« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »

2006/08/26

会場でお会いしたDXer

ハムフェア会場から、いつもお世話になっているNaka師に電話を入れました。
なんと、会場におられるとのことで、早速お会いしました。
TさんとSさんもご一緒で、4人でしばらく会場をうろうろ。
Naka師に「愛好者3号がありますが、安いですよ!どうよ?」と背中をおされ、「アウアウ。。」
買ってしまいました。。。

「愛好者3号だもんなぁ」

翌日の、HCJBの日本語放送をホテル(5F)の窓から、アンテナを5mほど垂らせて聞いてみましたが、あまり聞こえませんでした。
どうもロケが悪かったようで、自宅で留守録している分は綺麗に録れていました。

関西と関東では受信状態が異なるらしいと尾崎先生もおっしゃっていましたので、やや気になるところです。
関西では、概ね、s/=45544-55544くらいで入感していますが、関東方面はいかがでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/20

JSWCのブースへ

ハムフェア、JSWC(日本短波クラブ)のブースを訪問しました。
ブースには、HCJBの尾崎先生もお越しで、来場者ひとりひとりと話しをされていました。
その後、クラブのOMさんたちと、ちょっとだけ飲み会になりました。
日本のアマチュア無線、BCLを代表されるそれは凄いOMの集まりでした。
集まりの後、別途、山田耕嗣OMと喫茶店でいろいろお話しをおうかがいする機会がありこれもまた楽しかったです。
ひげボウボウで、もう、まるで仙人のようなOMでした。(驚!)
面白かったです。

会では、Δループ7のお話しも出ました。
皆さん、興味を持たれているご様子でした。

しっかし、凄い会合に出ちゃったなというのが、素直な感想です。
来年が楽しみです。P1070017

| | コメント (1) | トラックバック (1)

HCJBの日本事務所、淀橋教会へ行ってきました

HCJBの日本事務所をご担当されている淀橋教会を訪問しました。
教会では、尾崎一夫先生、祐二さんご夫妻、HCJBワールドサービス・アジアパシッフィック担当部長のデニスアダムスさんご夫妻とお会いできました。
集会の後、尾崎先生とアダムスさんご夫妻とランチを共にさせていただき、楽しいひと時でした。
淀橋教会で、HCJBリスナーの対応をご担当されている、新川代利子先生にもお会いできました。
新川先生は、淀橋教会で副牧師をおつとめされており、大変ご多忙のご様子でした。
限られた時間の中での作業であり、ベリカードの発行もなかなか思うにまかせず、それでもなんとかがんばって返信したいと思っています。
お待ちいただいているのは、重々承知しており、心苦しい限りです。
なんとか、一日でも早く、リスナーの皆さんのお手元にお届けするようにがんばりますので、今しばらくご猶予下さい。
とのお話しでした。

教会は、非常に大きくそして綺麗でした。
日曜日の放送のラジオ図書館で尾崎先生がご紹介、朗読されている「愛ひとすじに」の著者、淀橋教会主管牧師であられる峯野龍弘先生とも再開、ご挨拶することができました。

良い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IC-R9500vsAR-ALPHA

もう既に開発は終了しているとのお話しで、お値段は?とお聞きしますと、100万円トランシーバーマイナスαですね、との回答でした。
後には、LANの端子までありました。
かたやAR-ALPHAですが、こちらも既に開発は終了で、お値段は80万円前後とのお話しでした。
造りは正直いってICOMに軍配があがります。
9500の筐体カラーリングはローデシュワルツ社の計測用受信機を思わす感じで、かっこよいです。
P1070005_1
P1070006_1
P1070008
P1070010

| | コメント (5) | トラックバック (2)

« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »