« 良く書けるボールペン | トップページ | S2000というラジオ »

2008/02/03

ドレークR8Bという受信機

年末に、Drake R8Bという受信機を中古で手に入れることが出来ました。
状態はよく、新品同様です。
早速、使い出していますが、Nodatecさんの教えていただいた通り、すこぶる良い音です。
豊かというよりも、ラジオらしいというか、素直な音がします。
側波帯(USB/LSB)を選べる同期検波が装備されており、混信除去に非常に有効です。
一旦ロックすると、なかなかはずれません。
同期検波の作りはエクセレントです。フィルタはLCで構成されている6k、4k、2.3k、1.6k、0.5kを装備しています。
通常の受信では、4k或いは、2.3kで、ハイバンドの混信のない例えば欧州の大電力局を聴くときは6kを使用していますが、なかなかいい感じです。
ノッチの効きは、545ほど急峻ではありませんが、アナログ機らしい、効き具合でカンファタブルという表現があてはまると思います。
周波数を細かく見るのに、CWモードで800Hzビート法というのがあると思いますが、どういうわけか、BFOのビートが800Hzではなく0Hzのようで、この方法が使えません。
NRD545や、AR7030P、RX340なら、BFOのビートの設定が出来るのですが、R8Bは取り扱い説明書のどこを見ても、設定方法が記述されていません。
どちらか、ご存知の方がおられましたら、ご教授下さい。
それから、受信周波数は80Hzほどずれているようです。
温度補正型高精度オシレータを搭載していませんから、そんなにドンピシャにあっていなくても良いのですが、気持ちの悪い微妙なヅレようです。
こちらの周波数を調整するトリマのありかをご存知のOMがおられましたら、助けてください。
で、総論として、とても聴きやすく、そして扱い易い(操作方法)よい受信機です。
あ、低いバンドの混変調特性はAR7030の方が上です。
さすが、AR7030、おそるべし。。。

|

« 良く書けるボールペン | トップページ | S2000というラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/17941600

この記事へのトラックバック一覧です: ドレークR8Bという受信機:

« 良く書けるボールペン | トップページ | S2000というラジオ »