« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »

2010/06/12

BROMPTON サドル-ペダルポジション出し 奥嵯峨野

いよいよ梅雨のシーズンがやってきそうです。
天気予報によれば、今日が最後のドピーカン晴れで、明日から雨模様。
ならばということで、BROMPTOMで奥嵯峨野に行ってきました。
以前使っていたブルックスにサドルを変えて、ワイヤレスのスピードメータを装着しました。

どうもペダルに力がかからないなぁとひざっこぞうからおもりを付けた糸を垂らします。
うーん、サドルが前過ぎるのか。。
で、サドルを目いっぱい後ろにさげて。またしばらくこいでみます。
どうもしっくりこない。。
これ以上後ろに行かないので、しかたがありません、シートポストのやぐらを180度くりんと中返りさせました。
で、サドルを後ろへ。
しばらくこぎます。
いい感じになりました。
そうすると、ハンドルの位置がちょっと気になります。
ハンドルを、もう少し自分の身側に倒して調整。
今のところ良い感じのポジションになりました。
ポジション出しは、ちょっと走ってみると、良い悪いが分かります。
自宅から、嵐山をぬけて、奥嵯峨野まで行ってきました。
うろうろ25kmほど走りました。
ブルックスのサドルはこれでもう1000km程走っています。
そこそこなじんできているのですが、アップライトのポジションでドスンと座っていると20kmも走るとお尻が痛くなります。
BROMPTOMに乗るときは、ロードに乗るときほどのカッコに着替えなくてもよいことが、大きなメリットのひとつなのですが、パット付きのアンダーパンツははいておいた方が良さそうです。

本日走って感じたこと。
1.外装2速の重たい方X内装変速機の真ん中のギア選択が、平坦な道では快適。
2.上のギア比で時速16km~22km位のスピードがスイートスポット。
少々の向かい風もかえって気持ちよいほど。(今日は暑かったのでそう感じたのかもしれませんが。)
3.乗ったのは2回目ですが、もうそこらかしこにキズが付いたり塗装がはがれたりしています。
  手入れはしても、新品のピカピカよりちょっとくたびれた風情の方がカッコ良い自転車だと気が付きました。
  このあたりは、ロードとかBSモールトンとは違います。(笑)


梅雨か。。
平日は雨降りでも良いので、週末は晴れて欲しいものです。

P1110162b

本日の走行距離:     25km(BRO)

今年の走行距離:    366km(ロード)
               217km(BSM)
                45km(BRO)

今年の走行距離合計: 628km


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/06

BROMPTON M6Lがやってきた

イギリスで、殆ど手作りでフレームを作っている、BROMPTONという自転車がこの金曜日にやってきました。
フレームは、クロモリ鋼でそのほかのパーツは殆どがアルミニウムです。
私はGOLFはしませんので、車にゴルフバックを積んでどこかの打ちっぱなしに行くということはありません。
で、ゴルフバックの換わりにこれをトランクに放り込んで、4+2(自動車+自転車)/パークアンドライド、あるいは、電車で目的地まで行って、ちょっと自転車に乗って周辺見物という「輪行」目的で購入しました。
外装変速機2段、内装変速機3段の計6段変速のなんの変哲もない自転車です。
どれくらい走るのか、自宅から、往復18kmの羽束師橋(はずかしばし)まで行ってきました。

印象:
1.スピードは出ません。
2.全体の挙動(乗り心地)はシャープなところが一切なくクロモリのフレームマルだし(笑)です。
3.値段の高いママチャリ

良いところ:
1.手早く小さくたためるところ。(本当に小さくなり、これは感動です。)
2.お座りをして自立する機構。
3.ルックスはオールドファッションでちょいお洒落で、かわいらしいです。

なんじゃこれは?というところ
1.走りに関してはなんの魅力もなし。見事なほど何の感動もありません。(これ、ちょっと致命的。)
2.チープな変速機の操作部(これが良いという人もいるのでしょうが。。。)
3.見事なほどスピードが出ない。(まぁ、そんな目的の自転車ぢぁないし。。)
4.アップライトの姿勢で乗るので、お尻がすぐ痛くなる。(ブルックスのサドルに変えます)
5.自転車に乗ること自体が楽しくない。(時速15kmくらいで街中をきょろきょろしながら走るにはよいでしょう。)
6.内装の変速機を操作するときは、ペダルをこぐのをやめないといけない。(いまどきなんだ、こりゃ。)
7.気をつけないと、ペダルをこぐときに「靴のかかと付近」がシートポストの根元の後ろにあるタマころ(小さく折りたたんだ時にコロコロ転がすように付いている)に時々引っかかり、これが結構ストレスになる。(引っかからないタマころがオプションであるようです。)

とまぁ、こんな感じでしょうか。
自宅から乗り出すときには、「絶対選択しない」自転車です。

風との一体感や、ペダリングの快感、爽快感はロードレーサやBSモールトンとは比べ物になりません。
この自転車は短距離(きっと10km~20kmくらい)の「持ち運び可能な」、「移動手段」以外のなにものでもありません。
あとは、大人の乗ることのできるプラモデルでしょうか?(改造パーツが結構あるようで。。。)

最初の1台として、自転車の爽快感を味わいたい方には、「全くお勧めいたしません。」
この価格なら、入門向けのロードレーサがあります。

こんな感じの自転車です。(白は特別色で、よく見かけるのは、赤と緑)
P1110159a

おすわりします。スタンドは要りません。(笑)
P1110160a

本日の走行距離:     20km(BRO)

今年の走行距離:    366km(ロード)
               217km(BSM)
                20km(BRO)

今年の走行距離合計: 603km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »