« お祝い | トップページ | 日本酒バー再び。。 »

2016/05/05

再開局の野望

そんな、大層なものでもないのですが、最近の短波帯、受信状況を見渡しますといつも同じ局、バンド中、「支那語」であります。
支那の局が支那語で放送しているに加え、支那以外の国からの支那語放送の多い事。
かつて、日本が世界第2位のGDPを誇った時代、世界中から日本語放送があったかと言えばそうでもなく、そう思うとこの支那パワーというか、支那マネーの勢いは凄まじいものがあると思います。
多くの放送バンドが、支那関連(支那からの放送あるいは、支那語の放送)であふれかえっています。
節操がないというか、なんというか。。

同じ、Greater Chinaでも台湾あたりは全く違います。
是非頑張ってほしいものです。

というような状態で、BCL的にはあまり聞くところもなく、さりとて、欲しい通信型受信機もありません。
聞くところがないのであれば、「送信したれ!」
欲しい通信型受信機がないのであれば、ちょっといい「通信機を買ったれ!」
という気になるのが、人情というものでござりまするね。
最近のちょっといい通信機は、バンドスコープ+DSPですので、BCL的にも良いかもしれません。


手頃なところで、
Rig:IC-7300(約140k)
か、
   FTDX3000(約324k)
Ant::HFV330(約210K)

ローテータ他 (約100K)

〆て、450k~630K程かかる勘定です。
昨今の販売状況で10%程引いてもらうとしても、その分マイクやらなんやらいりますので、やっぱりこれくらいはかかりそうです。

無線趣味は高いですねぇ。
シュミの王様というか、シュッピの王様というか。。
あっ、いえ、ダジャレが言いたいわけではないんです。

真剣に、考えようかなぁ。。。と。

余剰の、受信機を売却すれば、ちょっとくらいの足しにはなりそうですが、、、うーーん。
どうしたもんじゃろーぅのう。(とと姉ちゃん風)

|

« お祝い | トップページ | 日本酒バー再び。。 »

コメント

NGOさん、おはようございます。
連休はいかがお過ごしですか?

無線の再開局を検討されているとのこと。
IC-7300はコストパフォーマンスの高そうなリグですね。BCLにも使えるようですし・・・。
私は無線の免許を持っておりませんので中国局を左右に受け流しながらBCLを続けようと思います。(笑)

投稿: BCL大好きオヤジ | 2016/05/05 10:21

BCL大好きオヤジさん、

こんばんは。
コメントをありがとうございます。
この頃は、中級機でもスペアナがついているんですね。
驚きです。

本当にあの支那大陸局達は五月蠅いです。
5kHzおきですから。(笑)

投稿: NGO | 2016/05/05 21:39

NGOさん、こんばんは。
「再開局の野望」ですか・・、いいですね。
もう新型受信機は出ないでしょうし、
買うなら無線機しかありませんね。
物欲の神様が買いなさいと言っているのでないでしょうか。
無線機でBCLというもの粋だと思います。

投稿: hiros_bcl777 | 2016/05/07 21:47

hiros_BCL777さん

コメントをありがとうございます。
ループと、可変同調型万歳ダイポールがあれば、BCL的にもなかなか良いのではないかと思います。
問題は、購入費用の捻出ですわ。。。(笑)
これが立ちはだかる大きな問題です。(苦)

投稿: NGO | 2016/05/08 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2974/63582849

この記事へのトラックバック一覧です: 再開局の野望:

« お祝い | トップページ | 日本酒バー再び。。 »