« 秋小散歩(ポタリング) | トップページ | A little tennis boy »

2008/09/25

PERSEUSのフロントエンド

Frontend
PERSEUSのコントロールソフトの左上にFRONT-ENDと称する3つのボタンがあります。
左にPresel、真ん中にPreamp、右にDitherです。
NGOはとりあえず全部ONなのですが、どんな効能があるんでしょう。
先ず、Preselですが、これはPreselecterの略で、英文の取説を読みますと、
このコントロール(ボタン)によりレシーバーにプリセレクションフィルタが挿入されます。
これは、バンド(帯域外)からのとても強い信号によりA/Dコンバータが飽和してしまった時などにとても有効です。
例えば、もし、中波を聞いている時に、このバンドに隣接する160mbや、80mbでアマチュア無線局が電波を発射した場合の解決になります。
プリセレクタをONにすることにより、このような場合やオーバーロードを減少させることができます。
次に、Preampです。
このコントロール(ボタン)はA/Dコンバータに仕込まれているプリアンプをONにします。
ONになった場合、わずかにダイナミックレンジを劣化させてしまいますが、感度が2dBほど改善されます。
放送の受信信号が強力である場合は、おそらくわからないレベルで、また空電ノイズなどが、受信機の固有ノイズより低い場合においても同様にあまり気がつかないでしょう。
(注:要するに、良好な受信環境で良好に受信できている場合は、あまり意味はないということなんでしょうね。なんじゃ、そりゃ~(笑))
さて、最後のDitherです。
正しくはADC DITHERINGだそうで、
このコントロール(ボタン)はA/Dコンバータのディザージェネレータです。
(※注:ディザーとは何かと何かの中間値を作るというような意味だと思います)
これによろスプリアス信号の増幅を減少させます。
スプリアスは受信感度アップ(2dB)をしないでおくことで改善されます。
ユーザは10mバンドなど非常に静かなバンドを聞く時以外はいつでもONにしてけばよいと思います。
と書いてあります。

プリセレクタをON/OFFにしても聴感上あまり変わりがないように思います。(気がついてないだけまも)
プリアンプはONすると、確かに微妙に感度があがることがわかります。
次のソフト改善では、3dBの上の10dBくらいのスイッチも欲しいところです。
ディザーのソフトウェア処理も感覚的にはどうなんだろうという感じですがダイナミックレンジの改善に有効なんだと思います。
ちなみにカタログスペックではダイナミックレンジは100dB(SSB,2.4kHz BW)、SFダイナミックレンジは110dBと優秀です。

|

« 秋小散歩(ポタリング) | トップページ | A little tennis boy »

コメント

NGOさん、こんにちは。Perseus使い込まれていますね。私は意味もわからず3つともONの状態です。よく読まないといけませんね。(笑)Perseusは、トロール受信ばかりが話題になっていますけど、私は受信機としても、とても使いやすいと思っております。視覚的に受信状態が確認できるので、混信除去、ノッチなど、とても使いやすいです。今後のソフトのバージョンアップには、WAVファイルから目的の周波数の受信音を取り出す機能とか期待します。PerseusのWAVファイルがサイズが大きすぎて、保存できませんから。。。

投稿: hiros_bcl777 | 2008/09/27 14:40

hiros_bcl777さん>
コメントありがとうございます。
3つともONで問題ないですよねぇ(笑)
しかし、プリアンプのスイッチをいれてもあんまり効果ないなぁと思っていたのですが、2dBとは。。。
PERSEUS自体Sメータは結構景気良く振ってくれているほうだと思いますがハイバンドでもう少しゲインが欲しいな(10dBプリアンプ)とも思います。
PERSEUSは、本当にいい受信機だと思います。
なんせ使いやすいです。
トロールをすると確かにでっかいwavファイルが。。。
それように300Gの速いハードディスクをつけましたが、あんまり使ってないです。

投稿: NGO | 2008/09/27 19:12

取り説は日本語版がAORからCD-ROMでどうも出るようです。
そうなるともう少し英語の苦手な方でも使いやすくなると思います。
名古屋だけでもそろそろ両手の台数になりそうです。

hiros_bcl777さん
確かに帯域録音は便利ですが、受信機としても良い受信機ですね。
目的局だけを録音するのであれば受信音をそのままWAVで録音されてはいかがですか?
ひろしさんはSDR-IQの音をそのままPCに入れておられます。
そうすればそれほどHDDに負担になりません。

何しろ最初北欧の連中がビバレージをつないで南北米MW局をトロールで取り込んで1日で50局確認などという使い方をしましたのでそればかりが注目されたようです。

投稿: 化石 | 2008/09/28 00:35

すごい勢いでPERSEUS増殖中ですね。
確かにこの受信機は画期的です。^^

投稿: NGO | 2008/09/30 17:56

NGOさんこんにちは。
最近PERSEUSを手に入れました。
この価格でここまでできるのはすごく良い受信機だと思います。
ところでソフトウェアが更新されてますね。
http://microtelecom.it/perseus/software.html

NEW!!! Perseus Software v1.1c (29 Sept. 2008 - 1.5 MB .zip file)
Release notes included.

投稿: くろねこ | 2008/10/04 14:47

くろねこさん、

コメントをありがとうございます。
そうですね1.1Cになっていますね。
ダブルコア+ズーム機能。
どうしてダブルコアっていうんでしょう。(笑)
とにかく、便利な受信機です。
最近は、こればっかり聞いていますが、カツカツの信号の場合、NRD545に分がありあそうです。
そんな状況はあまりないのですが。。。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿: NGO | 2008/10/06 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/42592229

この記事へのトラックバック一覧です: PERSEUSのフロントエンド:

« 秋小散歩(ポタリング) | トップページ | A little tennis boy »