« KTWR DRM テスト放送 | トップページ | 流れ橋 »

2014/05/11

バルケッタ完成

2011年秋、大阪サイクルモードで初めて見て、同年11月からこのバルケッタと28号と呼ばれる自転車の設計者、東京の小池さんとコンタクトを開始。
2011年12月発注。
待つこと、2年と半年。
バルケッタフレーム到着が2014年4月の後半。
最終部品到着が5月の最初。
ブツはホイールんが組まれている以外は、パーツでやってきましていわゆる6分組の状態でした。

この2年6か月という期間は、特別仕様としては異例の速さで、某有名ビルダーに頼むと20年。
4年とか8年とかはザラなんだそうです。(笑)+(呆)
この時間そのものも、それを頼む人がいるというのもマッタクシンジラレナイ。
一言でいうと、頼む意味をなさない。
バカヂヤナカロカ。。。。(笑)

しかし、あきらめることなかれ。
小池バルケッタは、標準仕様であれば最短3か月だそうです。(早っ)
しかし、短く寝る時間しかないくらい忙しくされているご様子ですので、多分無理です。(笑)
フレームだけで、6か月くらいは最低必要だと思われます。
何かを追加すると考察の時間を十分取られるのですぐに1年くらいはプラスされます。(笑)
それから、バックオーダーを結構かかえておられますので、順番待ちも相当あり、人間ですから、簡単なスタンダード仕様を優先して取り掛かられますので、簡単に順番ぬかし(笑)が発生しているように思われます。

私のバルケッタの特注仕様としては、
①リアキャリア取り付け
②①のためか、カンティブレーキ仕様
③泥除け取り付け穴加工+泥除けパーツキット(未加工品)のご手配
④上級パーツのご手配(ハブ、フロントチェーンリング、クランク)
おおむねこんな感じです。
で、2年6か月でした。

ちなみに重量は12kgです。(泥除けを付けると12.6kg位?)

本日、基本組み立てが完了し、20kmほど試走してきました。


<インプレッション>

氷の上をすべるように走ると書かれている人もいるが、最新のロードに乗ったことがないのか?と思う。
シナ製の1~2万円自転車と比較ならいわずもがな。
バルケッタはしなやかに走るが、特筆して氷の上を走っているようだということはない。
いたって普通。
滑らかさで言えば、デュラエースのホイールを履く、所有のロードのほうが滑らかだ。

しかし、しなやかさと言うことで言えば、今まで乗ったどの自転車よりもしなやかである。
走行時に路面から伝わる振動は極めてジェントル。
ニッケルバナジウムクローム鋼、鉄スポーク、ブルックスB67のなせる業か。。
これはサスペンションを持つBSモールトンより数段上である。

駆動系をもう市場にはないオールドファッション、しかし一級の国産パーツで固めているからか、自転車に乗っている、操縦している、操作している感が半端なく、とても満足できるフィーリングである。
しかし、それほど静粛ということでもない。
フリーからは盛大なラチェット音が鳴り響く。
シュバブのハブは静粛で良く回る。
芯となるフレームが良いものだと思うので、これから更なるアップグレードを施したいと思う。

時速20kmから25kmで走るのに好ましい感じがする。
しばらく、乗り込んでみたいと思う。
首、腰への負担は少なく、ロングライドを得意とする自転車に間違いないのは確か。

なかなか、オールドファッションでしょ?
エガちゃんファッションでのる自転車ではありません。(笑)
ところで、世の中に何台でまわっているのだろうか。。。
Dsc_0313as

Dsc_0314s

今日の走行距離:      22km(バルケッタ)

今年の走行距離:       0km(ロード)・ 0回
                 56km(BSM)・ 1回
                  0km(BRO)・ 0回
                  22km(バル)・ 1回

今年の走行距離合計:    78km

|

« KTWR DRM テスト放送 | トップページ | 流れ橋 »

コメント

はじめまして。
バルケッタ完成おめでとうございます。
待ち遠しかったでしょうね!

実は私もバルケッタの製作をお願いしています。
私の場合、2008年秋、サイクルモード東京会場で初めて遭遇し、翌年2月に明治神宮外苑全日本学生クリテリウム会場で試乗することが出来ました。市販される計画とのことで楽しみにしていたのですが、実現されませんでした。
その後、直にオーダー出来ることを知り、2011年の年末に再度試乗させていただき、オーダーしました。

NGOさんのように6分組ではなく、完成品としてお願いしていますので、完成にはもう少し時間が掛かるだろうと思っています(笑)

バルケッタに関する記事を拝見出来ることを楽しみにしています。

投稿: bunaibu | 2014/05/28 21:37

bunaibuさん、

コメントをありがとうございます。
どちらから、の書き込みでしょうか?
私も、もともとのお約束は、完成品でした。
そうでないと何か不都合があった場合の所在の切り分けが難しいと感じたからです。
組み立てていただければ、どこかのねじの切り忘れなどマイナーなトラブルも未然に防げると思ったものですから。
しかしながら、こちらの組み立てで、大きな問題は何もありませんでした。
シートポストの上部にテーパーがあり、ポストを出さず、中に入れ気味にした場合、ねじがしっかり閉まらないというマイナーな問題だけでした。
これは、こちらで、ズンドウのシートポストを別途準備して解決です。
小池さんは、非常に誠実で信頼のおける方でありますから、仮に完成品でやってこなくとも大丈夫だと思います。
問題があった場合、相談すれば大概のことは解決いたしますね。(たぶん。。(笑))
最大の問題は、小池さんが「超忙しい」と言うことです。
完成品ですと、「送り(送付)」が大変で、実質、取りに行かないと無理なように思われます。

bunaibuさんも待ちどおしいでしょうね。
バルケッタはほんに素晴らしいバランスの自転車です。
全てが、気持ちの良い自転車です。
聞くところによりますと30台あまりが日本のそこかしこにいるようですが、諸般の事情(ユーザの大人の事情。。。)であまり公にされておらず、ネットなどでのインプレはちょっとしかありません。
私には何もありませんので、良さをどんどん広めたいと思っています。
引き続きよろしくお願いいたします。

投稿: NGO | 2014/05/30 19:32

こんにちは
バルケッタですが、ずいぶんトレールが少ないように見えますが安定感はどうでしょうか?

投稿: ピーター | 2014/09/17 23:10

ピーターさん、
コメントをありがとうございます。
トレールはそんなに短くもないですよ。
トレックのロードと比べてもあんまり変わりないか、心持ち短いくらいです。
安定感は悪くないです。
ハンドリングは、クイックでもなくダルでもなく。
良い感じの自転車ですよ。

投稿: NGO | 2014/09/18 22:51

ありがとうございます
写真の具合でそう見えただけだったんですね

投稿: ピーター | 2014/09/21 21:02

こんにちは、私も2012年に標準仕様の28号を依頼しております。お伺いしたいことがあり、もし差しさわりなければメールいただけませんか。

投稿: ごーしゅ | 2015/02/16 15:41

ごーしゅ様
メールを差し上げました。

投稿: NGO | 2015/02/18 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/59624788

この記事へのトラックバック一覧です: バルケッタ完成:

« KTWR DRM テスト放送 | トップページ | 流れ橋 »