなってきたので、21時半頃には切ってしまいました・・。

Radio Australiaとか、DW, RFIなんかも再開しないでしょうか?>
私も、それを考えているんですが、VOA、BBCなどもですね・・。各局の使用言語を見ると、こう言っては失礼ですが、
なんでこの言語で放送していて、日本語はやらないのか?、と思うことがあります。
VOAなんかは、アジア各国の言語をいくつも放送してますよね。
リスナーの熱意で何とかならないものか・・・メール集中作戦とか・・。

投稿: Area51 | 2006/05/06 22:55

Area51さん>
いつも、お世話になりありがとうございます。
本当ですね。
でも、まぁ、世界的に見ても顔のない国ですし、日本語は特別ですし、なかなか難しいでしょうね。
英語と、中国語とスペイン語(ポルトガル語)で世界中ほとんどOKのようですからね。

HCJB最後のところ聴きたかったのですが、21:30くらいから無茶苦茶になってしまいましたね。
あのサイドの過変調によるスプラッターを何とかしてもらいたいですわ。(タメイキ)

投稿: NG0 | 2006/05/07 00:03

ペーパーメディアしかなかった頃には"DX party Line"等、海外放送のDX番組が情報源でした。
最後の放送が混信で聞こえなかったのが残念でした。
HCJB 最後のDX party Lineだったんですけどね。

投稿: 化石 | 2006/05/07 16:39

化石さん>
こちらへのコメントもありがとうございます。
DX Partyline楽しく聞いていたのですが、途中でメタクソになってしまいました。
あー残念です。

投稿: NGO | 2006/05/08 01:09

hcjb 日本語放送受信された方 log
レポートください。6月3日0730-0800 

投稿: hajime | 2006/06/03 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/9927191

この記事へのトラックバック一覧です: HCJB日本語放送再開!:

« こんなところに住みたい | トップページ | IC-R9000定期健診(?) »