« 松下歴史館訪問 | トップページ | 結婚式に行ってきました »

2006/09/21

訃報

昨日とどいた、HCJBのメール誌で、尾崎先生の奥様、久子先生がお亡くなりなったのを知りました。
先般、尾崎先生と、日本でお会いすることができました。
ところが、スケジュールを切り上げ、米国に戻られました。
久子先生のお具合がよろしくないとお聞きしていましたので、案じていました。

初めて、久子先生のお声を聞いたのは、アンデスの峰々を越えて赤道直下の国エクアドルから届くHCJB日本語放送、33年前のことです。
何十通もの受信報告書やお手紙を送りました。
つたない中学生の手紙に対して、久子先生はいつも丁寧で優しいお返事を自筆でくださいました。

「勉強は楽しいですか?」
「お友達(BCL仲間)の山本君は元気ですか?」
「教会へは行ってみましたか?是非、行ってらっしゃい」
それから、エクアドルの様子、放送局のこと、最近あったことなど。

その頃は、子供でよくわかっていませんでしたが、最近頂いたお手紙を読み返し、大人になった自分が中学生に対してこんなお手紙がかけるかなと思います。
しかも、相手は、私だけではありません。
きっと、一通一通、心をこめて書いておられことでしょう。

HCJB日本語部のホームページで一旦終了したHCJB日本語放送最終放送をストリーミングで聴くことが出来ます。
久子先生もお元気な声で登場されています。
また、尾崎先生と久子先生のお写真などもあります。
長年苦楽を共にされた尾崎先生のご心痛は大変なものだと思います。

心から、お悔やみを申し上げますと共にご冥福をお祈りいたします。

合掌。

|

« 松下歴史館訪問 | トップページ | 結婚式に行ってきました »

コメント

その当時、ものすごい数の受信報告がHCJBには舞い込んだそうです。それに全部返信を返しなおかつ放送もベストを尽くす!この精神ってすごいと思います。
一夫様&久子様のご努力のおかげが背景にあったにもかかわらず、我々少年BCLはそれを当たり前のように思っていたのではないか?とちょっと、その当時を振り返っては?をつけています。まあ、それは終わった事ではありますが、その当時から我々BCLを楽しませ続けていただいた久子婦人のご逝去に心から残念と申し上げたいと思います。ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 影山 | 2006/09/21 21:09

NGOさん、こん**は。
影山氏BBSへのNGOさんの書き込みで知りました。
小生もメルマガ配信希望を5月に出したのですが、
その後何も来ておらず、当方も忘れていまして、
また、HPも見ていませんでしたので、
突然の事でたいへん驚きました。
また、残念でもあります。
実家にあるはずの、昔のベリカード類を
もう一度、見てみないと・・。
一夫氏も含めて、一人一人のリスナーのために
エネルギーを注いで下さることに
改めて感謝しなくてはいけませんね。

投稿: Area51 | 2006/09/21 21:22

久子婦人のご逝去を本当に残念に思います。今まで尾崎ご夫妻がいたからこそ、HCJBがこれだけ皆様に愛されてきたのだと思います。心からご冥福をお祈りいたします。

投稿: nodatec | 2006/09/22 05:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/11982126

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:

» 訃報〜HCJB・尾崎久子さん亡くなる [Ham and BCL Square]
HCJB・アンデスの声の尾崎久子さんが、米国時間9/17未明に亡くなられたそうです。 KAGEYAMA BCL COMMUNICATION PAGE へのNGO氏の書き込みで知りました。 「アンデスの声通信」で配信された、とのこと。 再開された日本語放送での冒頭のアナウンスが、当方が聞けた最後の お声になりました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 →HCJB・日本語HP (9/2 久子さん緊急入院の件�... [続きを読む]

受信: 2006/09/21 21:29

« 松下歴史館訪問 | トップページ | 結婚式に行ってきました »