« 新RX導入 | トップページ | DRM »

2008/08/28

SDR Perseusの経緯(いきさつ)

ひょんなことで、話題のSDRを手に入れることになりました。
この「ブツ」は、並行輸入品で業者さん(ナカトヨさん)経由で、大阪は千里の某所に開封されずに眠っておりました。
飲み会で、SDRの話題が出て時に、一緒に飲んでいた某W-OMが、実は未開封品がある。
しばらく忙しくしているので、セッティングの時間もないので、ヒマなNGO君いる?という有り難いお言葉でした。
飛びつかない訳がありません。
是非!ということで、そこらここらに隠してある「ハムスター貯金」をかき集めまして、引き取ってまいりました。

本日夜、セッティングの後、数時間使ってみましたが。。。
感度や混変調特性フィルタの切れなどは、現使用のRX達と変りません。
PCと接続ということで、心配したノイズも大型のスナップオンチョークをかましまくったせいか(これは、まぁ、お札みたいなものかと。。)特に気になりません。
インターフェースも良く考えられていて、英文の取扱説明書はとても分かりやすく書かれていて好感が持てました。
マウス+キーボードでとても簡単に操作が出来ます。
周波数+局名のデータベースが添付されていて、周波数を合わすとA08のスケジュールに合致した局名が表示されるのは便利です。
データベースの移植も簡単に出来そうです。
PCでコントロールなのですから、メモリ機能をつけてほしいなと思いました。
ソフトコントロールですので、次のバージョンアップでなんとかなるかな(要望があれば)と言う感じです。
スペクトラムスコープは周波数を横軸に信号強度やFFT表示も出来てバンドの様子が一目で分かります。
R9000のスコープも感動しましたが、こちらの方が一枚上手です。(設計が新しい?)
ソフトの改定によってどんどん良くなっていくのでしょうね。
何といっても場所を取らず、PCでBBSを見ながらワッチが出来るというのが、とても良いです。
PCはPentium Dual Core 2.1G メモリ2G搭載のデスクトップを使っていますが、バンド録音をしても能力不足ではないようです。
推奨は、2.5G以上のCoreDuo2のようですが。。
ラジオで聞いているより、処理の都合か0.5秒ほど再生が遅れますがこれはご愛敬。
こんなラジオがあったら、545とRX340があれば他はいらないかもしれません。
気になる音質ですが、悪くありませんしひずみもないです。
これはソフトの追加で何とでもなるのかなと思います。
いやー、便利な受信機です。
感動しました。

|

« 新RX導入 | トップページ | DRM »

コメント

NGOさん ご無沙汰しています。
PERSEUSおもしろいですよね。
普通の受信機のように1台では聞けない(パソコンが要る)ですが、シャックのパソコンが常に稼働してる方なら、すごく使い勝手がいい受信機だと思います。電源関係をクリアして、ゲリペに持ち出したいです。

投稿: Shin | 2008/08/29 11:39

Shinさん、

御無沙汰でございます。
お元気ですか?
PERSEUSいいですよ。
使い勝手は最高です。
視覚的に混信状況を確認して手をうてるというのはいいですね。
受信感度も悪くないです。
これから、こっちの方向に行くんでしょうね。
ネット環境と受信はもうセットもんのような気がします。
ネット情報を見ながら受信しておまけにデーターロギングして受信報告書を書いてしまうというスタイルです。
そのあと、データを開きなおして違う周波数の確認など、タイムマシンですわ。(笑)
何度でも最良の状態にチューンして録音できるというのも良いです。(笑)

投稿: NGO | 2008/09/01 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/42296408

この記事へのトラックバック一覧です: SDR Perseusの経緯(いきさつ):

« 新RX導入 | トップページ | DRM »