« 17820kHz Radio Philipinas | トップページ | なつかしのBCL大全が来た (ちょっと改めました) »

2016/03/01

今月の1本:山崎 / 12 Years Old 2016年3月

サントリーという酒造メーカーはどうも
命の水(=ウイスキー)を作るには大企業すぎる。
白州で地下水をくみ上げすぎて地盤沈下をおこし地域住民から訴訟をおこされたり、スコットランド地方の蒸留所をお金にまかせて買収しまくったり、
傍若無人のイメージがあって、企業としてはあまり好きになれない。

しかし、悔しいかな山崎12年がある。
山崎の「崎」の右側は実は寿の字があしらわれている。

12年物のウイスキーは良いものがそろっている。
終売になった竹鶴の12年しかり、これまた悔しいかな、響(ひびき)しかり、スコットランドウイスキーは言うに及ばず。
そのなかで、山崎はピカイチと言ってよい。
ノンエイジの「新山崎」が出回っているが、別物と言える。
香りは、鼻をさすことなく穏やかな花の香りと柔らかい木質。
口に含むと見事な完熟の梨、果実の香りがいつまでも。
その向こうにバニラの甘みとカシュナッツの香ばしさ、そのあとからほのかに塩っぽさとややオイリーなスモーク。

もう山崎を作るために12年の原酒が底をつきかけているらしく町ではあまり見かけない。
おまけに「値上げ」がされてずいぶん高価な酒になりました。
NGOは飲みかけの半ボトルのほかに、ニューボトルを1本隠し持っています。

ちくしょぉーー、悔しいけど、むちゃくちゃ旨い!

Img_1770s


|

« 17820kHz Radio Philipinas | トップページ | なつかしのBCL大全が来た (ちょっと改めました) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/63281500

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の1本:山崎 / 12 Years Old 2016年3月:

« 17820kHz Radio Philipinas | トップページ | なつかしのBCL大全が来た (ちょっと改めました) »