« いろいろ | トップページ | 抜歯 »

2009/10/04

京都の西から北を回ってきました

朝のHCJB日本語放送の後、ハンドルの位置をコンフォート仕様にしたロードレーサを久しぶりに外に出しました。
1年ぶりかもしれません。

自宅->(サイクリングロード南下)->羽束師(これで、はづかしと読みます)->(サイクリングロード北行)->嵐山->(東行)->嵯峨野->龍安寺->金閣寺->深泥ヶ池(ここ、心霊スポットです)->木野->宝ヶ池->(南行)->京都御所->(西行)->二条城->自宅

非常によい天気で、くっきりやけました。
日中は暑いですがそれでも自転車で走ると、風はずいぶんさわやかです。
DXの秋ではありますが、スポーツの秋でもあります。

左腕は指先まで相変わらず痺れています。(うむぅーー、負けてたまるかぁ。)

宝が池でのワンショット。後ろに京都国際会議場が見えます。
昭和41年(1966年に開館されたといいますから43年前の設計なんですね。
古さを感じさせず、科学特捜隊(これも古いか?(笑))の基地みたいでかっこ良いです。
設計者は、あの丹下段平、もとい、世界の丹下健三氏の片腕と言われる大谷幸夫氏です。
その右奥の山は、天台宗総本山「延暦寺」のある比叡山です。
比叡山からは、京都と滋賀県(琵琶湖)が一望でき、絶景です。
こんど、行ってこよう。(自転車で。。)

Img_0740a

本日の走行距離:  58km
今年の走行距離: 423km

|

« いろいろ | トップページ | 抜歯 »

コメント

NGOさん こんばんは なつかしい風景です。宝ヶ池のスワンは娘と乗った思い出があります。いつもNGOさんの京都だよりを楽しみにしています。抜歯されたとの由 お体大切にされてください。

投稿: 井上 | 2009/10/06 00:07

井上さん、

コメントをありがとうございます。
宝が池のお近くにお住まいでしょうか?
良いところですよね。
かれこれ40年程前小学生の頃に故あって良く行ったところです。
あのヘアピンカーブのキツネ坂も陸橋になってしまい、自動車しか走れなくなりました。
そのかわり旧キツネ坂が歩行者+自転車専用道路になりました。
宝が池のトンネルをぬけてしばらく行ったところは相変わらずおしゃれな喫茶店や外国自動車のディーラなど。
並木もきれいで本当に良いところです。
子供の楽園などにも良く行きました。
トランポリンはまだあるのかなぁ。

投稿: NGO | 2009/10/06 23:45

NGOさんは、モールトンだけでなくロードもお持ちだったのですね。羨ましい限りです。
(可変アヘッドがあるのも初めて知りましたので浦島太郎状態です。TREKとありますが京都にもあるのですね。)

宝ヶ池は昼も夜もヨロシイデスヨネ。
ああ懐かしいなぁ。

投稿: ぎんが | 2009/10/15 19:45

あれぇ、ぎんがさん、自転車のりでしたか?
もう、長いお付き合いなのに、しらなんだ。。。
ロードはもう足掛け4年、BSモールトンは3年ですかね。
いっぺん買ったら、腐りませんし、10年くらいは乗れるので、健康・運動機器としてはペイするかと思います。
でも、もうよう買いません。(金欠。。。)
自転車楽しいですわ。
ハラもへっ込むような気がしますし。
実際は、週末にちょろちょろ乗ってるくらいでは、へっ込みません。。

投稿: NGO | 2009/10/15 21:35

NGOさん、ありがとうございます。
私はママチャリしか現在はないですよ。
昔、BSのランドナー「ユーラシア」に乗ってましたが(笑)

ただ、コンパクトな自転車には興味ありますね。
BSの「トランジット」とか。(今は1タイプしかないようですね。)
NGOさんのBSモールトンは「ミニ」と同様のラバーコンプレッサが装備されてますよね。これ良いですね。

投稿: ぎんが | 2009/10/16 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/46392175

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の西から北を回ってきました:

« いろいろ | トップページ | 抜歯 »