« 流れ橋を越えて | トップページ | 墓参りに »

2008/06/15

京都・幕末・伏見

午前中、雨が降りだす前に、BSモールトンでポタリングしてきました。
幕末、勤皇の志士の舞台であり、京都の酒どころ伏見です。
お酒を運ぶための運河が巡っており、10石船が運航しています。
長建寺というちょっと変わったお寺はそのほとりにあり、芸事、お金の神様弁天様が祀られています。
このお寺でお授けいただける宝貝というコイン型のお守りは霊験あらたかということで、いただいてまいりました。
なかなか、イロっぽいお守りであります。(笑)
芸事(芸術)の神様なので、けっこうな有名人が、絵の奉納などされているようです。
近くには、月桂冠記念館などもあり、利き酒なども楽しめます。
今日は、時間がなかったので、後ろ髪をひかれる思い満点でしたが、パスしました。
また、幕末の事件、寺田屋騒動のあった旅籠「寺田屋」もあります。
坂本龍馬ゆかりの地でもあり、またゆっくり来ようと思います。
自転車で、40分ほどの距離ですぐ近くです。


長建寺

旅籠・寺田屋


本日の走行距離: 31km
今年の走行距離:978km

|

« 流れ橋を越えて | トップページ | 墓参りに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/41539696

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・幕末・伏見:

« 流れ橋を越えて | トップページ | 墓参りに »