« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月30日 - 2014年4月5日 »

2014/03/11

三年目の3.11

あれから3年。
あの時は、横浜でPERSEUSを探知装置として、フィールドテストをしていました。
結局帰れずに、小学校の体育館でマットを敷いてもらって寝ました。
復興はまだまfだ、50年とか、100年を最小単位とした時間がjかかりそうだ。

なくなったすべての方に合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/10

高校生の修学旅行

下のボーズは公立高校の一年生です。
今日早朝、海外研修に出かけました。
目的地は、ドイツと、UKです。

我々の時代とは隔世の感があります。

(1)修学旅行とは言わず、海外研修と言う。
去年までは海外研修旅行と言っていたようだが、今年は、旅行をとって、「海外研修」。
そもそも旅行ではないのだそうだ。

(2)修学していない1年で修学旅行ではないが、海外研修。
2年、3年になると、受験勉強を頑張らねばならないので、1年生の間に行くのだそうだ。

公立高校なのに「受験勉強」主眼。(むむっ)
公立高校なのに、「海外研修」。(むむむっ)
4コースからの選択。

① マレーシア
② 欧州(ドイツ、UK)
③ アメリカ
④ オーストラリア

自分時は(かれこれ、40年近く前。。。)、金沢に電車で行って一泊で帰ってきたなぁ。。。

若い間に見聞を広げるのは良いことだと思うが、日本という国が海外の人達に誤解を受けないよう、1人ひとり、日本の代表の自覚をもって、正しい振る舞いをして楽しんできてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/09

Windows8.1

Windows7から移行すると面喰います。
要らぬおせっかいが多すぎる。
最初に出てくるタイルラウンチャーなどは要りません。
そんなところに、開発の時間とお金をかけずに、長い間使っても、遅くならない構造と工夫、クリーンナップ技術を開発していただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン新調 Windows8.1でPERSEUSとELAD FDM-S2を。。

結局。。。。処理の快適さは望めず、ほぼ5年ぶりにノートPCを新調しました。
SSD搭載にしようかとも思いましたが、だいたい、自宅におきっぱですので、1TByte(最近のこの大容量ったらすごいですね)HDD、i7-4702M 2.2GHz (Max 3.20GHz) Windows8.1(64Bit)の NECLS700/RSというモデルにしました。
これに外部モニターをつけて、2モニターで動かします。

USBポートは4つあり、カメラとIEEE802.11ac/a/b/g/n準拠のトランシーバが内臓されていますので、USBを1つつぶして11acのアンテナ+レシーバを立てなくてすみます。
ワイヤレスのマウスも付属していますので、ここでもUSBが空きます。

同じような仕様のDynabookより1万円近く安かったので、今回は、NECで。。。
レノボがよかったのですが、発注から2週間近くまたないといけないということで、却下。。
パソコンは必需品です。
どうしようかと逡巡しましたが、消費税も上がることですし、頑張って買ってよかった。。。かな。。。と思います。
(FDM-S2と合わせて、ハムスター貯金が、ほぼなくなりました。。。。)

BCL関連は、
PERSEUSオリジナルソフト
ELAD FDM-S2コントロールソフト

VAC 4.13
Sound it 5.0
Fukuura aokilist_Convert_FDM-S1

などをインストール。

Studio-1はどうしようかと思案中です。

Windows8.1なので、署名なしのPERSEUSドライバーを入れるのに少々コツが要りました(後述)が、あとは何の問題もなく楽勝でした。
定番のポートコネクタ、com()comはPERSEUSを専用のサードパーティーメイドの留守録ソフトと連動させるためのものですが、Windows8.1(64bit)には対応しておらず、断念。
FDM-S2のほうに留守録モードがついているのでこちらでカバーします。

=>shinさんに64bit版を教えていただきました。ありがとうございます。

パソコンの性能が上がると、録音音声にブツブツノイズもなくなり、快適です。
PERSEUSで帯域録音しながらSound it 5.0.にVAC経由で音声録音。
BBSを見ながら、OUTLOOKでメールをしたためていても全く問題ありません。
大したもんです。
とはいえ、使っていくうちに、レジストリが肥大化して遅くなってくるんでしょうね。。。


PERSEUSドライバーをWindows8.1にインストールする方法。

PERSEUSのドライバーは署名がありませんので、普通にインストールしようとすると、システムにはじかれます。
したがって、Windows8.1テストモードでインストールします。
テストモードにすることができれば、あとは、普通のドライバーインストールの手順です。
(作業は、それぞれの責任の下行ってください。)

1.Windows 8の画面の [チャーム] > [設定] を開いて、[Shift]キーを押したまま「電源」アイコンをクリックして「再起動」を選択
(「お待ちください」画面表示がでたら[Shift]キーを離す)

2.「オプションの選択」画面で、「トラブルシューティング」をクリック

3.「トラブルシューティング」画面で、「詳細オプション」をクリック

4.「詳細オプション」画面で、「スタートアップ設定」をクリック

5.「スタートアップ設定」画面で、[再起動]をクリック
(このあと、再起動動作がはじまります)

6.再起動後「スタートアップ設定」で「7)ドライバー署名の強制を無効にするを選択する。

これで、テストモードです。。。。

7.PCが起動後にWindows7での手順と同様にドライバーソフト「WINUSB ドライバ」をインストールする。

8.[チャーム] > [設定] > [電源]をクリックして「再起動」を選択
  8での再起動が完了しますと、6での「7)ドライバー署名の強制を無効にする」状態は解除され、通常のモードになります。
(テストモードのままですと、外部からシステムがぜい弱になりますので、作業が完了したら、再起動することをお勧めします。)

チャームは、キーボードのウインドウズマーク+C、あるいは、マウスカーソルをスクリーン右上に置いたとき、画面右側から出てくるメニュータブのことで、メニューからは、[検索]、[共有]、[スタート]、[デバイス]、[設定]の選択が可能です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月30日 - 2014年4月5日 »