« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006/04/08

アンテナ・デー

20060408antennas
そこかしこで、アンテナのフィールドテストが行われています。(笑)
影山さんK9AYどうですか?
お手伝いにいけなくてすみません。

こちらも、重い腰と四十肩をおして、よっこらっせっとアンテナ工事をしました。
先ず、ルーフタワーについていた、スクエアループ6(デルタループ6のエレメントをスクエアに変更)を降ろし、1辺1mのALA1530S改造シールドループアンテナを上げました。
それから、降ろしたデルタループ6のユニットを開けて、トロイダルコアのヨリ線を密からやや疎に巻きなおすとともに7回まきを6回巻きに変更し、ノイズミニマム調整、、エレメント形状をデルタループに変更、エレメント長を3.3mにし、ベランダ側の伸縮ポールに設置しました。

地上高は1530が15m、1530Sーシールドループが13m、デルタループが11mと言うところでしょうか。

ざっと聞いてみた結果は、
シールドループと1530では、49mb以下ではシールドループの方が外来ノイズをやや受けにくく、41mb~22mbは互角、19mb以上では、1530の方がノイズの影響が少ないようです。
ハイバンドで、1530の方がやや良い結果でしたが、シールドループにはもう少しがんばってもらいたいところです。
もう少し、ノイズを受けにくくなるかと思っていましたが、期待が過大であったかもしれません。
でも、まぁ、ローバンドがこころもちよくなりましたから、良しとしましょう。
はてさて、デルタループ6ですが、まだゲインがやや高すぎるようで、KBS京都放送のオバケがやや出ます。
回路定数の見直しをしないといけません。
しかし、トロイダルコアの調整の結果、そこそこ上手く動作しています。
動作範囲は、75mb~22mb。
これは、バリキャップを3個×2から2個×2にしたことと、エレメントを小さくしたことが影響しているものと思われます。
動作範囲では、ALA1530と互角で、バンドスコープを見ると、同調している周波数の外は、ストンとノイズや他の放送が落ちている感じです。
このあたりは、同調式アンテナの素晴らしいところで、気持ちが良いです。
今晩あたり、いろいろ聞いてみて、近々レポートをHPにアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »