« 近江牛カレー | トップページ | 今年買って良かったもの 2013年 »

2013/12/27

バーを一軒 開拓

と言っても、仲よくしている方に連れて行っていただきました。
京都の東のあたりにあるバーなんですが、店主は関西弁を自在に操るのカナダの方です。
Jさんと言います。
もう一人、Pさんと言う方との共同経営のようです。

初めて行ったお店ですが、ちょっと試してみる?っとグレンリベット 21 YEARSをフリーテイスティングさせていただきました。
バターの香りと口触りからはじまり、果物(梨かな)の香りが追いかけてきて、その後甘く、スパイシーな感じがします。
香りと味わいは長く尾をひきます。
文句なく旨いお酒でした。
リカマンでは、、、、よう買いません。
手前の一本は、クラウンローヤルというカナディアンウイスキーで、モルト、グレンのブレンデッドです。
こちらは、香り味共に若く、アルコールと甘いグレンが立っています。
ちょっとくせがあります。
原料は大麦だけでなく、ライ麦が入っているとのことで、ストレートよりは、水割りか、ロックでのむと美味しいと思いました。
リカマンやヤマヤさんでは、3500円くらいのお酒です。
カナディアンも悪くはないですが、この値段を出すなら、ジャパニーズなら竹鶴の12年物か、ザ・ブレンド・オブ・ニッカを買いますかねぇ。。
Dsc_0209s_2


|

« 近江牛カレー | トップページ | 今年買って良かったもの 2013年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/58859811

この記事へのトラックバック一覧です: バーを一軒 開拓:

« 近江牛カレー | トップページ | 今年買って良かったもの 2013年 »