« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/29

余裕ということについて

2週間ほどイングランドに行ってまいりまして滞在していて、それから帰ってきて感じたことをば。。

イギリスでは創業5年ほどのベンチャー企業のみなさんと話しをしていました。
ベンチャー5年といえば、まだまだバリバリ、「生き馬の目を抜く」ような勢いとぎらぎらしたものを持って仕事をしていなければ「いけない」という固定観念が経験上あるのですが、彼らは余裕というか、NGOにはないものを持っています。

彼は、ベンチャーで成功したい!と言います。
成功というのは、平たく言って、人生に彩りを添える名声や栄誉、それから充分な報酬のことです。
50歳くらいでエクジットして手に入れたもので「悠々人生」か次のチャレンジをしたいと言うようなことで、これを言葉としてはっきり言います。

でも余裕があるんですね。
そういってる彼らですが、こちらから見てると、

「仕事」は、人生のほんの一部でしかない。

という感じなんです、これが。

8時半くらいから仕事を始めて、5時には終了し、とっとと帰ります。
もう、本当にとっとと帰る。
「バァーイ!」ちゅう感じです。
もちろん週末は必ずお休みです。
ちゃんと休みをとってリラックスしないと平日の仕事のクオリティーに影響が出るのだそうです。

で、家の近くには(パブリックコートですが)テニスコートがあり、数時間テニスで汗を流し、その後、家族と夕食を楽しむというコースです。
家は、石造り、築50年はザラで100年ものもあります。
でもとても良く手入れされていて、100年たってるとはとっても見えません。
古くて(100年)手入れされている家は非常に高価なんだそうですが。
もちろん、フロントポーチやバックヤードもたっぷりあります。
(我が家は築25年で、だいぶボロくなってきました。あと数年で雨漏りが始まるかも。。。)

なんか余裕があるんですね、イギリス人。

こっちは、「余裕をもって仕事をしよう。」なんて、言ったり、思ったりしているその時点でもう、余裕がないような感じです。
確かにイギリスにいる間、時間がゆっくり過ぎていくという感じがしました。
15分でする仕事を30分かけて、その上ダブルチェックをするという感じでしょうか?
で、バァーイ!です。(笑)

同じ島国なのに、ほんにうらやましい。

スクラップ&ビルドを繰り返し、戦争に負け、蓄積のないクニと、古いものを綿々とつむぎ、大切に使い、社会のインフラとして残し蓄積してきた、しかも、他民族と戦争をして一度も負けたことの無い(と思っていますが)クニとの違いでしょうか?

あー、余裕のある社会のなかで、気持ちに余裕をもって暮らしたいものです。
やつらは、TAXも高いし、生活物価も高いし、失業率も日本に比べ遥かに高いのに、社会に、そして個人に余裕があるように見えます。

強烈な階級社会で、実は見えないところに極端に余裕の無い人がいっぱいいて、でもそのような人達への社会保障も日本に比べ大変充実しているようにも思えます。
日本に比べて保障を受ける権利を含む、個人に対する権利といったものに対する意識もとても高く見えます。

どうなんだろう?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/05/28

オトコの趣味は浪漫の塊なんだなぁ、これが。 と独り言

寝坊できる休みの日にもなぜあわてて飛んで行くの?

ユーミンが「草野球」で問いかけています。
オトコはバカみたいに一生懸命何かをするんですね。
このカレは実は大して野球は上手ではないんですよ。
でも眠たい目をこすって出かけていくんです。(笑)

趣味ちゅうのはなんかそういうもんのような気がします。
誰かに強制させられるものではなく、自分で気のすむように一生懸命やってみたり、リラックスしてやってみたり。
楽しみ方は幾万通りであります。

NGOの知り合いにNSXを2台持ってる御仁がいます。
2台ある理由は、壊れてなくなったらいやだからなんだそうです。
んで、時々乗ってござる。
そこで、車の能力、(加速性能や、ハンドリングなど)を100%出し切ることなんて出来ないですよね。
でも、本人は大満足なんですな。
聞いて恐ろし、見ていやらしい、添って嬉や奇兵隊
ちゅうのが奇兵隊の軍歌だそうですが、
聞いて楽しい、見て美しい、触れてたのしや受信装置
という感じでどうでしょう?

もちろん、聞いたことの無い放送局をつかまえる、いわゆるDXハンティングはエキサイティングでありますが、
良い受信機を手に入れればきっと「あの放送局」が受信できるとか、
あのDXerなみに聞こえるにちげーねぇとかね。
中学生のあの昔より自由になるお金がちょっとはあったり、で、それをコソコソちょっとづつ貯めます。
(あっ、コレ大事です。コソコソ、ハムスターのようにカミさんの目を盗んでためるところにまた面白みが。。ちょうど映画大脱走の様に隠れてトンネルを掘る、見つからずに掘るというドキドキ感にも似た。。。。。)

で、買うわけです。受信機。
しかーし、前もっているのと聞き比べて決定的に違うことなんてありゃしない。
実際に気がつきます。
へっへ、こっちは聞こえるけど、あっちでは聞こえないということってあんまり無いです。
しかし、夢ですね、浪漫ですね。
受信機欲しくなりますね。(ちょっといいやつ)
もう、所有欲ですね、コレクションですね。
で、時々電源を入れて聞き比べます。
受信機達は受信状況によって、得意不得意があったりしてまたこれが面白い。

アンテナもしかりです。
環境にあったアンテナと出会えたときの喜びたるや、これは放尿、脱糞ものです。
(アンテナ選びはサイコロ博打とどこかのOMが言われてましたなぁ。)

NGOの場合、最初のダッフンダァ~、はALA1530でした。
それからその次は、ΔLOOP5あたりでありました。
今、更に高性能になったΔLOOP9を使っています。
LOOP系は2本上がっていますが、バンドや受信の状況によっては、もう一本あげているクッシュクラフトのR8Jが良かったりもするんですね。

アンテナも、実は1本あれば良いです。
2系統に分配して受信機が2台あればパラチェックもできます。
でもそんなことしなくっても良いです。
シュミの楽しみかたは千差万別です。
周辺気温を上昇させるような楽しみ方もありますし、ハンディーラジオ+ホイップで軽くR.Japanを聞き流しているというのもありでしょう。

でーも、聞き流すにしても良く聞こえるほうが良いでしょうから、
1.良いアンテナ
混信を回避してクリアに放送を楽しみたいでしょうから、
2.混信除去機能を備えた通信型受信機
コレクションの彩りも備えたいのであれば、
3.アンテナと、ラジオや受信機をいっぱい。。。

放送を聞きたければ聞く、受信機をいじりたければいじる。
休みの日にはその中で、うずもれて過ごす。(あー、、最高!)
アンテナに工夫がしたければそうする。
何もしたくなければなにもしない。

それで良いと思いますね。
普通にBCL楽しむんなら。

それで、仲間が出来て、周辺温度が熱を帯びてくるとなればそれはそれでまたむちゃくちゃ楽しい。
これがシュミちゅうものではないかと。。。

自転車シュミもバイクシュミも一緒。
乗りたい人もいれば、磨きたい人もいる。
ピカピカにして飾っておきたいという人もいる。
いろいろですな。

NGOはラジオも含めるともう受信機は何台あるか分からんくらい沢山あります。
ああ幸せ。。。
アンテナも沢山あります。(HF、VHF、UHF)
ほんとに幸せ。。。(笑)

でもあまり綺麗に聞こえません。
でもこれは誰かと比べてという話しですので、くらべなければ問題ないでしょう。
  

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/05/27

久しぶりの欧州

本日イングランドから帰国しました。
ちょっと長丁場でもあり、ネーダーランドに行くべしで、ニューキャッスル空港にいきましたら全便欠航とのニュースでがっかりです。
ヒースローは大丈夫みたいだったのになぁ~。
取れる飛行機便(時間)の都合を見ると打ち合わせはどうしても無理みたいです。
しかたがないので、チケット取り直しの算段とネーダーランドでのホテルのキャンセル、打ち合わせ先アポのキャンセル、イングランドでのホテルの取り直しなどバタバタしました。
で、後数日イングランドに残り仕事をすることにしました。

もうちょっとでスコットランドというイングランドの北のハズレの空港に日本から観光に来る人も少ないんでしょうけど、今回のような火山噴火みたいな突発的天変地異で飛行機が飛ばない、しかも日本への直行便はないみたいなところに添乗員なしの安いツアーで来ている観光のお客さんなんかはどうするんでしょうね。
なにはともあれ、激しい出張月間になりそうな第一弾が済みました。
次は、香港->中国とそのあとに、マレーシア->中国、そのあと、米国がこの一ヶ月の間に待っています。

ちょっとおしゃれな実用自転車(イギリスっぽいですね)
P1120437a
BROMPTONの祖国なれど滞在中に見たのは一台だけでした。
モールトンにいたってはゼロ。
日本での遭遇率のほうがはるかに高いです。。。
実は、日本だけでうれている?(笑)


我々は木の文化、彼らは石の文化
一般住宅でも築100年てなのがあり、古いほど高価なんだそうです。
P1120445a

しかし、ビールはどこでもおいしいのだ。
P1120339a

やつらは、平日仕事が終わる5時~6時から、週末は、もう午後一番から、パブで飲んだくれてますなぁ。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/05/16

出張の準備

明日から、イングランドとネーダランドに出張です。
殆ど単独行ですので、準備なども大変で疲れます。
だいたい、一人で仕事をしていること自体、NGOの性格からして信じられませんな。(笑)
うまい事いったら、一緒に喜び、うまい事いかなければ、ともに悔しがる「仲間」がいないと調子が出ません。
いやなやつと出くわせば、その夜は、そのいやなやつを思い出し、共に悪口雑言、罵倒を浴びせつつ、酒を酌み交わすというのではないと楽しくありません。

何はともあれ、かなり大きい+重い荷物を持って出かけてきます。
帰国は、27日の金曜日です。

やれやれ、行って来ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/14

そうだ京都、行こう<京都市街にある最も美しい南北の通り>

ゴールデンウィークが終り、仕事が始まった途端に大雨が続きました。
「大雨警報発令中」が続きましたが、この週末は打って変わっての初夏の日和。
こんな日も京都は美しいです。
(しとしと小雨の京都も情緒がありますが。。。)

アマチュア無線の局免更新の書類を買いに、京都の南にある無線機屋さんに自転車で出かけました。
あまりに良い天気なので、ちょっと京都市内をサイクリングです。

京都にはとても綺麗な通りが沢山あります。
以前、二条城前の柳並木(堀川通りと言います)をご紹介いたしましたが、京都市内を走る南北の大きな通りで、最も美しいのは「川端通り」です。(もう、断言します。)
川端通りは、京都市内を北は北大路通り(実際は北山通り)まで、南は大体九条通りのあたりまで、15km以上の長さで貫通りで、かも川(流れる場所によって、賀茂川であったり鴨川)です。
この鴨川の東岸の土手が川端通りです。
もう、この通りの美しさといったら、ありゃしません。
土手の上にも下にも遊歩道がずーーっと続き、鴨川を挟んで西側の土手を見ますと、今の季節ならばそろそろ「床(ゆか)」が始まっています。
あ、情緒満点です。

色々と異論がおありのかたもおられるでしょう。
でも京都市外で美しい大通りといえば、南北は川端通り、東西は北山通りで決まりです。

これは川の東岸の土手の上です。(川端通り)
こんな並木がづっと続きます。
P1120195b

で、川側の土手を降りますとこんな感じで、地道と石畳の遊歩道が続きます。
ええ感じでしょう?
P1120200b

川をはさんだむこう側では、床(ゆか)が始まっています。
床は京都の風物詩であります。
この写真は祇園、先斗町(ぽんとちょう)のあたりですね。
P1120193b

ぐるっと京都を大回りしていつもの奥嵯峨野です。
この入り口、何屋さんかわかります?
P1120207b

奥嵯峨野は春から初夏の間という感じです。
まだ、田んぼに水は張られていません。
良い季節です。
P1120211b

さっきの門構えは、うどん屋さんなんですね。
これもいい感じでしょ?
P1120208b

本日の走行距離:      46km(BRO)

今年の走行距離:     000km(ロード)
                036km(BSM)
                270km(BRO)

今年の走行距離合計:   306km


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/08

実家まで

j昨日訪ねた京都西山・善峯寺のご本尊は十一面千手観音様です。
千手観音様は、子年のご本尊、守り仏でもあります。(NGOは子年生まれです。)
薬師如来様もおられ、病気平癒などのご利益があるとされています。
お守りをGETしまして、本日、「母の日」のプレゼントにお守りちゅうのもなんあのですが、実家に花とかと一緒に届けてきました。

本日の走行距離:      23km(BRO)

今年の走行距離:     000km(ロード)
                036km(BSM)
                224km(BRO)

今年の走行距離合計:   260km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ΔLOOP10 設置

大阪の影山さんからお預かりした、ΔLOOP10を屋根に設置しました。
これは2号機で、影山さんのお家にあるのが1号機だそうです。
(まだ、世の中に2台のプロトタイプだそうで、なんかちょっと嬉しい。♪~)

設置といっても、今あがっているΔLOOP9の屋外ユニットを交換するだけです。
それにあわせて屋内ユニットも一箇所改造が必要ですがたいしたことはありません。

ファーストインプレッションは静粛なループアンテナであるという一言です。
ΔLOOP9との差はまだ良く分かりません。
ループアンテナのリファレンスであるALA1530と比較してみたいと思います。

影山さん、しばしお借りして比較なんぞをしたいと思います。
よろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/07

京都西山善峯寺

京都の西山にある善峯寺は西国33箇所の第20番札所です。
広大な敷地は季節の花がいっぱい咲き、花の寺としても有名です。
また遊龍の松という天然記念物の見事な松もあります。
お寺からは京都市が展望でき、これまた絶景です。7

毎年、この季節になると訪れます。
自転車でくるのですが、坂がなかなかしんどいです。

凛とした佇まいの境内の回廊です。
Dsc_0064a

京都市を展望します。
Dsc_0056a

夢のような綺麗な花です。なんだろう?
Dsc_0054a

本日の走行距離:      30km(BRO)

今年の走行距離:     000km(ロード)
                036km(BSM)
                201km(BRO)

今年の走行距離合計:   237km


| | コメント (2) | トラックバック (0)

デルタループ10現る

午前中に影山さんとお会いしてデルタループ10(天)のアンテナエレメント側アンプ側ユニットをお預かりしました。
現在稼働中のΔループ9のアンテナエレメント側アンプと交換し、室内ユニットの電源回りを一箇所改造すれば直ぐ稼動します。
今日中に室内ユニットをちょこっと改造して明日屋根に上げたいと思っています。
そうとう練られた回路のようですので、性能が楽しみであります。

余談ですが、影山さんに連れていただいた大阪茨木のラーメン屋さんはなかなかのモンでした。
自家製麺が太めのモチモチで、茹で上げるのに時間がかかります。
鉢一杯にしきつめられたチャーシュゥと醤油ベースのスープが絶妙でした。
麺の量は2倍か3倍くらいまでリクエストでき値段は同じと良心的です。
NGOは1.2倍盛にしましたが、普通サイズでも充分満足できる量です。
んで、値段はえーっと700円でしたっけ。ん??
普通のラーメンは600円で100円出すと鉢一杯のチャーシュゥがついてきます。
11:30開店なので、それにあわせていきましたが、あっという間に満席になりました。
これ以上満席になっては困りますので、お店の名前は非公開です。(笑)
どうしても行ってみたいという方がおられましたら、ご連絡下さいまし。
こっそり、お教えいたします。(笑)

おーーっ、ラーメンのほうの話題がΔループ10より長い。。(汗)
でも、麺だけに話しが長いということで、ご勘弁!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/02

時が止まった小学校(分校)

連休の中のフツーの日なのですがお休みです。
子供は学校、カミさんは仕事で、ヒマなのは私ひとりだったりします。
で、バイクに乗ってきました。
京都の市内から洛北の大原(三千院のあるところ)を抜け、朽木から敦賀に抜ける通称、さば街道を走ってきました。
さば街道はその名の通り、昔むかし、日本海で捕れたさばを京都に持ってくるための輸送ルートだったそうです。
鯖寿司を買ったのは言うまでもありません。
さば街道に抜けるまでの横道に百井(ももい)峠というところがあり、峠を越えたところに小さな集落が広がっています。
そこに京都市立大原小学校(百井分校)があります。
もう使われなくなって随分経っている感じですが、中を覗いてみますと黒板にはまだチョークや字消しがあったり、黒光りの電話(黒電話)が職員室においてあったり、まるで映画のセットのような、この空間だけ時間が止まっている感じです。
鍵はかかっているところとかかっていないところがあり、中に入ることも出来そうなのですが、微妙に保たれているこの空間と雰囲気を壊してはならぬという思いと、誰かが大切にしている想い出に土足で立ち入るような気がして、外から一枚だけ写真を撮りました。
とても不思議な感じのする空間でした。

小学校
P1120168a

里はれんげ(畑)がいっぱい
P1120175b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »