« 2015年6月21日 - 2015年6月27日 | トップページ | 2015年7月5日 - 2015年7月11日 »

2015/07/04

SINPOとSメータの振れ

掲示板などを拝見していて、「カン」が狂うことがあります。

Sメータの読みで、S9+20dBと書かれていますのに、SINPOコードでは例えば、35533とか、35543とかなんですね。

感覚的には、
ダイポールや、八木アンテナなどパッシブ系のアンテナを使っていてSメータは9を超えて+20dBも振れていれば、アマチュア無線的にはR=5(了解度最高)のはずなんです。
ところが、SINPOコードのS、同じ5段階評価で3と表記されています。

私の場合、SINPO=3XXXXXと表記する場合は、Sメータの読みは、おそらく7つか多くて8つ(ノイズフロアは限りなく0に近く、時々Sメータは1を指すくらい)だと思われます。

S/N比で言えば、Sメータの読みが1つ違うとその差は6dBと言いますからS7つ(フロアレベルをS=1として)で36dBのS/N比といえます。
ところで、先ほどの、S=9+20dBと振っているのにSINPO=3XXXXですが、同じような換算で考えますとノイズのフロアレベルは7つということになります。

何も受信していなくてもSメータは7つを指していると言うことですね。
Sメータが、おまけ的メータなのか、そもそもフロアノイズが高いところのロケーションなのか、はたまたプリアンプか何かのゲインを「がおーーっと」あげられているのか??

一般的に電界ノイズ(都市ノイズ)に強いと言われるループ系アンテナを使われていてそんなS読みなので、ループでも取り切れないノイズの多いエリアにお住まいなのか、アンプゲインが「がおーーーっ」なのかは不明です。

拙宅にありますAOR社のLA800ループアンテナも手元のチューナボックス(プリセレ・アンプ)でチューニングしますと、信号のないところでもSメータが8つくらい振ったりします。(笑)

極端に書きますと、(わかりやすいので。。。。)
例えば、
「Sメータは9を超え60dB、右端までいっています。」
と言っていてもノイズのフロアレベルが例えばS=9+20dBもあれば、実質的にSメータは7つほど振っていると言う感じですね。

こうなると、Sメータの読みは全くアテにならず、表記としては、フロアノイズレベルと信号強度の「差」を表記するしかないのかなぁと思います。
あるいは、SINPOコードとの併記、アンテナや受信機材の表示があれば、なんとなくですが、いろいろな事が想像できますね。


これは好みの問題なのでなんとも言えませんが、Sメータは信号がなければ限りなく0、信号が入った時に振ると言うのが、私的には精神衛生上よろしいようです。
Sメータで5つもノイズレベルがあれば、「なんやこれ、、ノイジーやなぁ。」と思ってしまいます。

古い世代、新しい世代、あるいはアマチュア無線(短波帯)経験者と非経験者などで、感覚は違うと思うのですが、どうなんでしょう??

通信型受信機に搭載されているSメータがどれだけの精度で動作しているのか、出荷前に正しく構成されているのかなど言い出すときりがないのですが、論点はそこではありません。

ちなみに拙シャックにあります、受信機たちは、同じアンテナをつなぎますとほぼ同じようにSメータは振れます。
機器により、弱い信号で振りの渋いのはあります。
TENTECのRX340あたりは結構しっかり校正されていると信じているのですが、「神話」かもしれません。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

17760kHzHCJB 日本語放送 by Reach Beyond Australia

本日も良好。
SINPO=55444
Sメータは9+10dBほど。

那須高原でのミーティングの一コマから、デレックさんのクヌヌラ送信所レポートでした。
日本向けを意識されているのでしょう、わかりやすい英語でのレポートでした。
お元気そうで何よりです。
那須からの電話でお話ししたことを思い出しました。
また来ますと言われていました。
京都観光にお連れしますよと言っていたのですが、遠いですからねぇ。。なかなか。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/30

1日人間ドック

恒例です。
朝から行ってきました。

1週間前からの風邪ひきさんで、血液検査で、「炎症反応」が出ています。ということくらいで今のところの速報では特に問題なし。
あとは、超音波検査とバリウムがどうか?ですね。

朝メシ抜き、(実際は、前の夜の8時以降)何も食っていないので、検査後、実家のおかんを誘って、最近気になっていた滋賀県のうなぎ屋に行ってきました。
ランチとしては贅沢でしたが、たまには、まぁ、馬力もついて良いでしょう。
実はうなぎは大好物です。(笑)

ここ、錦市場の「のとよ」にう負けず劣らず旨いです。(おすすめ!)

Img_0980

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/06/28

そうだ京都、いこう 祇園建仁寺

京都市中、花街祇園の南に位置するお寺です。
お庭が大変美しく、「いい感じ!」という思い出もあり、大好きなお寺です。
花街見物がてら、お出かけになると良いですよ。
アイスクリームの食べ歩き、大声、そこかしこで、じどり棒での撮影はご勘弁。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初体験 「座禅」->ビーフシチュー

想いあり。
早朝から、祇園建仁寺 両足院で座禅をしてきました。
30分ほどの入門コースです。

難しくは考えず、
大きな木の根が大地に張るように、胡坐は畳と一体をなすがごとく。
骨盤を垂直に保ち、しかして力まず大木の枝葉が風になびくように自然に揺れるがごとく、リラックス。。。。
硬直することなかれ。
目は閉じず、薄目で己の存在を確かめつつ。。。
呼吸を整え、息を吸い、そして吐くときに、「ひとーつ」と心で数を数え、自己の存在を体内に返すごとく。。。

何も考えず、「ただそこに座っている。」
ということだそうです。

ほぉーーーーーっ!なーーるへそ!(笑)
そういうもんですかいのぉ。

言うのは簡単。

考えたらアカン、アカンと思えば思うほど、色んな事が湧き上がってきます。(笑)
でもそれでいいんだそうです。
そういう気持ちで、ってことだけで、
さいしょっから、そんな境地になれるもんですかい!

しかし、長いかなと思っていた時間は、それほどでもありませんでした。
座禅は、5分組んで、お坊様のお話しを聞いて、次に15分組みましたが、2度目の15分は、あっという間でした。
ちょっと短めですが、ま、入門ということで。。。。
咳を我慢するのがちょっと難儀でした、のど飴をいっぱい口にいれて。。。無念無想(ウソをおっしゃい!)

お庭は半夏生が見ごろで素晴らしいです。
(葉が半分白くなり、季節が過ぎるとまた緑にもどるらしいです。)
Img_0941s

石庭、枯山水が良い感じです。
Img_0952as Img_0955as_2

Img_0968s

阿弥陀様がおられます。
そして天井には2匹の龍がいます。
龍の爪は5本ですので、位は「皇帝」です。(中国)
日本の龍の爪は3本。(日本は、古来、「天」、「地」、「海」の3界ありと、3が尊ばれたそうです。)
韓国の龍の爪は4本が多いそうです。(本当は、中国同様5爪にしたかったが、叱られることを恐れこの本数。しかし手の中にもう1本隠していて、本当は5本だそうです。 なかなかトリッキー(笑))
Img_0962as

そのあとは、祇園の鍵善さんで、本蕨(わらび)もちをいただきました。
黒蜜+きな粉でスーパー旨し!
Img_0971as

祇園はもう、中国からの観光客7割、その他地域ちょっと+日本人観光客で情緒もクソもありません。
歩きながらアイスクリームをぺちゃぺちゃいわしながら食ってるし、混んでるのに気を使う風情もなく時間をかけてじどり棒でピースサインで写真撮ってるし、入るわけでもないのに、一力さんの中に入って暖簾を触って写真撮ってるし。。。。(怒!)
でも、そんなところから一筋入りますと静かです。
本来は、こんな感じなんですけどね。
Img_0969ss

四条通を歩いていますと、お昼です。
なんとシチュー専門店、「銀の塔」を見つけました。
30年くらい前に北山通りのまだ北にお店がありました。
懐かしさ満点で、入って、ビーフシチューをたのみました。
30年前の記憶通りのディッシュが出てきました。
お味もそのまま。
激ウマであります。
Img_0973aas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月21日 - 2015年6月27日 | トップページ | 2015年7月5日 - 2015年7月11日 »