« 安保法案 参議院本会議可決 | トップページ | うちの同居魚 »

2015/09/19

では、短波帯を見渡してみれば、、

全てのバンドで、上から下まで、チャイナ・レイディオ・インターナショナル。
第1放送から、いったいいくらまであるのだ?というくらいの放送局数と送信チャンネル数。
放送バンドが上から下まで(ちょっと大げさないいようですが。。。)、中国からの放送。
同じバンド中で同じ内容の放送が、そこかしこ。
まるで、自分たちのもののように使っています。
放送帯は、世界各国の共有物のはず。
まるで、わが物、我だけがよければそれでよい、世界の中心は我なり、というまさしく「中華思想」。

バンド中、チャイナからの放送と、自国民に聞かせたくない海外からの放送を「殲滅」するための火龍と呼ばれる、強烈な音楽放送。
一日中、中国風の音楽がうるさいドラの音色+中心周波数とスプラッタで周りの周波数を、「侵略」し続けています。

こんな国に、今まで戦後70年間、特に、国交を回復し80年になってからODAを取るだけ取っておいてその国に対して、「侵略国家」と呼ぶこの国は何なのだろう?と思えてしまいます。
分かり合えないのかなぁ。。。

かつて、世界の超大国であった、米国、ソビエト連邦でもありとあらゆる放送バンド、それからそのバンド中を上から下まで独占なんてしていなかったと思います。

凄いことをやってのけています。
世界世論などはくそくらえ、これが、「核心的利益」であり、「中華思想」なのだという感じでしょうか。

「同盟国」であるはずの韓国は、「反日」という言葉と思想を根本とし、この中華思想に同調しているところもあり、、島は不法占拠され、対馬の仏像も返却されず、もはや、単独では(米国の仲介なしには)同盟国と呼げやしません。
このクニがキタからの攻撃を受けたとしても、このクニが、助けてくださいと言ってこない限り、日本は助ける必要もないでしょうし、日本国内の米軍に対して、攻撃のための基地使用許可を与える必要もないでしょう。
覚えていますか?
紛争国で活動中のこのクニの軍隊に対して、枯渇した銃弾を貸与した時のことを。
もし紛争が勃発すれば、反撃の手段がなかろうと、親切心で行った行為に対して、後ろ足で砂をかけられました。


赤い国は、我々は、一切の侵略的行動はしないと宣言していますが、それなら、まず放送バンドを解放してください。
サウススプラトリの島の埋め立てをやめ、元通り、平和なサンゴ礁の島々に戻してください。
日本の領海に日本の海保に似たラインの入った海監船や、漁船に似せた、政府ご用達の船を走らせないでください。

我々には、「ケンポウ」があります。
「ダイキュージョウ」があります。
読んで差し上げますから、お願いします。
出て行ってください。

あっ、思いつきました。
バンド中に広がる中華放送の中で、中国語で、ケンポウの崇高な条文を放送したら、ぴたっと止むかもしれませんね。(笑)

ちゃんちゃん。

|

« 安保法案 参議院本会議可決 | トップページ | うちの同居魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/62311642

この記事へのトラックバック一覧です: では、短波帯を見渡してみれば、、:

« 安保法案 参議院本会議可決 | トップページ | うちの同居魚 »