« 今年のお買い物/買ってよかったもの 2014 | トップページ | ラーメン食べ納め »

2014/12/30

2014年 今年のこの1本(実は4本)

Img_1671as去年は、スコッチ勢(グレンキンチとラフロイグ)でした。
今年のこの一本は、NHKでマッサンが放映されているからと言うわけではないのですが、ここはニッカウヰスキーでしめたいと思います。
竹鶴シリーズです。

普段飲みでも、ちと贅沢かな?と思うN/A(ノンエイジ)から、終売でもう市場にはほとんどない12年、樽の中に長いこといたんやねぇと思える飲み心地と香りの17年、さらに熟成が進み複雑な香りと味わいの21年の4種類です。
4種類でどれが旨いのだと聞かれると答えに窮し、「全部、旨い!」と答えるしかありません。

17年と21年はエイジングが進み、樽香が深く濃くウヰスキーに溶け込んでいます。
余市のような強いピート香はなく、ほどよく薫ります。
エイジが進むほどスモーキーです。
しかし、アイラウイスキーほどではありません。
スモークが来て、熟した果実の香りや甘みがやってきます。微妙に、皮の匂いや焦がし砂糖が薫ります。
それから、木質、オークの香り。
N/Aは飲みやすくしかし、シングルモルト特有の旨みがあり、これも好ましいです。
刺すような若いアルコール・エステル香は気になりません。
12年はさすがベストセラー、非常にバランスの取れた良いウイスキーでこのあたりのエイジから香りが豊かにたち始めます。
終売が惜しまれます。(実は、ニューボトルをもう一本秘蔵中。。)
香りと味わいの深みのカーブは、17年ものから大きく立ち上がっていると思います。
12年が見つからなければ、17年をお勧めします。
販売価格は、12年と17年は実はそんなに違いません。

21年はお正月用と言うことで、友達や、お客さん、それから自分も含めて、飲み比べて楽しもうと思って、えいやぁで買いました。
なかなかの出費にござりました。
まぁ、年に1度ということで。。。。
飲んでみましたよ。ええ。お正月用ですが、その前に封を切りました。
旨いです。
とても旨いんです。
17年より複雑で深いんですが、んーー。。。味観賞用と言う感じで、なんというか、眉間にしわを寄せて飲む感じというんでしょうか。。
んじゃー、17年でもいっか。。と言う感じもします。
なんといいますか、旨いのはもう、間違いないんですが。。
なんやろなぁ。。。
気持ちが小市民的なのかも。。
買って家で飲むより、バーで飲みたい、そういうウヰスキーなのかもしれません。

余談ですが、NHKのドラマのエリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさん、とてもチャーミングな方です。
役どころがそうなんだろうと思うのですが、日本ではもう絶滅してしまった(かもしれない)大和撫子です。
毎朝が楽しみで楽しみで。。。

|

« 今年のお買い物/買ってよかったもの 2014 | トップページ | ラーメン食べ納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/60892439

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年 今年のこの1本(実は4本):

« 今年のお買い物/買ってよかったもの 2014 | トップページ | ラーメン食べ納め »