« 走行記録覚え | トップページ | BHI NEIM1031の実力 »

2008/06/12

梅雨の晴れ間の京都・東山・将軍塚

この間買った携帯電話のACアダプタ変換プラグが断線している模様で、京都駅前のビックカメラさんへ交換してもらいに自転車で出かけた。
自宅からは、ぶらぶらはしって20分。
ラジオ売り場とICレコーダ売り場、それからデジカメ売り場と自転車関連グッズ売り場をチェック。
スントのハートレートセンサー付きの腕時計を買いそうになってしまいましたが、寸でのところで寸でのところで思いとどまりました。(笑)
このまま、帰ってしまうのは芸がないとそのまま東に向かって走り出します。
東山をえっちらおっちら、京都女子大の横をぬけて、えっちらおっちら、5条坂に出ました。
うーん、坂はまだ続く。。。
せっかくなので、東山のピークポイント将軍塚まで行こうということで、坂をえっちらおっちら。
東山の将軍塚。自転車に乗り出してから行こう行こうと思っていけてなかったところです。
ここは、方位学からいうと、京都の東を守る霊獣「青龍」の住処だとか。
桓武天皇が都を制定するときに坂上田村麻呂の像に鎧甲冑を付け、弓矢、剣とともにこの地に埋め、都の平安を願ったという言い伝えがあり、都に禍起るとき、塚が鳴動するとのことです。(しらなかった。。。)
で、将軍塚(征夷大将軍)とのこと。
しばし休息の後、三条疎水側に降りて南禅寺を抜けて哲学の道をゆっくりゆっくり走ります。
南禅寺から銀閣寺に続くこの小道は、川端康成が愛した散歩道です。
平日ということもあり、人はまばら。
地道ですが、しっかり踏み固められていますので、ロードでも大丈夫でしょう。
(今日は、BSモールトンですが。。。)
今出川通りを西へ。
北野天満宮(天神さん)をすりぬけて西大路通りを南行し四条通りをまた西行。
桂川につきあたったところで、サイクリング道路を南行して桂離宮の横を抜けて自宅へ戻る。というコースでした。
時間のあるうちに、比叡山と大原も言って来ようと思っています。

将軍塚から京都市内を望みます。夜は100万ドルの夜景です。


本日の走行距離: 32km
今年の走行距離:850km

|

« 走行記録覚え | トップページ | BHI NEIM1031の実力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/41510026

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間の京都・東山・将軍塚:

« 走行記録覚え | トップページ | BHI NEIM1031の実力 »