« そうだ 京都いこう 春のさくらのまち、京都 | トップページ | HCJB_Australia »

2014/04/05

こつこつと

①帰朝報告(書類作成付き)

②出張関連各種書類作成

③各方面への連絡種々
④たまった書類の確認処理(メール含む)

⑤自動車のタイヤ交換(スタッドレスからノーマルへ)
⑥バイクシーズン前点検引き取り

⑦新自転車導入関連
⑧受信報告書作成(R.Japan)(KTWR-DRM)
⑨実家訪問

⑩墓参り(2か所)

<継続作業中>
⑪HCJBリスナーの集いのサポート

⑫アンテナ工作(AN-LP1)
⑬Blog Update

明日は、⑧と⑫と⑬あたりを。。。

⑦は、前金をお支払して、待つことすでに、2年と4か月。
バルケッタという名称のフレームで「英国式自転車生活」を標榜されている、小池一介師オリジナルのフレーム。
師の説明によれば、世界一バネ、粘りのあるニッケルバナジウムクロムという鋼管で構成されるフレーム。
これに、これまた、師によってセレクトされた、非シマノのパーツで構成されるセミアップハンドル仕様、おそらく前2段、後5~6段の快速ツーリング車になっているはず。
泥除け、後ろに荷台を装備。
こう書くと、ずいぶん「時代遅れ」の車両のようだがさにあらず。
おそらくや、(想像!(笑))
師の「知識」、「見識」、「経験」、「思想」にという、「油微塵流 神通力」によって組まれた車両なれば、世界最高の快適な乗り心地と、これまた心地よい巡航スピード、長距離走行性能を併せ持つ、稀代の車両になっているはず。。。

しかし、一向にやってこない。
本当にやってこない。
オリジナルの自転車がこれほどかかるとは知らなんだ。(笑)

何度か、納期日時のアナウンスをいただいているのだが、やってこない。(笑)
理由は、さまざま。

師の体調不良
ご家族のご都合
東京に大雪
郵送する箱を取りに行くのに1日かかる
先に急ぎの組み立て車両が数台あった

あとは、車輪を組み立てれば完成!とアナウンスがあったのが、6か月前。
箱を準備して送るとアナウンスがあったのが3か月前。
クロネコで取りに来てもらって、火曜か水曜に発送するアナウンスがあったのが先週の日曜日
発送いただいたのか?の連絡に対して、
「発送した」とも「できていない」とも全く何の音沙汰もない。

こういうのは、英国的には「普通」なのか?(笑)
知っている英国人たち(イングランド人とスコットランド人)は、揃いも揃って約束にルーズだが、約束を破ったときは、詫びとともに、その理由を正しく伝えてくるぞ。

英国的以前に、一般的な大人としてはどうなのだろう。
芸術家はその作品の完成期日を設定しないし、頼んだほうも、期日を切らないという話しだが、自転車はちょっと違うようにおもうぞ。(笑)

待てば海路の日和ありとはいったものだが、こんなに待っていると、積荷が腐ってしまうね。
まさか、腐ってしまっって、また新たに作るのが面倒くさいとか。(笑)

|

« そうだ 京都いこう 春のさくらのまち、京都 | トップページ | HCJB_Australia »

コメント

初めて投稿します。
実は
私も小池一介氏に自転車を注文し
5年ほど待っているものです。
貴方様のバルケッタは
無事完成し届いたのでしょうか?
教えてください。

投稿: 砂谷元彦 | 2016/12/21 05:39

はい。
届いています。(笑)
納期は2年半でした。
部品は特にスペシャルをお願いしていませんが、シュバブ(ハブ)+マビックリム、オールドカンパディレイラ+オールドスギノ(日本製)チェンホイル&クランクなどで組んでいただきました。
泥除けなども素材をお送りいただき、穴あけ等はこちらで行いました。
ホイルなど重要部品は組んでいただき、あとはこちらでくみ上げました。
部材の特定注文が多いと、(古い部品など)探索にお時間がかかるようです。
時間がかかって、見つからずというケースもあるのではないかと。。。
また、設計変更なども考察に時間がかかると言われていました。
お忙しいご様子で、発送にも時間がかかります。
しかし、これでもか!という完璧な梱包で届きます。(笑)


投稿: NGO | 2016/12/21 06:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/59419432

この記事へのトラックバック一覧です: こつこつと:

« そうだ 京都いこう 春のさくらのまち、京都 | トップページ | HCJB_Australia »