« 尾崎先生と再会 | トップページ | 訃報 »

2006/08/27

松下歴史館訪問

大阪の西三荘にある、松下歴史館を訪問しました。
時間が無く、短時間の訪問でしたが、大いに感じ入りました。
この歴史館には、松下幸之助翁発明の初期の製品から、松下の歩みを刻む製品が展示されています。
また、松下翁のスピーチなども聞くことができます。
幾つかのお話しを聞きましたが、なんといいますか、良い感じなんですね。
先ず、お話しが面白い、それかた、非常に分かりやすくシンプル。
誰が聞いても納得できる、「自然体」のお話しです。。
松下翁は大変魅力ある人です。
今の松下電器はとても大きな会社だけども、儲かっている、ブランドが通っているだけで、これほど沢山の社員が集まり、会社を盛り立てているとは思えない。
きっと、松下幸之助翁の人柄や、考え方、ポリシー、それから、そこから生み出される製品とそのスピリットに共感する人が集まり、その結果としてこれほどの大企業になっているのだと思います。
本当に、カリスマ性がありました。
展示されている製品も、開発者の魂や、思念、思いが伝わってくるものが多く、それで結果として、大きなヒットになったものが多いのだと思います。
今となっては古く、もう通用しない製品ばかりだが、一貫した凄みというか、開発者の想いを感じることができるものばかりでした。
付け焼刃ではありません。
大したものです。
松下イズムというか、共通した精神が宿っています。
もう、すっかり、パナソニックファンになってしまいました。
歴史館の横にある事業所もとても大きく綺麗で、正面には「Panasonic」の大きな看板。
この会社に勤める人は、このブランドと会社、それから、脈々と受け継がれるスピリットに誇りと自信を持っているに違いありません。
こういうのって、大事なんですよね。
もう、素晴らしいです。
(あ、なんか、松下賛美のようになりましたが、決して社員や関係者ではありません(笑))

松下電器という会社の生い立ちと経営者のポリシーが分かって少し好きになっただけなんです。
ソニーとはまたちょっと違う、大阪の会社の人情のようなものとか、温かさも感じました。

うーん、行ってよかった。
感じた!
また是非、訪問したいと思います。

|

« 尾崎先生と再会 | トップページ | 訃報 »

コメント

三連投、失礼いたします(爆)。

松下幸之助氏の生い立ち、以前、NHKだったかで見た覚えがあります。
丁稚奉公からたたき上げた方ですよね。

「企業は人なり」
「メーカーは、単にモノを作るだけにあらず」
ですか・・。

松下スピリットで、復活「プロシード」あたりを、作ってほしいものです。
TRIOブランドのTS-2000のように限定生産すれば、予約殺到かも?・・。

投稿: Area51 | 2006/08/27 14:16

Area51さん>
いつもコメントをありがとうございます。
苦労された方ですが、もともとは、エエとこのぼんだったと聞きますよ。
すごく魅力的な人物です。
プロシードですか。。。
いいですね。
限定販売なら、欲しいかも。。。

投稿: NGO | 2006/08/29 23:32

私もよく見に行きます。
昔のクーガのCMも見ることが出来ます。
外人さんがラジオを聴きながら泣くというCMです。
仕事で悩みがあるときには時間を取ってもここに行って色々と幸之助氏の考えを見ていると、よっしゃ!って気になるのが不思議です。
大体、私の場合は勤務先も近くなので、1ヶ月に一度は行きます。ぜひ、皆様もご覧になって頂きたいと思います。

投稿: 影山 | 2006/09/18 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/11622350

この記事へのトラックバック一覧です: 松下歴史館訪問:

« 尾崎先生と再会 | トップページ | 訃報 »