« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »

2013/03/02

国内中波がFM帯へ移行の検討を開始?

というニュースが。。

すぐすぐということではないのでしょうけど、そうなりますと夜間の遠距離からの放送が聞けなくなりますね。
遠距離放送の受信はさして強い電波でもありませんから、そりゃ聞きにくいです。
FMのほうが、音声もきれいですし、安定していますし良いのでしょうね。
でも、AMの音のほうがノスタルジーがあるというか安心できるというか、アナウンサーやパーソナリティーの語りなど、じっくり、しみじみ、聞けますので、私は好みです。
FMに沢山生息している「若いおねいちゃんパーソナリティー」が話す、「パンパラパーーン」とした語りや話題などは、FMのほうがよいかもしれませんね。
NHKのラジオ深夜便は是非AMで聞きたい。
と思うのは、私だけでしょうか。。
京都で聞いた、ニッポン放送、文化放送のオールナイトニッポン。
ああ、懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/24

サントリー山崎ブルーワリー工場見学

京都大山崎にあるサントリー山崎ブルーワリーに行ってきました。
阪急大山崎の駅から徒歩10分、大山崎の山のふもとにあり、神社の境内からは名高き名水「離宮の水」がこんこんとわき出ています。
山崎は大きな川が合流している湿潤な場所で、こういうところがウイスキーを作るにはうってつけだそうです。
ウイスキーのゆりかご、樽が乾燥を嫌うんだそうです。

山崎のこのロゴ、崎の右側は「寿」だそうで、お祝い、嬉しいことがあった時に飲んでいただきたいというの二代目社長&マスターブレンダー 佐治敬三氏の想いがこめられています。
R0010743a

大麦を発酵させる大木樽です。
R0010726a

発酵した原液はポットスチルで2度蒸留され、モルトの原酒となります。
アルコールの濃度は70%です。
R0010731a

出来あがった原酒は、ナラ/オークで出来た樽に詰められ長い眠りにつき、熟成されます。
最初は樽に一杯詰められていた原酒も長い歳月の間に、樽の隙間から蒸発してゆき、減ってきます。
この減った分を「天使の分け前」というのだそうで、そのかわり、天使が美味しいお酒にしてくれるらしいです。
それから、樽を眠らす場所によって、森の中の蒸留所なら出来あがるお酒に森の香りが、海の近くの蒸留所ならば磯の香りが心なしかするのだそうです。
なんだか、ロマンチックなお話しです。
R0010733a

ポットスチルの形によって、出来あがるモルト原酒は様々だそうで、またいくつかの種類の異なる樽に詰められることによって異なるモルト原酒が出来上がります。
シングルモルトと言ってもこれら複数のモルトをブレンダーが混ぜ合わせ、最高のモルトウイスキーが出来上がります。

ウイスキーには「モルト」と「ブレンデッド」がありますが、モルトが良いのか?と言えばそうともいえないのだそうで、モルトの個性を生かすグレイン(原料はトウモロコシなどの穀物)を混ぜ合わせることで最高のブレンデッドウイスキーが出来上がります。
「響」の30年ものなどはジャパンブレンデッドウイスキーの最高峰で、スコッチの本場スコットランドで行われるコンペティションで4回にわたり世界最高の賞を獲得しています。
R0010741a
実は、このお酒、ある素敵な方からいただきまして、最高秘蔵の酒として我がシャックにあります。(えへへ)
毎日ラジオを聴かせてさらに美味しいお酒にするのだ!!
で、ときどき、ちょびっとだけ、ちょっとづつ飲むのだっ!!

そして、、、、

醒めよ人!
舶来盲信の時代は去れり
醉はずや人
吾に国産
至高の美酒
サントリーウ井スキー
はあり!
R0010742a

当時不可能と言われた、ウイスキーの製造を日本で初めて行ったサントリー創業者、鳥居信次郎氏の心意気とフロンティアスピリットを感じますなぁ。
心が震えます。

男はスコッチウイスキーなどと書きましたが、スコッチはスコッチで大変よろしい、しかし、スコッチにまけないのは、ジャパニーズ、ジャパニーズ・ウイスキーであると断言しましょう。
日本人には日本人の心意気です。
響30年もの、これは反則やろうというくらいの無茶苦茶な旨さです。(笑)

サントリーの工場見学では、工程の他、講習会もプログラムにあり、今回は美味しいハイボールの作り方を教えていただきました。
山崎、白州、角のハイボールを飲ませていただき、大変美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »