« ドテ焼き+串カツ新年会 | トップページ | 2015年 UK 一回目 »

2015/01/18

今月の1本:Ichiro'sMalt Double Distilleries 2015年1月

Img_1694s2015年の一発目は、サントリーでも、ニッカでもありません。
Ichiro’sMalt。
秩父に蒸留所をもつベンチャーウイスキー秩父蒸留所が放つ素晴らしい一本です。
社員数数名(一部には10名とも。。)のマイクロディスティラリーです。
日本独自のミズナラで作られた樽で熟成されたウイスキーです。
現在はもうない羽生蒸留所と言うところで作られた古いモルトと2008年稼働の秩父蒸留所で作られ、ミズナラ樽で熟成された若いモルトをヴァティングして作られています。
若い原酒というので、エステル香が強く、角が立っているかと思いきや、さにあらず。
ミズナラ樽の原酒はパンチョンサイズが使用されているからなのか、貯蔵期間が短くても、深く熟成と香り移りが進んでいるようです。
とてもとても、短期間の熟成とは思えないです。
香りは、甘くさわやかで、口に含みますと、とても柔らかくフルーティーで、熟した洋ナシ、その後でハーブのような香りが続きます。
さわやかな飲み口で、その香りは長く尾を引きます。
さーっと雨に打たれてその後、涼しげな風が吹き抜ける森の香り。
緑のささやき。
ウイスキーを飲みながら森林浴。
このフルーティーなテールの長さはグレンモーレンジ以上です。
そのさわやかさのむこうに、やはりウイスキーなりという、木質のコクとうまみ、それにほんの少しだけスモーキーフレーバーが顔を出します。
スパイスはやってきません。
まっこと、湿った涼しい風が吹き抜ける森の散歩。

2015年の年頭から、素敵な一本に出会えました。
これ、旨いなぁ。。。

NRD545で受信中なのは、Radio Nacional de Brasilia
良好に、サルタネージャー満喫中。

|

« ドテ焼き+串カツ新年会 | トップページ | 2015年 UK 一回目 »

コメント

記事を拝見しました。
おお、イチローズモルトのDDですね。
私はいつも行くバーでちょっとだけ飲んだ事が有ります。
結構真面目に造られた酒だという感想を持ったのですが、記事を拝見してまた飲んでみたくなりました。

また資金の潤沢な時に是非買ってみようと思います。
なにせ小遣いがなかなかままならない状態ですので…。

投稿: Nori | 2015/01/31 08:21

Noriさん、

いらっしゃいませぇ~。
いつも、楽しく拝見させていただいておりますよ。
奥様のお話しは「絶品」にございます。(笑)
面白すぎる。。。

いえいえ、それのみならず、ウイスキーの師匠と勝手におもわさせていただいておりますので、そちらの記事ももちろん絶品にございます。
デュワーズの12年、飲んでみたいです。

投稿: NGO | 2015/02/01 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/60993269

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の1本:Ichiro'sMalt Double Distilleries 2015年1月:

« ドテ焼き+串カツ新年会 | トップページ | 2015年 UK 一回目 »