« 湖北 鶏足寺 | トップページ | 鳥羽で牡蠣の暴れ食い »

2015/11/23

PERSEUS Software Ver5.0 その2

試しにダウンロードして、デモソフトを走らせてみます。
デモソフトなので、いろいろ制約があります。
受信周波数が139000kHzあたろから14000kHzあたりまでというのもその一つです。

現行のvol4.Xと比較しますとスイッチが一つ増えています。
メインウインドウの右下、FTTのモード選択の左です。
Snapと書いてあります。
ここで、OFF/100Hz/500Hz/1kHzを選択すると、カーソルでメインウインドウをクリックしたときに、選択した周波数以下の余分な端数を切り捨ててくれます。
ちょっと便利ですが、まぁ、あってもなくてもよいです。(笑)
あと、大きな違いは、waterfallが綺麗になった感じがしますが、これもあまり使わないので、どっちでもよいです。
waterfall表示って使います?

Vol5.Xが出てきて、余程のバグでもない限り、Vol4.Xのバージョンアップはしないつもりなんでしょうね。
どこにもそうするとは書いてありませんが、大して違わない機能のソフトをVol(Ver.)をあげて発表するというのはそういうことなのだろうなと思います。
そうであれば、バージョンが上がって、いろいろな機能や、ユーザインタフェースが洗練されていく楽しみがなくなりますね。
それにしても、アルファーバージョンです。
まだ完成版ではないんですね。ベータ版でもない。。。
新バージョンリリースを発表してから一年近くたちますので、「何か」を出さないと、恰好がつかない感じで急きょリリースなのかもしれません。
アルファー版(ベータ版のまでその手前)を出して、ユーザにデバッグさせようということならば、そういうのはどうなのかなぁ。
ユーザが使わなければ、バグ取りは進まず、完成版は出来上がりませんね。
お金を払って、ずーーとバグ付きのアルファー版。。。。(笑)
であるならば、ここは「待ち」かもしれません。
LA-800の二の舞にはなりたくありません。(笑)

AORファンとしては、なんだかな。。。頑張ってほしいなぁ。。と思うのであります。

現行Vol.4.X
Vol4

デモVol.5.X
(画面の上の方や周辺の白い余白は、最初からです。デモだから?作りがなんだか荒いな。。。)(笑)
Vol5


|

« 湖北 鶏足寺 | トップページ | 鳥羽で牡蠣の暴れ食い »

コメント

こんにちは。
販売元のMicrotelecomは、PERSUSの売り上げが伸びていないので規模を縮小したみたいですね。国内もあぶれてるみたいですし。打開策の一つがVer.5なのでしょう。買ってあげないといずれは・・・ NGOさんのレビュー期待しています(^^

投稿: 太 | 2015/11/23 13:08

太さん、

いやいやいやいやいや。。。。
ここは、太さんにお願いしまするよ。(笑)

伸び悩みとはいえ、結構販売されていると思いますよ、PERSEUS。
BCLだけでなくて、プロの放送局用モニタとしても使われているでしょうし。

PERSEUS 4.xのバージョンアップは期待薄ですねぇ。。

投稿: NGO | 2015/11/23 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/62733356

この記事へのトラックバック一覧です: PERSEUS Software Ver5.0 その2:

« 湖北 鶏足寺 | トップページ | 鳥羽で牡蠣の暴れ食い »