« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »

2006/05/06

HCJB日本語放送再開!

いよいよ、待ちに待ったHCJBの日本語放送が再開されます。
すごく楽しみです。

e-La Voz: HCJB『アンデスの声』日本語放送メールマガジン(第40号)によると、

放 送 開 始 日:  6月3日(土曜日)
放 送 時 間:  日本時間 0730 − 0800(2230 − 2300UTC)
送 信 周 波 数:  15525kHz
受信報告書の宛先: 〒169-0073
          東京都新宿区百人町1-17-8
          淀橋教会HCJB係
          (※返信用日本切手を同封して下さい)

とのことです。
土曜日なら、聞けますね!

Radio Australiaとか、DW, RFIなんかも再開しないでしょうか?
日本語放送は、集中しなくても放送内容がわかって、それはそれは楽しいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

こんなところに住みたい

かやぶきの里「飛騨 白川郷」に行ってきました。
心にある、里の原風景がそのまま出てきたようなところです。
桜の花は満開で、遠目に見る山にはまだ雪が残り、川の水は清く、鶯が鳴いていました。
こんなところに、住みたいなぁ。
日が昇れば起きだし、畑を耕し、夕暮れになれば家に帰り囲炉裏を囲んで魚の煮こごりをつまみながら酒を飲み、子供の頭をなでて、今日一日あったことを家族とゆっくり語る。
眠くなれば、そのまま眠り、また明日は、畑仕事。
平日といわず、日曜といわず、雨の日は、家の中で畑で使う道具の手入れをし、ラジオに耳を傾ける。

里の暮らしの現実はもっと厳しいのだろうけど、こんな夢を描いてしまいます。
時間に追われない暮らしがしたいもんです。20060504shirakawagou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/30

アマチュア無線局 再免許申請

5年に一度の再免許申請の時期がやってきました。
webでの電子申請も出来るようですが、なんかややこしいです。
それに、手順も複雑です。(結構、いろいろな前手順があります)
簡素化のためのweb申請のはずなのに、もう少し分かりやすくしてもらいたいものです。
で、結局申請書を525円で買ってきました。
申請手数料が3150円+電波利用税が500円×5年で2500円(前払いシステムがあるならちょっとくらい安くしてもらいたい)の合計5650円也+切手代

書き方も変わり以前なら、A1とかA3Jなどと記載するのですが、「一括記載」という書き方に変わり、3HAとか訳の分からん書き方になっています。
この書き方は総務省のホームページに記載されています。

送信することも少なくなったけど、かれこれ30年以上使っている自分のコールサインには愛着があり、失効させたくないという思いもあります。
総務省、うまいもんです。
「世界に一つのアナタだけのコールサイン」だもの。
ちっくしょう!30年間やられっぱなしです。(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大人の科学<真空管ラジオ>2

昨日、次男坊と楽しみながら作りました。
届いたのが、3月の26日ですから、手をつけるのに1ヶ月かかったわけです。
たまの休みでもボーズとなかなか遊んでやれないダメ親父ですが、なかなか楽しかったです。
ボーズも日記に書いたみたいでめでたしめでたし。
小学校3年生のボーズは、真空管が不思議なようです。(ラジオ好きになってくれると嬉しいな)P1060618
P1060619

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »