« 8月16日 | トップページ | 琵琶湖一周 »

2012/08/20

教育+教養

国民性なのか、クニの教育のタマモノなのか、はたまたその社会がはぐくみ浸透していく教養や常識なのか。
そういったものを合わせて、「民度」というのか。

ここ最近の中国や韓国のデモを見ているとなんだかなぁと思います。

日本でデモがあっても「ああ」はならないでしょう。

「ああ」というのは例えば、、

1、デモの最中に見つけた日本車をひっくり返す。
持ち主は、キミタチの同胞だぜ?
何か意味があるのか?(笑)
かわいそうだろう?

2、日本関連の料理屋や百貨店への投石などによる破壊行為。
どう考えても、「ならずもの」の行為だ。

3.他国の国旗を踏みにじり、火を付ける。
あーあ、やってしまいましたね。
日本人は決してしません。
下品この上ないですからね。

4、領土侵害したのち、帰国した皆さんのピースサインでのTVへの登場
以前に、保安庁の船に体当たりした中国人も同じようなことをしていましたなぁ。
行動の思想や背景を順序立てて語るならまだしも。
はっきり言って、「アホ丸だし」です。
心ある人たちは、国籍を問わず、こころを痛め、恥ずかしい思いをしているのではないでしょうか?

ここのところの一連の騒ぎは、日常の不平不満のガスを反日という名目で抜いているようにも見えます。
ちょうど大声で「ちくしょーー!」(あーーー、チョット、スッキリシタ)と叫んでいるような感じでしょうか。
あなたたちの本当の怒りの対象はどこなのでしょうか?
70年近くも以前のことでもないように思いますが。。
第一、その時代にあなたたちは、まだ影も形もありません。
なんなのでしょうね。

|

« 8月16日 | トップページ | 琵琶湖一周 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/55470359

この記事へのトラックバック一覧です: 教育+教養:

« 8月16日 | トップページ | 琵琶湖一周 »