« 流れ橋 | トップページ | バルケッタという自転車 »

2014/05/18

京都 京北 栗尾峠

日曜の朝は、ラヂオ活動から。
15525kHz HCJB SINPO=45544 お便り交歓コーナー

9:45自宅を出発。
嵐山経由で、京北栗尾峠へ。
日曜日の嵐山は、それほど沢山のお客さんはいない。
落柿舎も人は少ない。
嵐山を抜けてきぬかけの道の手前から国道162号を北行。
御経坂峠を越えて、高尾口から梅ケ畑へ。
中川トンネルは通らずに、中川の里を抜ける。
急坂は「押し」もあり。
えっちらおっちら、「フロントインナー X リアハイ」でのぼり進む。
笠トンネルは長く、中は寒いくらいだ。
栗尾峠は、今年になってから京北トンネルが開通して、自動車では峠道にはいけない。
現在自転車用道路の整備を計画中とのことだ。
日本一過酷なサイクリング道路になるのかもしれない。(笑)
いきは、トンネルを通って、ウッディ京北で、休憩。
サバ飯(炊き込みごはん)がおひるごはん。
300円のくせに、旨い。旨い。(笑)
そこからもう少し北行。
この間の大雨で流れた橋を見に行く。
復旧していた。

ここで、東京の孤高のビルダー、バルケッタの設計者、小池さんから携帯に電話が入った。
なんでも、急用で京都に来ているとのこと。
夕方まで京都におられるということで、それならと、お目にかかる約束をさせていただく。
帰り道は、トンネルの横から栗尾峠への道を進む。
既に、歩行者(自転車)専用道路になっていて、車は走らない。
2車線の峠道を自転車で使いたい放題、走りたい放題だ。

アスファルトの峠道は滑り止めのせいで結構がたがただ。
手組みのホイルがぶれそうな感じだが、全く大丈夫。
さすが、小池さんの手組みだけのことはある。

今回山坂、峠道にバルケッタを連れ出した。
フロントインナー38T/リヤー・ハイ24Tは絶妙で、ちょっとした乗車で登れる坂にはちょうど良い。
これ以上軽いと、前に進まず、結局、疲れて、降りてしまうことになる。
これで登れないなら、降りて押そうという気にもなる。
前2枚、後5枚で充分と言えば充分。
まぁ、欲を言えば、リアにもう1段欲しいところだ。
バルケッタは、ニッケルバナジウムクローム、福島カイセイのスペシャルチューブを使用している。
鉄スポークのしなり、ブルックスのクッション良好B67サドルとの相乗効果で、振動はあるにはあるが、きわめてマイルドで、セミアップハンドルの乗車姿勢もあり、下り道、平たんな道を走っている感覚は、グライダーのようだ。
風の音と鳥の声、うるさいと感じだリアフリーのラチェット音も気にならない。(ちょっと静かになった?)
バルケッタの快適スピードは20km-25km(30km)、現在のギアレシオではペダリングでの最高スピードは42kmといったところ。
中速重視のセティングでツーリング向き。
今回のロングライドでも全く問題なし。
お尻も、肩、首、も特に痛くなっていない。(足は、身がいった。)
でも峠2つ越えの82kmはちときつい。。。

山の中で、川のそばを走行中、今年初めて、かじかの鳴き声を聞いた。
もうすぐ夏がやってくる。
ひぃひぃ言って登っていく横を、バイクがばぅーーっと走り抜けていく。
確かに気持ちよさそうだ。
坂道は、バイクで走るのは楽だけど、ヘルメットをかぶってしまうと、風の音や、自然が発する「声」に気が付かない。
非力なエンジンでシンドイが自転車はやはり良いと思う。
まぁ、バイク乗りでもあるので、そこは一長一短。
今日は、自転車で正解!

市内に戻ってきて、小池さんと合流。
用事が終了し、レンタル自転車で、京都を散策されていたそうだ。
2年半ぶりにお目にかかり、駅前の「恵比寿バー」で一献。
暑いとビールの旨い事。。
自転車は押して帰る。。。ということで。(笑)
いろいろお話をうかがった。
まぁ、いろんなことがありますなぁ。。(笑)
こうしてお話しをしていると、小池さんは良い人だ。
年代的には、少し先輩。
でも高校生から見たら、きっとどっちもおっさんで変わりなし。(笑)

ところで、バルケッタは30台ほどが稼働中とのこと。
日本でたった30台か。。。(ちょっとうれしい。)

また、お目にかかることを約束して、18:30にお別れした。
レンタサイクルを返されて、新幹線で帰ると言われていました。
ありがとうございました。

静かな落柿舎
Img_0984s

栗尾峠は良い眺めです。
Img_0995s

山はもう、夏っぽくなってきています。
Img_0999s

今日の走行距離:      82km(バルケッタ)

今年の走行距離:       0km(ロード)・ 0回
                 56km(BSM)・ 1回
                  0km(BRO)・ 0回
                146km(バル)・  3回

今年の走行距離合計:   202km

|

« 流れ橋 | トップページ | バルケッタという自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/59666001

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 京北 栗尾峠:

« 流れ橋 | トップページ | バルケッタという自転車 »