« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »

2016/12/24

今月の1本:Johnnie Walker Green Label 15 Years Old/2016年12月

2016年12月、年の瀬を飾るふさわしき1本は、ジョニーウォーカーのグリーンラベルです。
15年以上のモルトをバッティングした珠玉の1本です。
12年もののジョニクロと比較しますと、大変フルーティで、芳醇。
甘く薫るブレンデッドウイスキーの一つの回答。
若いアルコールの角は一切見当たらずより深いバニラとその向こうからやってくる熟した果実の甘みと香り、パイナップルか?梨か?
微妙に木質系の香りと気にならないほどのピート。
大変ジェントルで正しいスコッチウイスキーです。
ジョニクロの倍の値段がしますが、飲んで損のないお酒です。
ツワイスアップで飲むとさらに花の香りがひらきます。
旨すぎる。。。

Img_0009s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/23

クリスマス(前のお祝い)を日本酒で。。

あっというまにクリスマスのシーズンです。
久しぶりに、日本酒バーに行ってきました。
こんな感じで、相変わらず落ち着いたたたずまいです。
Img_3269s

日本酒は旨いですね。

フルーティーの王道 鳳凰美田と天吹(いちご酵母)から
Img_3266s

で、クリスマスバージョンのシックス
これは微発砲している生酒です。激旨。
肴は、有明の珍味、シオマネキ(蟹)のハラワタの塩辛です。
塩っ辛いので、豆腐と一緒に食べます。
Img_3270s

次はたかちよです。
ひらがな表記のたかちよは漢字表記のそれとはまったく違います。
魚沼産、中取りの大吟醸、フルーティーの極みです。
夏の終わりから秋に仕込むお酒らしく、梨のニュアンスです。
大変繊細で美味しいお酒でした。
その横は、ロ万(カタカナのロに万でろまん)
これは酒度ちょっと低めで、フルーティ、水の様にするする飲めます。
Img_3273s

その次が、毎度おなじみのファイブです。
山口県の酒井酒造が誇る、五橋の赤ラベルです。
これもフルーティーで旨いお酒です。
Img_3274s

今回飲んだ中では何とも一番おいしかった華鳩の貴醸酒の生にごり。
どろどろですが、旨いのなんの。
なかなかないんだそうです。
Img_3275s

で、少しだけしかなくて、味見をさせていただいた新政酒造の陽乃鳥(ひのとり)
これも最高にフルーティー

Img_3276s

最期に飲んだのが最初に出てきた天吹酒造のもう一本、バナナ酵母で仕上げたAmabukiです。
バナナのニュアンスで甘みの向こうにほんの少しの苦みが見え隠れ。
まさしくバナナです。
Img_3277s

これらを、名物エビの沖漬けなどでいただきました。
エビはあたまのなかまで食べられます。
Img_3268s

沢山飲んでいるようですが、それぞれ出てくる量は、5分(一合の半分)ですので、大したことはないです。
4合というところでしょうか。

美味しかったです。
ごちそう様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昼飯は、小籠包

三条商店街の中にある小籠包屋さん、「魏飯戎堂(ぎはんえびすどう)」でお昼ご飯。
ここの小籠包は、スープがチャポチャポ入っていて、大変よろしい。
鼎泰豐(ディィンタイフォン)より上のように思います。

Img_3264s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »