« <引き続き>ウイルスバスター2009とPERSEUSソフトとの相性について | トップページ | HCJB日本語放送番組予告(2009年5月9日〜6月7日) »

2009/05/03

BSモールトンテンポラリー改造&試走

頸椎神経根症なるややこしい病気です。
こいつのせいで、首を上にあげると痛みが走ります。
普通に座っていても左肩がヌケそうに痛いことがあります。
ややこしいのは、その時々で色々なところに痛みがはしることです。
通常は、左腕から左親指がしびれています。
このまま、サイクリングをあきらめる気には到底なれず、それなら、首に負担のかからないポジションにして乗ることはできないかと考えました。
ひとつの結論が、ハンドル形状の変更です。
アップライトポジションにすべく、ハンドルはブロンプトンのアッパーハンドルを使うことにしました。
これにブレーキレバーとちょいとオシャレなウッドグリップそれからシマノのSISを取り付けました。
20kmチョイ走ってみましたが、ドロップハンドルと比較するとやはり風の影響をもろに受けます。
ポジションがアップライトだからしかたありません。
フォルムはドロップハンドルの方が圧倒的にかっこよいですしスピードも断然でます。
今回の変更でBSモールトンは、ママミニチャリ然となってしまいました。(がっくし。。。)
それでも乗れないよりは数段マシということで首が良くなるまで、これでがまんがまん。(治るとよいですが。。。)
これなら、首はちょっとマシです。
ポタリングタイプの自転車の出来上がりです。
Img_0025a

奥嵯峨野の風景、晩春
Img_0043a

本日の走行距離:  26km
今年の走行距離: 112km

|

« <引き続き>ウイルスバスター2009とPERSEUSソフトとの相性について | トップページ | HCJB日本語放送番組予告(2009年5月9日〜6月7日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/44887196

この記事へのトラックバック一覧です: BSモールトンテンポラリー改造&試走:

« <引き続き>ウイルスバスター2009とPERSEUSソフトとの相性について | トップページ | HCJB日本語放送番組予告(2009年5月9日〜6月7日) »