« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/24

サントリー山崎ブルーワリー工場見学

京都大山崎にあるサントリー山崎ブルーワリーに行ってきました。
阪急大山崎の駅から徒歩10分、大山崎の山のふもとにあり、神社の境内からは名高き名水「離宮の水」がこんこんとわき出ています。
山崎は大きな川が合流している湿潤な場所で、こういうところがウイスキーを作るにはうってつけだそうです。
ウイスキーのゆりかご、樽が乾燥を嫌うんだそうです。

山崎のこのロゴ、崎の右側は「寿」だそうで、お祝い、嬉しいことがあった時に飲んでいただきたいというの二代目社長&マスターブレンダー 佐治敬三氏の想いがこめられています。
R0010743a

大麦を発酵させる大木樽です。
R0010726a

発酵した原液はポットスチルで2度蒸留され、モルトの原酒となります。
アルコールの濃度は70%です。
R0010731a

出来あがった原酒は、ナラ/オークで出来た樽に詰められ長い眠りにつき、熟成されます。
最初は樽に一杯詰められていた原酒も長い歳月の間に、樽の隙間から蒸発してゆき、減ってきます。
この減った分を「天使の分け前」というのだそうで、そのかわり、天使が美味しいお酒にしてくれるらしいです。
それから、樽を眠らす場所によって、森の中の蒸留所なら出来あがるお酒に森の香りが、海の近くの蒸留所ならば磯の香りが心なしかするのだそうです。
なんだか、ロマンチックなお話しです。
R0010733a

ポットスチルの形によって、出来あがるモルト原酒は様々だそうで、またいくつかの種類の異なる樽に詰められることによって異なるモルト原酒が出来上がります。
シングルモルトと言ってもこれら複数のモルトをブレンダーが混ぜ合わせ、最高のモルトウイスキーが出来上がります。

ウイスキーには「モルト」と「ブレンデッド」がありますが、モルトが良いのか?と言えばそうともいえないのだそうで、モルトの個性を生かすグレイン(原料はトウモロコシなどの穀物)を混ぜ合わせることで最高のブレンデッドウイスキーが出来上がります。
「響」の30年ものなどはジャパンブレンデッドウイスキーの最高峰で、スコッチの本場スコットランドで行われるコンペティションで4回にわたり世界最高の賞を獲得しています。
R0010741a
実は、このお酒、ある素敵な方からいただきまして、最高秘蔵の酒として我がシャックにあります。(えへへ)
毎日ラジオを聴かせてさらに美味しいお酒にするのだ!!
で、ときどき、ちょびっとだけ、ちょっとづつ飲むのだっ!!

そして、、、、

醒めよ人!
舶来盲信の時代は去れり
醉はずや人
吾に国産
至高の美酒
サントリーウ井スキー
はあり!
R0010742a

当時不可能と言われた、ウイスキーの製造を日本で初めて行ったサントリー創業者、鳥居信次郎氏の心意気とフロンティアスピリットを感じますなぁ。
心が震えます。

男はスコッチウイスキーなどと書きましたが、スコッチはスコッチで大変よろしい、しかし、スコッチにまけないのは、ジャパニーズ、ジャパニーズ・ウイスキーであると断言しましょう。
日本人には日本人の心意気です。
響30年もの、これは反則やろうというくらいの無茶苦茶な旨さです。(笑)

サントリーの工場見学では、工程の他、講習会もプログラムにあり、今回は美味しいハイボールの作り方を教えていただきました。
山崎、白州、角のハイボールを飲ませていただき、大変美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/21

台湾に行ってきました

今年2回目の出張です。
2月18日(月)出発-21日(木)帰国の弾丸短期出張で、なかなか濃い出張でした。
到着日は、真夏日の28℃、次の日からは、雨で14-18℃と乱高下の気温です。

真夏日の台湾
R0010703as

一生懸命お仕事。。そして北の海に日は沈み。。
R001070a8

おなかがすいて
カニを食い
R0010710a

中華に飽きて、タイ(Tailand)メシ
春巻
R0010716as
チキン
R0010717a
酸辛海鮮スープ
R0010719a

短波ラジオはPL-380を持参。
夜中はラジオジャパンを聞いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/17

北嵯峨野の梅

昨日今日と京都は底冷え。
寒いです。
でも、嵐山で、梅が咲いているのを見つけました。
Img_0163s

嵐山渡月橋の向こうに愛宕山が見えます。雪化粧です。
Img_0156s

広沢の池には鳥がいっぱいいます。
Img_0166s

君の名前は?
Img_0169as

今日の走行距離:      20km(BSM)

今年の走行距離:       0km(ロード)・ 0回
                 49km(BSM)・ 2回
                  0km(BRO)・ 0回

今年の走行距離合計:   49km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/16

男はスコッチウイスキー

(ほんとかよ。。)(笑)

昨年、イギリスの北、スコットランドの境目あたりに度々出かける機会に恵まれ、美味しい本場のスコッチウイスキーのお味を現地の醸造所で試すことができて以来、スコッチが好きになりました。
どれくらい?って聞かれますと、すかさずこたえますが、ここには書きません。(笑)

近所のバーでバーテンダーの方と懇意にさせていただいていて、そんな話をしてましたら、このバーの至高の一本なんですが試されますか?
と出てきたのが、
Rogha(ローガ) Tomintoul(トミントール) 43年もの
Roghaは至高、最上級を意味するゲール語だそうで40年以上のモルトウイスキーにのみ与えられる称号だとか。
これ以上の上はもうないということだそうです。
飲みますと、圧倒的な香りが口いっぱいに広がり、長く残留します。
柑橘類の華やかな香りで非常に美味しいです。
これは、本当に美味しいです。
数百本しか世界に出回っていないとのことで、もうめったにないそうです。
Dsc_0399s

その次の一杯はこれ。
Lagavulin(ラガヴーリン)の16年もの
これは、スモーキーなピート満点のスコッチで、なかなかパンチが効いています。
この手のスコッチはスコットランドのアイラ島の醸造所で作られています。
スモーキーと言えばラフロイグが上げられますが、ラフロイグよりはおとなしい感じがします。
ラフロイグはまるで正露丸ですから。。
Dsc_0397s

シングルモルトのスコッチウイスキーは本当に美味しいです。
でも、日本酒も美味しいです。大吟醸なんてもう飲んだら、溶けてしまいます。(笑)
ワインも美味しいですね。
赤は、フランス、イタリアを筆頭に、ドイツ、チリ、スペイン、ナパ。。。。
忘れちゃなんねぇ、甲州、丹波。
甲州ワインの、大菩薩は最高です。(安いし、といっても2500円くらいしますか。。。)
美味しいもんはどこのでも美味しいです。
焼酎も美味しいですし、、、
パイチュウ(白酒)もたまりません。紹興酒もいうに及ばず。

もう、たんなるのんべーかもしれませんなぁ。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/03

アンテナ評価2013年2月3日版 ALA1530 vs LA800

120mb~75mb+中波
中波は、混変調特性を含めLA800のほうが圧倒的に良いように思う。(拙宅は、KBS京都放送の強電界地域)
短波ローバンド120mb~75mbに関しては、LA800のほうが、心持ち優勢か、ALA1530と同じ感じ。

60mb
このバンドあたりから、形勢は逆転し、S/N的には、ALA1530のほうが良くなる。
SIBCを両方のアンテナで聞き比べたが、信号が落ち込む局面では、「アナウンサーの性別がわかる」と「聞こえない(そらみみで聞こえる」の差になって現れた。
そのほか、色々な放送を聞いてみたが、逆転現象にはお目にかかれなかった。

49mb
互角か?
フロアノイズレベルを調整してS/Nを比較。
放送局によっては、LA800のほうが若干良い場合もある。
(下ページのバンドスコープの比較をご覧いただきたい。)

41mb
のこぎり状のノイズはLA800では受信していない。
このあたりは、流石シールドループ!なのかもしれない。
しかし全般的なS/Nを比較すると、ALA1530に分があることがわかる。

31mb~15mb
明らかに、ALA1530のS/Nのほうが良い。
LA800は不要なノイズの影響を受けることは少ないながら、所望する信号をつかむ能力が、ALA1530と比較して5dBほど少ないように思える。(Sメータにして1つから2つ)
この差は、聞こえる、聞こえないの差になって現れる。


その他
60mbで見受けられるPLCノイズはLA800では若干少ないように見える。
今回は、そのほかの放送信号の受信強度も同様に低いので、「差」となっては現れていない。
41mb、25mbでも同様のノイズが見受けられる。
S/N比的にはALA1530にやや劣るも、こののこぎりノイズがもっと大きなところでは、形勢は逆転するかもしれない。

製品としては、史上初のシールドループアンテナということで、大きな期待を持って購入し、大屋根に設置しました。
アグレッシブに世に問うたAORさんに拍手を送ります。

ここまでの記事を見るとLA800が良くないアンテナのように見えるかもしれません。
しかし、そうではありません。
電界ノイズに強く、同調型アンテナらしく、強電界地域でいわゆるお化けが発生しにくい良いアンテナだと思います。
比較したALA1530(当家のモデルはすでに10年稼働している初期ロットモデルALA1530無印)が比類なく素晴らしく優秀で、バランスのとれたアンテナなのです。

強電界地域で、中波を楽しむ、あるいは、周辺がPLCノイズなどで無茶苦茶な状況であるという場合には、LA800のほうが良い結果が出るのではないかと推測します。

それから、もう少し安価であると良いですね。
ALA1530の現行モデルは直輸入するのであればGBP(英国ポンド)200-250(モデルによる)ですので28400-35500円。
為替送金手数料が5000円くらいで送料が5000円までですのでトータルで、38000円-45000円くらいで購入できますので。
国内での代理店購入ですともう少し高いかもしれません。

このあとはバンドごとの、F/S比(フロント/サイドのゲイン比)なども見てみたいと思います。

今回、改めてALA1530が如何に優秀なアンテナかよくわかりました。
結構な費用と労力をLA800に投入しましたが、思ったような結果を得られず、とても残念です。
企業としてのAORさん、それから発売されている各種製品のフアンの一人として、LA800の更なるパワーアップをお願いしたいと思います。

最後に今回の結果は、拙宅の環境での結果であります。
他の場所では、この結果が逆転する場合も想定されます。
これがすべてだ!とくれぐれもお思いになりませんよう、お願い致します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/02/02

2013年 関西BCL新年会

ちょっと遅いめですが、2013年新年の集いです。
いつもの9名のBCL/DXerが集まりまして大騒ぎです。
大阪の北新地でしゃぶしゃぶです。
さすが、キタです。
うんまい!

しこたま飲んで、食って、一次会は終了。
2次会はいつものごとくワインバーへ。
ナパとトルコの赤を1本ずつ飲んで解散。
同じ趣味の仲間が集まって飲むと時間があっという間です。
楽しかったですね。

主な話題は、
・AOR社から出た新型シールドループがどうのこうの。
・ペルセウス用のコントロールソフトStudio-1がゴニョゴニョ。
・ELAD FDM-S1がうへへ。
・WR-G31DDC 「'Excalibur」がほえほえ。
・ΔLOOP-Xがなぬなぬ。
・300メーターのスローパーがぶひひっ!
・NRD545とIC-R75が、うげげぇ~で、TENTECTX340がホイホイ。
・次はお花見でお酒ラジオしましょう!、そうしましょう!

みたいな話で大盛り上がりでした。

あー、楽しかった。(笑)

R0010685s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »