« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »

2009/02/28

PERSEUSサードパーティソフト~BobCAT

BobCATというアプリケーションをインストールしました。
これはPERSEUSに張り付いて、VFOA/Bの切り替えや、所望の放送バンドへの手軽なQSY(移動)、クイックメモリーセーブやリコールを可能にするソフトです。
Sメータの表示もなかなかおしゃれで雰囲気があります。
表示色は、下のグリーンの他、オレンジ(IC-R75風)が選択可能です。
ボタンを押しますと上に移動し、データベースウインドウへのアクセスができます。
なかなか便利です。
ここ↓からダウンロード可能です。
http://www.cqdx.it/woodbox/BobCAT.html

このソフトをPERSEUSにインストールし、動作させるためにはNull-Modem emulator(com0com)という、バーチャルシリアルポートドライバソフト(FreeSoft)をインストールしcomポートの設定をする必要があります。
ここ↓からダウンロードできます。
http://sourceforge.net/projects/com0com

または、VAC(バーチャルオーディオケーブル)ソフトウェアをインストールしておいてもよいでしょう。
こちらは有料ソフトですがDRM復調ソフトのDreamにPERSEUSで受信したDRM信号を入力するために必要ですので、買っておいてもソンはないかなと思います。
いろいろ種類はあるようですが、私は先達のOMにご紹介いただいた、これ↓を使っています。
http://software.muzychenko.net/eng/vac.html
設定にはちょいとしたコツがあるようです。
これも、OMに教えていただきました。

VACの関して、FreeSoftがある様にも思いますが、定かではありません。


Bobcat


| | コメント (3) | トラックバック (1)

PERSEUSのACアダプタ

思いついたように書きます。
PERSEUSには専用のACアダプタが付属しています。
如何にも安物(笑)のスイッチング式のACアダプタです。
小さくて良いのですが、あのサイズでは、充分なEMI(不要輻射)対策は出来ていないと思われます。
そこで、トランスタイプのACアダプタです。
PERSEUSにはDC5Vの定電圧電源が必要です。
ところがトランスタイプのACアダプタは定電圧ではありません。
例えば、5VDC-1Aと書いてある場合、無付加で10VDC、1A負荷で5VDC前後となります。
PERSEUSの消費電流(負荷)がACアダプタ出力5VDCとなる様に、いつも都合よくしかも一定なら良いのですが、そんな事があるはずがありません。
おまけに、トランスタイプのACアダプタ自身もそれほど安定しているものではありません。

トランスタイプのACアダプタを買ってきて、定格に5VDCと表示があっても、絶対そのままつないではいけませんよ。
へたすりゃ、折角のPERSEUSがおしゃかです。なまんだぶ、なまんだぶ。(念のため)

そこで、DC7V-1A程度のACアダプタを見つけてきて、7805(L)などのレギュレータで定電圧回路を作って5VDCを作り、PERSEUSに供給しましょう。
あるいは、定電圧電源器で5VDCを供給するのが良いでしょう。
定電圧電源器は、品物によって5VDCが出せないものもあるので注意が必要です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »