« 2006年8月27日 - 2006年9月2日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006/09/21

訃報

昨日とどいた、HCJBのメール誌で、尾崎先生の奥様、久子先生がお亡くなりなったのを知りました。
先般、尾崎先生と、日本でお会いすることができました。
ところが、スケジュールを切り上げ、米国に戻られました。
久子先生のお具合がよろしくないとお聞きしていましたので、案じていました。

初めて、久子先生のお声を聞いたのは、アンデスの峰々を越えて赤道直下の国エクアドルから届くHCJB日本語放送、33年前のことです。
何十通もの受信報告書やお手紙を送りました。
つたない中学生の手紙に対して、久子先生はいつも丁寧で優しいお返事を自筆でくださいました。

「勉強は楽しいですか?」
「お友達(BCL仲間)の山本君は元気ですか?」
「教会へは行ってみましたか?是非、行ってらっしゃい」
それから、エクアドルの様子、放送局のこと、最近あったことなど。

その頃は、子供でよくわかっていませんでしたが、最近頂いたお手紙を読み返し、大人になった自分が中学生に対してこんなお手紙がかけるかなと思います。
しかも、相手は、私だけではありません。
きっと、一通一通、心をこめて書いておられことでしょう。

HCJB日本語部のホームページで一旦終了したHCJB日本語放送最終放送をストリーミングで聴くことが出来ます。
久子先生もお元気な声で登場されています。
また、尾崎先生と久子先生のお写真などもあります。
長年苦楽を共にされた尾崎先生のご心痛は大変なものだと思います。

心から、お悔やみを申し上げますと共にご冥福をお祈りいたします。

合掌。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年8月27日 - 2006年9月2日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »