« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ | 2011年3月27日 - 2011年4月2日 »

2011/03/26

ちょっと、ヤだったこと

本日は、ある人のお誘いで、パーティーに行ってきました。
某国公立大学の教授が退官されるパーティーで最後の講義です。
この教授は気さくな方で、私が人生の岐路に立ったとき、「なぁ、NGO君、人生いたるところに、青山あり!、やさかい、がんばれ!」とニコニコしていって下さいました。
スーパー科学者であり、なかなかの人物です。

で、19時から講堂で講義が始まりました。
生物科学に関するお話しで、大変面白い講義でした。

問題はそのあとです。

その後、レセプションで、今回お誘いいただいた方から、ある大学の学長をFace to Faceでご紹介いただきました。
この人と学長は相当懇意の仲のようです。
私とこの人もまぁ、懇意であり、良い人で私は大好きであります。
でも、私から学長を紹介してくれと頼んだわけではなんでもないんですね。(これ、大事)

大学の学長なんてプライベードでも、仕事でも何の関係もありませんから、「あー、どうも。」でよかったのかもしれませんが、紹介していただいた方の顔もありますので、名刺を出してご挨拶です。
向こうは、「うむっ」という感じで受け取ります。
受け取るだけです。
そのときの場にいないと良く分からないと思うのですが、こっちにしてみれば、 「へっ?」って感じでした。
そのあと、その学長は、よその誰かと名刺交換していました。(なんだ、持ってるんじゃん。)

あんたの名刺を使って、祇園で飲んだりしませんよーーだっ。(笑)

なんか、イヤな感じでした。(はははっ)
思うに、何の関係も無い人から、「見下された感」を感じたのがイヤだったんでしょうね。

こっちも、「あー、どうも~」ですましたったらよかった。。。

教授の講義は良かったですが、たいそうのお金と時間と気を使った数時間でした。
なかなか高いまさしく授業料でありました。
ちゃんちゃん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/03/20

HCJBが震災特別番組を企画

HCJB日本語放送の、尾崎先生からのニュースがあります。

東北地方太平洋沖地震の状況を知り、
HCJBオーストラリアから、番組を30分延長して、被災者の方々向けの放送を
しないかと連絡があったそうです。

そのため、次週3/26(土)のサタデートークの後、8時から30分の
特別放送を企画したいとのことです。

この番組では、とくにHCJBリスナーの方々の安否情報を流すとともに、
国内や海外からの『励ましのメッセージ』や被災者義援金の窓口を
紹介したいと考えているそうです。 そこで、みなさまの周辺で被災地に
住むリスナーの方の消息をご存知でしたらぜひメールでご連絡いただきたい
とのことです。失意にある人々への『励ましのメッセージ』も歓迎されます。

すすめられている援助活動の様子などをご存じの方からの情報も求めています。
詳しくは、HCJB日本語放送ホームページをご参照ください。

http://japanese.hcjb.org/

番組を作成する都合で、3/22(火)までにメッセージをお寄せください。

1MBまでのMP3形式の音声ファイルも可能です。
メールアドレス:hcjbglobal(a)yahoo.co.jp
                ↑(a)という文字を@マークに
                   置き換えて送信


とのことです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ | 2011年3月27日 - 2011年4月2日 »