« 2014年 関西BCL 新年会 | トップページ | 愛しのIslayモルトウィスキー »

2014/01/29

HCJBの呼称変更?

Hcjb_logoエクアドルの母体が呼称変更のアナウンスを先月末に行った様子。
HCJBはもともとエクアドルの放送局のコールサインなので、放送局(送信所)が全てオーストラリアに移ってしまった現在、HCJBを名乗るというのはおかしいのかもしれない。
放送局のコールサイン(認識符号のようなもの)は国ごとに決まっています。
例えば、日本ならJAからJS。
商業放送局の場合、JOから続く4文字。
アマチュア無線ならJA,JH,JR,JE,JF,JG、JIなどの後に、近畿や、関東なと管轄を示す数字を付加し、その後は、局を特定する2文字から3文字。 例えば、JA3AAなど。。
エクアドルの場合、HC-HDが割り当てられています。
HCJBのHCで、この局は、エクアドルで免許されている放送局だとわかります。
ですので、放送施設がオーストラリアのクヌヌラに移っていることを思えば、本来コールサインはVH-VNからはじまるのがルールではないかと思います。
JBはそのままで、VHJBとかですね。

でも、この際、そんなことはどうでもよろしい。
何十年も親しんだHCJBが良いではないか!というお話しです。
エクアドルの本部は、宗教法人を母体とした組織で、放送事業だけをしているわけではないので、名称をその事業によりフィットした名称に変えても構わないと思うのですが、放送局の名称(呼称)は、HCJBのままであればなぁと思います。

ちなみに、この団体名称は、Reach Beyond (リーチ・ビヨンド)と言うらしいです。

団体名をReach Beyondと変更したのちも、放送では、This is HCJB Australiaとアナウンスしています。
日本語放送では、「こちらはHCJBの日本語放送です。」

はてさて。


|

« 2014年 関西BCL 新年会 | トップページ | 愛しのIslayモルトウィスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/59098731

この記事へのトラックバック一覧です: HCJBの呼称変更?:

« 2014年 関西BCL 新年会 | トップページ | 愛しのIslayモルトウィスキー »