« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »

2010/10/02

ΔLOOP9/ALA1530聞き比べ<31mb>

さて、国際放送の大通り、31mbです。

ΔLOOP9
Dl9_31mb

ALA1530
Ala_31mb

ワッチしているのは、9600kHzのRadio Habana Qubaです。
21時になるまでは上記のような様子で、CRIをやや抑え気味でスペイン語が優勢でした。
ΔLOOP9 SINPO=33433
ALA1530 SINPO=43433

ノイズフロアは12dBほど差があり、受信信号の強度も同じくらいです。(Sメータ上の-dBm表示)
受信の実際としてはあまり差はないのですがΔLOOP9の方が全体的に静かでききやすいです。

もうひとつ受信の画面を、、、

ΔLOOP9
Dl9_3_31mb

Ala3_31mb

これは、9580kHz R.Australiaの英語放送です。
週末だからでしょうか、カントリー風の音楽を間にはさみながら、男女のアナウンサーが楽しくおしゃべりしています。
ハムを使った料理のレシピの話しですね。おいしいっていったって、食わしてもらわんとわからんよ~なんて男性アナウンサーが言ってます。(笑)

ΔLOOP9  SINPO=33533
ALA1530 SINPO=33533

数値としては同じような感じですが、S/N比的には、ΔLOOP9の方が良い感じで聞きやすいです。
しかし、欲を言えばもう少しゲインが欲しいかなぁ。。

この一連の通し受信が終われば、AMPの定数の変更を致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋が始まった奥嵯峨野

秋晴れといってよい天気です。
いつものように、HCJBを聞き(今日は、関東リスナー集会のもようその1)、受信報告書を書き、ブロンプトンで自転車散歩です。
いつもの奥嵯峨野まで。(2週間ぶり)
秋が始まったせいか、バズーカ砲(超望遠カメラ)+三脚の写真マニアが20人以上、ある方向に砲身を向けています。
ん?何があるんだ?
よくわかりませんが、彼岸花(曼珠沙華)が田んぼのエッジに咲いています。
と思うと、ひまわりが咲いていたり。。。
長かった夏のなごりとやってくる秋が出会っているようです。
吹く風は汗をかいた身体にちょうど良いくらいでした。

カメラは?、、おおっと、忘れたぁということで、携帯電話のカメラでパチリ。。
赤いラインが曼珠沙華です。
20101002097c

化野(あだしの)念仏時へ続く石畳
20101002099c

本日の走行距離:      30km(BRO)

今年の走行距離:     436km(ロード)
                288km(BSM)
                333km(BRO)

今年の走行距離合計: 1057km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ΔLOOP9/ALA1530聞き比べ<25mb>

受信日時と時間が分からんではないか!
とお叱りのメールをいただきました。
えー、受信日時はPERSEUSの画面の左下にUTC表示がされています。
下のDL9の画面でしたら、
Date: Sat 02 Oct-2010 Time 07:39:59
とあります。
UTC+9時間=JST(日本時間)ですので、
受信日時は2010年10月2日 16:39:59となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ΔLOOP9
Dl9_25mb

ALA1530
Ala_25mb

受信しているのは12000kHz RDP Int’です。

PERSEUSでの受信
ΔLOOP9  SINPO=35543
ALA1530 SINPO=45544

※NRD545でも聞き比べましたが上記と同等です。
フロアノイズ差は5dBほど
ありΔLOOP9の方が低いです。
RDP Int’の信号は、7dBほどALA1530の方が良いですからS/N比としては数値的には同等ですが、フェーディングの谷でΔLOOP9での受信では一瞬ですが若干厳しくなります。
それではと、外部アンプを持ち出し、フロアレベルに若干影響が出る程度、アンプしてみましたらALA1530と遜色なくなりました。
目を閉じて聞き比べますと、どっちがどっちか分かりません。
引き分けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ΔLOOP9/ALA1530聞き比べ<49mb>

ΔLOOP9
Dl9_49mb

ALA1530
Ala_49mb

全体的にΔLOOP9が大人しいですね。
15dBほどALA1530が勝っているような感じです。
6240kHzより上のフロアノイズを見ますと同じくらいですので、受信信号強度がそのままS/N比として反映します。

受信しているのは、5955kHzのR.Nederland 英語プログラムです。
PERSEUSですと
ΔLOOP9  SINPO=45544
ALA1530 SINPO=55544
ですが、聴感上差異はありません。
NRD545での受信ですと、どちらのアンテナもS=9をオーバーします。
ΔLOOP9  SINPO=55544
ALA1530 SINPO=55544
ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/09/28

ΔLOOP9/ALA1530聞き比べ<19mb>

ΔLOOP9
Dl9_19mb

ALA1530
Ala_19mb

おーい、49mb、41mb、31mb、25mbはどこ言ったぁ~。
はいはい。
忘れていません。
日曜日の朝に15525kHzのHCJB日本語放送を聞いていたものですから、ついでに比較です。
SINPO的には同じ感じです。
SINPO=45544です。
両方ともSメータは7~8の間です。
545で聞きますと9をこえるか、こえないあたりです。
それから、フロアノイズでSメータが振れることはありません。

このバンドあたりでは、ΔLOOP9も、ALA1530も7もう少しゲインが欲しいです。
まぁ、静かなバンドですし、大出力の欧州局と時々アフリカ局というバンドですので、不便を感じることはないのですが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/26

ΔLOOP9/ALA1530聞き比べ<60mb>

ΔLOOP9
Dl9_60mb

ALA1530
Ala_60mb

スペクトラム上ではALA1530のほうがフロアノイズが10dBほど高い感じです。
空き周波数をNRD545で聞き比べますと、NRD545では時々Sメータが1つ振れ、ΔLOOP9では全く触れません。
PERSEUSよりNRD545のほうが受信機自体ノイジーではないんでしょうね。

上は9月26日AM02時(JST)のバンドの様子で、バンド全体を見ながら、5040kHzのAIRを受信しています。
インド音楽が眠気を誘います。(笑)
このバンドではS/N比的には、ALA1530のほうがやや優勢ではないかと思われます。
5040kHz AIR
ALA1530:SINPO=35433
ΔLOOP9: SINPO=25432
フェーデングがやや早く、深いため聴感上もALAに軍配があがります。

※バンドを上までサーチした後、アンプゲインをオリジナルに戻して、再度聞き比べをしたほうが良いかもしれません。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »