« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »

2006/06/15

ベリ返信

DWとABC2325が同時に返信されてきました。
DWはワールドカップの記念ベリ。ABCはベリレター+大量のステッカーでした。
ABCは同封したグリーンスタンプが返送されてきました。
律儀な放送局です。
欲を言えば、綺麗なポストカードで返信が欲しかったです。
返信はともにA14Aでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディオ録音レベルの調整(2)

帰ってきたIC-R9000に自作の録音ケーブルをつないで録音をし、録音レベルをみてみました。
ちょっと低いようですが歪んでいませんので、良しとしましょう。
ソフトで、ノーマライズをかければ、大きな問題は無いようです。
同じLINE OUTでも随分差があるものだと、ビックリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IC-R9000が帰ってきた

修理、調整に出していた、IC-R9000が帰ってきました。
沢山の電解コンデンサの交換。
大きなものは電源周りだろう。
それから、CRTを液晶に装換しました。
綺麗なブルー表示です。
こっちり、調整されていて気持ちが良いです。
次は、自力でIFのフィルタを交換する予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/11

オーディオ録音レベルの調整

ICレコーダーに録音するためのケーブルを作りました。
今使っているのは市販品だがどうもレベルが高く歪みがちなわりに、ダイナミックレンジも充分とれていないからです。
参考にさせていただいたのは、大阪のDXer影山さんがHPにUPされている抵抗値。
NRD545で使用する場合、もう少し抵抗値をあげたほうが良いようです。
これで、最適なレベルで録音ができます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

峯野龍弘先生にお会いできました

HCJB日本語放送日曜日の部後半でいつも少しお話しになる峯野先生とお会いする機会をいただきました。
峯野先生は、Director of HCJB World Ofice, Japan/淀橋教会主管牧師などの肩書きをお持ちです。
京都にお越しになるということで、稀有な機会を与えていただきました。
JEFという会の総会前、すこしの時間お話しをしました。
非常に優しい方で、とても親切にお話しいただきました。
宗教者の方にお会いしたり、お話しする機会などめったになく、いろいろお話しをお伺いしたかったのですが、とてもお忙しそうでしたので、5分ほどで失礼しました。
お会いしたおり、HCJBで放送されているご自身の著書をお分けいただきたいとお願いしていましたら、「進呈しますよ」とのお言葉で、いただいてしまいました。
あつかましくも、扉書きまでお願いしましたら快諾いただき、サラサラと。。。。
いただいたお言葉は、「最も大いなるものは、愛である。」
さして大柄な方でもありませんが、とても大きな方に見えました。
オーラーが出ていました。
うーん、、、すごい人に会ってしまいました。
HCJBをお聞きの皆さんによろしくお伝え下さいとのお言葉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »