« LA800というアンテナ | トップページ | インターバル »

2013/01/30

ALA1530 vs LA800 一気あげ

思うところもありどうしようかなと思っていたのですが、一気にUPします。
上が、ALA1530下が、LA800です。
あくまで、拙宅での結果ということで。。。

この比較をご覧になって、どう思われますか?
私の評価は次のページに。。。

120mb (深夜)
20130125night_120mb

90mb(深夜)
20130125night_90mb

75mb(深夜)
20130125night_75mb

60mb(深夜)
20130125night_60mb

49mb(深夜)
20130125night_49mb

41mb(深夜)
20130125night_41mb

31mb(深夜)
20130127night_31mb

25mb(夕方)
25mb3

16mb(朝方)
20130126morning_16mb

16mb(拡大)
20130126morning_16mb2

15mb(朝方)
20130126morning_15mb

15mb(拡大)
20130126morning_15mb2

|

« LA800というアンテナ | トップページ | インターバル »

コメント

全部拝見しましたが、ALA1530が良いですね。
例のぎざぎざノイズ以外は。
同調型と言うお話でしたが、それだとΔLOOP7とかΔLOOPXと比べてどうかな?って思いました。
まあ、ALA1530がようできたアンテナであるってことは良くわかりました。

投稿: 影山 | 2013/02/10 15:08

影山さん、
コメントをありがとうございます。
現状では、「シールドループ」だからとか、
「同調式」だからだとかの優位点は、ぎざぎざノイズが少なくなっていること以外ないのが実情です。
しかも、ぎざぎざノイズを排除できているとしても、S/N比がそれほど稼げていませんから、「意味がない」というあたりが、妥当なコメントかなと思います。
(当家、設置の場合に限ります。他は知りません。)
ΔLOOP7とALA1530との比較と今回の比較を見比べていますがS/Nということ、同調ポイントのQの高さではΔLOOP7の方がよさそうな感じです。
ただQが高いというのも、自動底引き網漁をPERSEUSでやりたい場合は良し悪しです。(笑)
同調式は基本は、一本づり用ですね。

投稿: NGO | 2013/02/10 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/56663103

この記事へのトラックバック一覧です: ALA1530 vs LA800 一気あげ:

« LA800というアンテナ | トップページ | インターバル »