« 2014年2月2日 - 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月16日 - 2014年2月22日 »

2014/02/15

国産ウイスキーの心意気:ニッカウヰスキー

Img_0890sスコッチウィスキー(スコットランド/UK産)を盲目的にありがたがって飲んでいるわけではありません。
また、シングルモルト、必ずしも貴からずや。
更に、高価なものが美味しいと決まったものでもない。
全て飲む人の好みでありますね。(笑)
さて、愛蔵のニッカウヰスキー達であります。
市場価格は右から左の順番にリーズナブルになってまいります。
しかして、一番右の(一番高価なボトル)The Blend of Nikka はブレンデッドウィスキーです。
順番に、竹鶴12年、竹鶴PureMolt、余市はシングルモルト。
Super Nikka、Nikka black Rich Blend、Nikka All Maltはブレンデッドです。
一番左のAllMolt、3本分ちょっとで一番右のボトルが買えます。
価格ヒエラルキーですね。

飲んでみますと、それぞれにそれぞれの個性があり、旨いです。
それぞれのボトルのテイスティングについては別の機会に語るとして、例えば、The Blend of Nikka とSuper NikkaとNikka black Rich Blendはよく似たカテゴリーです。
これらのブレンデッドウイスキー、飲むと花の香りがして、とても華やかです。
飲むと甘いバニラの香りとすこしして、ピリッとしたスパイス。
若いエステルの味と香り、少々刺さるアルコールはボトルによってまちまちです。
当然と言えばそうかもしれませんが、The Blend of Nikka が最も穏やかで、アルコールは刺さりません。
Nikka black Rich Blendは、フィニッシュをシェリー樽でおこなっているということで、とてもよい香りがします。
The Blend of Nikkaほど長続きはしませんが、不当に短いということもなく、この価格帯のボトルとは思えません。
その右となりのSuper Nikkaの出来も素晴らしく、水割りにすることなく、オンザロックあるいは、トワイスアップで美味しくいただけます。
はたまた、一番安価な、AllMoltは、グレーンウィスキーの原料として大麦を使い(普通は、トウモロコシやその他穀類を使います)、わざわざ旧式の蒸留装置を使い大麦の香りを多く残すグレーンウィスキー(カフェグレーンと言います)をブレンドしています。
モルトと”大麦(モルト)でできたグレーン”のブレンドなのでオールモルトです。
カフェグレーンというのはそのためなのか、モルトの甘味や、バニラの香りの向こうに、コーヒーの香りがして、これはこれで美味しいです。

ニッカウヰスキーと双璧のサントリーウィスキーもお酒の作りそのものは悪くなく、例えば終売する山崎12年などは、最高に旨いのですが、マーケットを力で独占しようとするそのやり方や蒸留所の運営(自然破壊的な搾水やお酒を搾ったあとの大麦の処理)に疑問があり、今のところはニッカを応援しようと思っています。
何度も書きますが、お酒が不味いというわけでは決してありません。

さてさて、手軽に試されるなら、SuperNikkaか、Black Nikka Rich Blendあたりから始められるとよいかもしれません。

あ、竹鶴12年も終売です。
キーモルトがもうないんだそうです。
竹鶴12年は余市蒸留所と、宮城蒸留所のモルトをバティングしています。
余市モルトの気配が濃厚なウィスキーです。
見つけたら買っとかないと。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐草模様

Photo_2唐草模様です。
唐草模様は、めでたい模様で、困難があっても最後は克服できるという意味合いがあるそうです。
唐草模様がアクセントとして入っていたコーヒーカップが手から滑り落ち割れてしまったのは、もうかれこれ1年も前です。
15年以上使っていましたので、それなりの愛着がありました。
うしなって、わかりたるその、ありがたさ。
どのようなものでも、そうかもしれません。。。
「その」が、物の場合もありますし、それ以外のこともあります。
「その」が日常であればあるほど、気がつきにくいものです。

さてさて、その後は、何ということはない子供絵のライオンが草の間から顔を出している絵が書いてある大きなマグカップを使っています。
今朝も、このカップにコーヒーを入れて飲みながら、ラジヲ受信活動にいそしんでいますが、このカップ、よくよく見ると良くありません。
なんと言いますか、一日が始まる朝一番にいい歳のおっさんが飲むコーヒーの器としては、まったく宜しくない。
ということで、ちょっと良いカップを買ってこようと思います。
朝一番に使う器は大事です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/11

夕刻の南米

たまには、受信情報など。。。
今日のコンディションは良いようで。。。
18:00-18:30(JST)

9514.93kHz R.Marumby  SINPO=24432 信号弱くも、混信ノイズ少なく了解度よろし。
9586.32kHz Super R.Deus eAmor SINPO=33432 音楽プログラム
11735kHz  Radio Trans Mundial SINPO=45443
6180kHz  R.Nacional Amazonia  SINPO=34433 下にいるCRIが耳障り

レシーバ:JRC NRD545
アンテナ:ALA1530 15mHigh

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/10

リーズナブルなブレンデッドスコッチ

Img_0889s_2ウイスキーの話題が続きます。
この4本は、全て1500円前後或いは、それ以下の価格のボトルです。
モルトとグレーンのブレンドです。
おおざっぱに言いますと、、、
グレーンウイスキーは、小麦や、トウモロコシなどの穀類を連続式の蒸留器で蒸留して作られます。
所謂、大量生産のアルコールで、普通は、モルトウィスキーに混ぜます。
(グレーンウイスキーとして売られてもいますが。。。)

かたや、モルトウィスキーは、大麦をモルト(発芽)させ、含有されるでんぷんを増加させ、途中で乾燥、発芽を適当なところで抑制します。
アイラモルトなどは、この工程で乾燥熱を作る燃料である泥炭などの煙が混ざり、煙っぽい香りになります。
その後、良質な水と混ぜ麦汁を作り発酵。
これを単式蒸留器で蒸留し、出来あがったアルコールを樽に詰め、熟成させます。
この詰める樽の種類と熟成期間によって個性あふれるモルトウィスキーが出来上がります。

ところで、日本の食品表示法では、沢山入っている順番から原材料を表示しなくてはならないと決められています。
4本のお酒の原材料表示は??

カティーサーク、フェイマスグラウス、キャッスルロックは、「モルト、グレーン」
ジェームスキングは、「グレーン、モルト」と書かれています。
4本とも、さまざまな、複数のモルトやグレーンを調合しつくられています。
例えば、カティーサークなどは、20種類以上のモルトがブレンドされていると言われ、有名どころではマッカランなど、スペイサイドのモルトが使用されています。

4本とも、グレーンウィスキーの香りがたっていて若いアルコール香がします。
ストレートで飲むより、ハイボールで飲むのが良いかなと言う感じです。
面白いもので、ストレートで飲むと一番ダメなジェームスキングが、ハイボールにすると一番美味しくなります。
ジェームスキングは、ジョニーウォーカー赤ラベルと、ブラインドテストをして圧勝したと書いてありましたが、そういう意味かもしれません。
カティーサークは、ロック或いはトワイスアップで飲むと、ややクリーミーで、ほのかに甘いバニラの香りがします。
残香はあまりありません。
このあたりはやはりそれなりなのですが、フィニッシュが短いということがよくないと言うことでもなく、食中酒としては料理の味をスポイルすることなく良いのではないかと思います。

この4本のウィスキーの出来(私の好き嫌い)は、
フェイマス・グラウス > キャッスルロック > カティーサーク > ジェームスキング
基準は、ストレート、あるいは、ロックや、トワイスアップで飲んで旨いかどうかでランクしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月2日 - 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月16日 - 2014年2月22日 »